ドリップバッグコーヒーにココアを混ぜる!注意点・風味の変化を解説

最近、コーヒーやカカオポリフェノールの健康効果が注目されていますね。

どちらも体にいいなら、毎日飲んでるドリップバッグコーヒーにココアを混ぜるともっとよさそうです。

でもちょっと待った!

ドリップバッグコーヒーをココアに混ぜるとき、注意してほしいことが2つあります。

スポンサーリンク

注意点①混ぜ方に気をつけよう

ドリップバッグコーヒーにココアを混ぜる!注意点・風味の変化を解説

まず注意してほしいのが、混ぜ方です。

大きく分けると3つの混ぜ方がありますが、おすすめ度順に◯△Xをつけてみました。

:コーヒーを淹れたあと、最後にココアを投入

:事前にコップにココアを入れておいて、後からコーヒーを注ぐ

:ドリップバッグにココアを入れちゃう

絶対にやってはいけないのが、ドリップバッグの中に直接ココアの粉をドバドバ入れること。

フィルターが目詰まりして、コーヒーを作れなくなる可能性が高いです。

ドリップバッグの中にココアの粉を直接入れるとフィルターが詰まってコーヒーが作れない

おすすめの混ぜ方は、まず普通にドリップバッグでコーヒーを淹れて、最後にココアを混ぜる方法。

スプーンで軽く混ぜるだけで、うまくココアが溶けてくれます。

ドリップバッグコーヒーにココアを混ぜる!注意点・風味の変化を解説

この順番を逆にするのはあまりおすすめしません。

ココアを先に投入してからコーヒーを注ぐと、ココアの粉が上手く溶けず、コップの底でダマになりやすいので注意しましょう。

注意点②ココアを混ぜると苦くなりやすい

ドリップバッグコーヒーにココアを混ぜる!注意点・風味の変化を解説

2つ目の注意点は、風味の変化です。

ココアを混ぜると甘くなるというイメージがありますが、分量によってはコーヒーの苦味を強調してしまいます。

特に、カカオ70%以上のハイカカオのココアや、100%の純ココアを混ぜると苦くなりやすいので注意しましょう。

苦味が強くなりすぎたと思ったら、牛乳を入れるのがおすすめ。

普段ブラックコーヒーを飲んでいる人でも、ココアを混ぜる際には牛乳を用意しておいたほうが無難です。

もっと甘みが欲しい人は、生クリームを入れてウインナーコーヒー風にしてもよいでしょう。

ちなみにココアの分量ですが、だいたい大さじ2ぐらいが適量と言われています。

個人の好みによるところが大きいので、いろいろと試してみてください。

ドリップバッグコーヒーにココアを混ぜてリッチな気分を楽しもう

ドリップバッグコーヒーにココアを混ぜると、コクが深まります。

ほんの少しココアを混ぜるだけで、高級なコーヒーっぽい風味が楽しめるので、分量を変えて好みのバランスを見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク