ペットボトルコーヒーの開封後の賞味期限は?問い合わせてみた

最近はペットボトルコーヒーが進化してますね。

特に500mlの商品は種類も増えて、ごくごく飲める感じが大好きです。

そこで気になるのが開封後の賞味期限

いつまで大丈夫なのか、各メーカーに問い合わせてみました。

スポンサーリンク

問い合わせた結果

電話

主要なメーカーに電話で問い合わせてみました。

すると、賞味期限に関してはだいたい共通した回答が返ってきました。

・開封後の賞味期限は2~3日(冷蔵保存)

・最長でも10日が限度

・直接口をつけて飲んだら当日まで

各メーカーが揃って回答したのが「3日以内に飲むのがおすすめ」という点です。

これを聞いてどう思いますか?

私はちょっと短すぎる気がしたので、直球勝負で「3日って短すぎませんか?」と聞いてみました。

3日って短すぎない?

ペットボトルコーヒーの賞味期限

3日以内は短すぎると思いましたが、冷静に考えると妥当な時間です。

賞味期限とは美味しく飲める期間という意味。

その日を過ぎると腐って飲めなくなるという意味ではありません。

つまり、開封後に美味しく飲める期間が2~3日。

その後は風味が落ちてしまう…ということのようです。

では、安全に飲めるのはいつまでか?

これは保存状態によって大きく変わります。

メーカーの回答では、冷蔵保存だとしても最長で10日が限度だと思って欲しいと言っていました。

私自身は平気で2週間後に飲んだりしてましたが、あまり良くないようです。

ちなみに、家庭用のペットボトルコーヒーは900mlが多いですよね。

家族で無理なく3日以内に飲める量なんですって。

コップ1杯が150ml~200mlだとすると、900mlで5~6杯分ぐらい。

1日1杯飲むとしても、家族3人なら2日。

家族2人なら3日で飲めます。

私は1人でも2日で飲んじゃいます。

最近のペットボトルコーヒーは美味しくなってるから、ついゴクゴク飲んでしまうのです。

加熱したら大丈夫?

コーヒー

「時間が経っていても、加熱したら飲めるようになるのでは?」

こんな無茶苦茶な理論で何でも大丈夫と言う人がいます。

でも、答えは「絶対にNO!」です。

熱に強い菌や、死滅させても毒素が消えないカビもいます。

例えば黄色ブドウ球菌。

エンテロトキシンという毒素を出すのですが、エンテロトキシンは100℃で30分加熱しても消せません。

黄色ブドウ球菌は手や顔などに普通についている身近な菌です。

ペットボトルコーヒーに入ってもおかしくありません。

開けたペットボトルコーヒーの賞味期限

カビが発するカビ毒も熱に強いです。

100℃で1時間加熱しても分解できません。

カビの胞子はどこにでも飛んでいます。

開封したときに入り込んでも不思議ではありません。

このように、加熱したら安全に飲めるというのは全くのデタラメ。

10日過ぎたら諦めましょう。

職場で飲むならコップ必須!

最近、500mlのペットボトルコーヒーが増えていますよね。

フタを締めれば急いで飲まなくていいので、デスクワークの人には缶コーヒーよりも便利です。

でも、職場で飲む人もコップを使ったほうがいいですよ。

直接口をつけて飲むと、飲み方によっては食中毒の危険があります。

口をつけたペットボトルコーヒーの賞味期限

例えば、こんな場合。

朝8時、出勤途中で購入

8時30分、開封して2口飲んだ

朝礼や打ち合わせ開始

10時、さらに2口飲んだ

外回り&外で昼食

15時30分、残りを飲み切った

このような飲み方をした場合、開封してから飲み切るまで7時間かかっています。

クールビズで職場の温度が高いのに、机の上に置きっぱなしだとしたら…菌が繁殖するには十分な時間です。

危険を減らすためにも、コップを使いましょう。

それに、コップで飲むと直接飲むより美味しくなることがあります。

銅のマグカップで劇的に美味しくなる

アイスコーヒーを最高に美味しく飲む方法は?

答えは「銅のマグカップで飲むこと」です。

銅は熱伝導性が高くて、冷たいものを入れるとキンキンに冷えます。

アイスコーヒーを入れると口当たりというか、爽快感が全然違いますよ。

初めて飲んだら驚くと思います。

銅のマグカップって高そうですが、意外に安いものもあります。

amazonでは2千円前後のマグカップが売っていました。

食楽工房 ニュースペシャルマグ 360cc CNE-906

新品価格
¥1,883から
(2018/5/6 18:00時点)

美味しさも安全性もアップする。

職場に銅のマグカップを持っていくと注目されますが、あまり自慢しすぎないようにしてくださいね。

スポンサーリンク