弓道のスランプ脱出練習方法【胴造りの歪み矯正】<椅子を使う>

弓道を続けていると、なぜか中りが悪くなってくることがあります。

一生懸命練習していても、全く中らない。

何をしても安定しないときは、胴造りの歪みが原因の場合が多いんです。

椅子を使った練習方法

胴造りの歪みは、自分の思い込みによるところが大きいです。

腰が捻れていたり、左足に体重がかかっていたり、反ってしまったり…

なかなか自分では気づきにくいものです。

そこで、流鏑馬の練習をヒントに発見したのが

椅子に座ったまま射る練習方法です。

椅子と弓道

パイプ椅子に座り、足を大きく広げてバランスをとります。

その状態のままで弓をひくのです。

離れまでの間、体は全く動かさないよう意識してください。

普段の胴造りが歪んでいればいるほど、窮屈でやりにくさを感じるはずです。

胴造りの歪みは万病のもと

胴造りがゆがんでいると、弓の力を正しい形で受け止めることができず、体の故障を誘発しやすくなります。

さらに悪いことに、胴造りが歪んでいると早気になる確率が上がります。

胴造り

よく的中していた人が早気になる場合の大半がこれが原因。

胴造りの歪みによって体に負担がかかり、本能的に早く離れようとしてしまうのです。

胴造りの歪みは百害あって一利なし。

週に1度は徹底的にチェックしておきたいポイントです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA