プレハブ倉庫の解体費用の相場は?良い業者の見つけ方も紹介

プレハブ倉庫を解体したい。

そこで気になるのが、解体費用の相場です。

いくらぐらいが妥当なのか?

良い業者の見つけ方は?

解体の実態についてお話します。

スポンサーリンク

解体費用の相場は?

プレハブ倉庫の解体費用の相場

まずは解体費用の相場です。

ざっくり言うと、坪単価で1万5千円~2万5千円ぐらいだと思ってください。

ただし、これは最低限の目安です。

坪単価の相場だけ見て「10万円以下で解体できそうだな」と考えるのは早すぎます。

解体費用は、材質・工期・周辺の状況などで大きく変動します。

季節によって変わることもあります。

では、費用が上がる条件とは何か?

細かく見ていきましょう。

費用が変わる条件とは

プレハブ倉庫の解体費用の相場

解体費用を押し上げる原因。

主要なものを箇条書きしてみました。

・道が狭い

・隣の建物との距離が近い

・中の不用品処分

・トイレや水道などの構造物

・アスベスト除去

・解体後の整備工事

特に大事なのは周辺の道路状況。

重機が入れるかどうかで、金額は大きく変わります。

倉庫と他の建物の距離も大事です。

もし密着している場合は、切り離し工事が必要になるので費用が上がります。

また、古いプレハブ倉庫にはアスベストが使われている場合があります。

その場合は撤去費用が上乗せされてしまいます。

アスベストがあるだけで費用が10万円以上高くなる場合もあるので要注意です。

どこまで金額に反映するかは、業者しだい。

だからこそ複数の業者に見積もりをとる必要があります。

手数料に注意

相見積もりをとる際、注意してほしいことがあります。

解体工事以外の費用が、きちんと含まれているかどうかを確認してください。

廃棄処分・運搬費用

書類作成・提出費用

養生費

清掃

まともな業者なら、手続きから廃棄処分までトータルの見積もりを提示してくれます。

でもなかには不親切な業者もいます。

あとから「これは別料金」と言い出す業者も、ゼロではないのです。

金額だけ見て飛びつくのは絶対にNG。

廃棄物を不法投棄している業者だったら嫌ですよね。

公正で信頼できる業者を見極めましょう。

プレハブ倉庫解体の実例

プレハブ倉庫の解体費用の実例

解体費用は倉庫の状況によって大きく変わります。

そこで参考のために実例を2つ紹介します。

築35年で6畳のプレハブ倉庫(トイレなし)

解体費用+廃棄処分:13万5千円

上記の場合、6畳ですので坪数に直すと3坪ちょっとです。

倉庫が近隣の建物と距離が近かったので、解体に追加の費用が出ています。

やはり解体工事は、周辺環境によって費用が大きく変わります。

もう1つ、大きめのプレハブ倉庫の実例を紹介します。

築40年で10坪のプレハブ

解体費用+廃棄処分+付帯工事:41万5千円

上記の場合、解体費用だけなら25万円でした。

そこから廃棄処分費用や、解体後の整備工事費用などが上乗せされています。

解体後の土地にどこまで手を入れるか。

これによっても費用が大きく変化します。

地元業者の見つけ方

プレハブ倉庫の解体費用の見積もり

倉庫の解体を業者に頼むなら、少なくとも3社は相見積もりをするべきです。

ところで、地元業者の効率的な見つけ方をご存知でしょうか。

「地域名+解体業者」で検索するよりも、もっと良い方法がありますよ。

私のおすすめは、あなたのお住まいの商工会議所のホームページを見ること。

ホームページには企業(会員)の一覧表があるはずです。

建設業のカテゴリを見れば、地元の業者がすぐに見つかります。

ただし解体業を行っていない会社も混ざっているので、最後は企業ホームページを見て業務内容を確認してください。

他には都道府県のホームページで建設業許可業者一覧も使えます。

一覧の中から、解体業の許可をとっている業者を探すことができます。

地元業者が安いとは限らない

プレハブ倉庫の解体費用の相場

見積もりをとるとき、地元の業者だけを呼ぶのは考えものです。

もし私が今から3つの会社に見積もりを依頼するなら、こうします。

①全国規模の業者から1社

②地元の業者から2社

複数の業者の見積もりをとるなら、必ず全国規模の業者を1つ入れましょう。

常に地元の業者が安いとは限りません。

競争が少ない地域では、全国規模の業者のほうが安い場合もあります。

サービスの質でも、地元の業者が必ず上だとは言えません。

最近はツイッターなどSNSの影響で、全国規模の業者の対応が良くなっているという話も聞きますよ。

全国規模の業者を呼ぶなら「解体工事110番」がおすすめ。

料金体系が明確で比較するにはちょうどいいです。

【解体工事110番の詳細はこちら】

スポンサーリンク