上京後に体調不良が続く人へ!朝食のタンパク質不足に注意

上京後に体調不良

「上京してから、すぐ体調不良になる」

地元にいるときは滅多に風邪なんてひかなかったのに、上京してから調子が悪い。

体がだるい。

すぐ熱が出る。

もしあなたがそんな状態なら、それは朝食に原因があるかもしれませんよ。

“上京後に体調不良が続く人へ!朝食のタンパク質不足に注意” の続きを読む

上京したいけど決断できない人へ!地元で相談・計画できるサポートがあるよ

上京したいと思いつつ、決断できずにズルズルと過ごす…

そんな人は多いと思います。

今日は、そんな人が前向きになれる体験談やサービスを紹介したいと思います。

私の従兄弟は、貯金30万円しかない状態で上京しました(詳細はこちらを参照)。

それなのに生活の不安は一切なかったんですって。

その理由は上京をサポートしてくれるサービスを使ったから。

地元にいる段階で仕事や家の目処をつけていた。

だから不安を消すことができたのです。

「地元にいる段階で」というのがポイントですね。

何も決まっていない状態で上京するのは、相当な勇気が必要です。

もし地元に居ながら準備を進められるなら、あなたもできそうな気がしませんか?

仕事と家探しは上京前にできる

上京

上京支援サービスとか、上京サポートっていう言葉をご存知でしょうか。

人材派遣会社などが行っているサービスです。

東京では人手不足が深刻。

そのため、東京以外からも人を集めようと色々なお手伝いをしてもらえるのです。

例えば【TokyoDive(トーキョーダイブ)】

私の従兄弟が使ったサービスです。

ここに登録すると、こんな流れでサポートしてもらえます。

・登録する

・希望に合わせた求人情報が届く

・興味のある求人について担当コーディネーターから詳細説明

・仕事決定

・職場に通いやすい家を紹介

・仕事&家を確保した状態で上京!

もし自力で全部しようと思うと、何度も東京に通うことになります。

サポートしてもらえば、地元にいながら上京の段取りができる。

だいぶハードルが下がりますよね。

できない理由ばかり探してない?

上京

あなたが決断できない理由ってなんでしょうか?

・仕事が見つかるか不安

・家探しの方法がよく分からない

・お金がない

・東京に友達がいない

色々な理由があります。

だけど、どうでしょうか。

本当は「解決しようと思えばできる」ものが多いと思いませんか?

家や仕事の問題は、さっき紹介したTokyo Diveみたいなサポートを使えば解決します。

昔よりもずっとハードルは低いです。

人間って不思議ですよね。

何か始めようと思うと「できる理由」より「できない理由」ばかり思い浮かべてしまいます。

でも、逆に考えてみてください。

何も行動しなければ、今のまま時間だけが過ぎて老けていくんですよ…

これって怖くないですか?

上京する決断ができない

お金や仕事の問題は上京サポートサービスを使えば解決できます。

でも、あなたが決断できない間に失った時間は誰も取り戻せません。

できない理由ばかり見ていると、いつか本当に身動きがとれなくなります。

今は上京したい人に有利な時代

いかがでしょうか。

今は上京したい人にとって、とても有利な情勢です。

少し前まで、こんなに支援サービスは充実していませんでした。

今は地元にいながら家も仕事も探せる時代になっているのです。

しかも東京の企業は働き手を常に探しています。

あなたを歓迎してくれる職場は、山ほどあることでしょう。

上京するって、あなたが思っているより簡単なんですよ。

【TokyoDiveの詳細はこちらから】

上京するなら友達の家に居候だけはやめとけ!友情も金もなくなった体験談

上京するとき居候する

「お金がないから少しの間だけ、居候させて!」

地方から上京するとき、就職先と住む家が決まるまで友達の家に居候しようと思っていませんか?

友達の家に居候して上京

あえて言います。

それは不幸の始まりになるかもしれません…私の知り合いの「タクミ君(仮名)」がそうでした。

仲が良い友達の家に居候して東京生活をスタートさせたまでは良かったのですが…

結果的に、タクミ君は軽い気持ちで居候したことで友達もお金も失い、実家に帰るしかなくなったのです。

今回は、居候生活に潜むリスクに焦点をあてた体験談を紹介します。

居候のタイムリミット

時計

居候生活には「タイムリミット」がある。

どういうことなのか、あなたは知っているでしょうか?

実は一定期間をすぎると、喧嘩などのトラブル発生率がグンと上がるんですよ。

居候って、不安定な状態ですよね。

仮に友達との仲が険悪になっちゃったら…

ちなみに、タイムリミットは3週間

それ以上になると、どんどん人間関係のリスクが高まると言われています。

実際、タクミ君もそうでした。

友達の家での居候生活が1ヶ月過ぎた頃、友達と大喧嘩したんですって。

上京するとき居候する

「毎日ダラダラして、いつ就職するんだ!」

「遊んでるだけなら出て行け!」

こんなことを言われたら、居心地が悪いですよね。

タクミ君は就職活動をしていたのですが、居候させてくれた友達から見ると怠けているように見えたのでしょう。

売り言葉に買い言葉。

大喧嘩した挙句、友達の家を出ていくことに。

上京するとき居候する

就職先も住む家も決まっていないタクミ君。

どうなったと思いますか?

手持ち資金が尽きかける…

友達の家を追い出されたタクミ君。

それでも、彼はすぐに実家に帰ったりしませんでした。

タクミ君はちゃんと就活もしていたのです。

いくつか面接の予定が入っていたので帰るわけにはいきませんでした。

でも住む家がありません。

他に居候させてくれそうな人も心当たりがありません。

・カプセルホテル

・ネットカフェ

・24時間営業のファーストフード店やファミレス

転々と寝泊まりしながらの就職活動。

精神的にもきつかったですが、何よりお金がどんどん減っていくのが辛かったんですって。

それでもタクミ君は楽観視していました。

「1週間もすれば、就職先ぐらい見つかるさ」

最初のうちは、根拠のない自信があったタクミ君。

でも、よく考えてみてください。

居候中の1ヶ月で就職先を見つけられなかったタクミ君が、すぐに就職先を見つけられると思いますか?

就職先はすぐ見つかるとは限らない

友達の家を追い出されてから、さらに3週間。

まだ就職先が見つからなかったタクミ君。

時々日雇いバイトをしながら、就職先を探していたのですが上手くいきません。

公務員試験に失敗したら

とうとう資金と体力に限界がきて、実家に帰ることにしたのです。

結局、彼が東京に来て得たものは苦労だけ。

お金も時間も失い、仲が良い友達とはケンカ別れしたまま地元に引き上げることになってしまいました。

居候以外でお金をかけずに上京する方法がある

いかがでしょうか。

居候生活は、友達との関係が少しでもダメになると破綻します。

友達に甘えてのんびりしていたら、タクミ君のように突然追い出されるかもしれません。

居候生活はリスクがいっぱい。

だから私はおすすめしないのです。

でも安心してください。

居候以外の方法でも上京費用を節約することはできるんです。

以前私のブログで紹介した、従兄弟が上京した方法を使えば少ないお金で上京できます。

どんな方法なのか?

詳しくは「従兄弟の上京の初期費用節約術がすごかった」をご覧ください。