矢が泳ぐ原因【弓道で矢飛びが揺れる人の改善方法】

矢飛びがおかしい。

矢が回転したり、ブレながら飛んで行く。

こういう現象を経験した人は多いと思います。

今回は、矢が泳ぐ原因についてお話します。

正面打ち起こしで発生率が高い

打ち起こしには、正面と斜面がありますよね。

現在、正面打ち起こしをしている人のほうが多いのですが、

正面打ち起こしをしている人のほうが、

矢飛びで悩む人が多いってご存知でしたか?

実は、正面打ち起こしには2つ弱点があるんです。

・右手首に力が入りやすい

・角見が弱くなりやすい

正面打ち起こしのメリットは、左右均等に引き分けしやすいことです。

でも、初心者にとっては右手に力を入れるイメージになりやすいんです。

斜面打ち起こしでは、右手ではなく肘で受けるというイメージが自然にできます。

弓構えでこの形をとるからです。

syamen0929

斜面打ち起こしの人は弓構えのとき、右手が引っ張られるのを感じ取れます。

この状態であれば、右手は引っ張られるだけ。

右肘で受けて右肘で引くというイメージがしやすいので、スムーズな離れにつながりやすいんです。

もちろん、斜面打ち起こしでも手先に力が入る人は多いです。

正面打ち起こしよりは比較的少ないという意味です^^;

角見がダメなら矢はくねくね飛ぶ

矢飛びの原因は、右手だけではありません。

角見が利いていないと、矢は必ずブレます。

何故かと言うと、弓に矢がぶつかるから。

弓道
真上から見た弓と矢

弓道の弓は、四角い形をしていますよね。

そして、離れる瞬間まで矢とピッタリ接しています。

角見で弓を回転させない限り、離れた矢と弓が接触して矢飛びを邪魔します。

その結果、矢飛びが不安定になるのです。

角見で弓が回転すれば、矢の進行方向を邪魔することはなくなる。

結果的に、矢飛びがよくなるのです。

矢飛び
真上から見た弓。回転すると矢を邪魔しない

矢飛びが悪い人の共通点

矢飛びが悪い人は、腕や耳を打つことが多いはずです。

さらに、外れるときは3時方向が多いのではないでしょうか。

的

・右に飛びやすい

・腕や耳を打ちやすい

これらも、角見ができていないことが原因です。

小指を最初から最後までしっかり締めること。

小指を締めていると、会のときには弓が回転して戻ろうとする力を強く感じるはずです。

矢飛びを綺麗にする自宅練習方法

矢飛びを綺麗にするには、角見を意識すること。

そして右手の力みを取り除くことが重要です。

角見は、親指を押し込んでもできません。

手の内を作ってから、小指を締め続けることの方が大事です。

弓道

離れの瞬間まで小指が緩むことはありません。

一度、最後まで全神経を小指に集中してみてください。

いつもと感覚が全然違うはずです。

右手の力みについては、自宅でゴム弓を使ってイメージトレーニングをすることで良くなります。

離れの瞬間まで、常に右手が引っ張られる感覚を意識。

取懸けから離れまで、右手が力む場面はありません。

引き分けは肘で行う。

そういう意識で練習してみてください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA