スタンディングデスク100-ERD008Mのレビュー!選んだ理由はこれだ

私の仕事部屋用にスタンディングデスクを買いました。

今回買ったのは、サンワダイレクトの100-ERD008Mというスタンディングデスクです。

なぜこの机を選んだのか?

使い勝手はいいのか?

この2点についてまとめたのでご覧ください。

スポンサーリンク

スタンディングデスク100-ERD008Mを選んだ理由

私がこのスタンディングデスクを選んだ理由は2つあります。

・作業途中でも高さ調整できること

・土台になる脚の安定感

スタンディングデスクは、作業中に座ったり立ったりできるのが1番重要。

ワンタッチで上下してくれないと困ります。

安いものだと高さ調整に力が必要だったり、上のものを全部どけないと調整できないものもありますよ。

サンワダイレクトのスタンディングデスクの口コミ

サンワダイレクトの100-ERD008Mは、右横のレバーを引けば勝手に上昇します。

作業中でも簡単に上下できました。

また、土台になる脚の形が大事です。

この写真をご覧ください。

サンワダイレクトの100-ERD008Mの感想

これが今回買ったサンワダイレクトの100-ERD008Mの足元です。

独特の形をしていますよね。

前後左右の揺れに対応するために、こんな形をしているのです。

安いスタンディングデスクの多くはアルファベットの「I」や四角の形をしています。

Iの形や四角は横揺れには強いけど、前後の揺れに弱いものが多いです。

パソコン作業中は小さな揺れでも気になります。

特に高い位置で作業するスタンディングデスクでは、安定感がとても大事です。

組み立ては難しくない?

買った後、スムーズに組み立てられるか。

家具を買う時、この点も重要なポイントです。

スタンディングデスク100-ERD008Mの場合は、パーツはこれだけです。

スタンディングデスク100-ERD008Mのレビュー

天板に軸と足をつけるだけ。

説明書もついていますが、見なくても組み立てられるぐらい簡単でした。

ナットなどの小さいパーツも、必要最低限。

種類が少ないので、間違える心配もないでしょう。

注意するとしたら、車輪をくっつけるときぐらいです。

このスタンディングデスクの車輪は4つのうち2つにストッパーが付いています。

ストッパー付きの車輪が手前に来るように設置すること。

奥につけるとストッパーを触るとき机の下に潜らないといけませんから。

もちろん説明書にも指示が書いてあります。

私は見逃したので途中で付け直しましたけどね…トホホ。

高さをMAXにした時の安定感は?

サンワダイレクトの100-ERD008Mスタンディングデスク

私は身長が174センチあるのですが、高さをMAXにすると天板が胸の下(みぞおち)あたりに来ます。

キーボードに置いた手が胸のギリギリ下になるぐらいです。

気になる安定感ですが、高さをMAXにすると低いときより少し揺れます。

でも、作業中に気になるほどではありません。

立って作業しているときは、机より私のほうが揺れてますから(笑)

今この文章も高さMAXの状態で書いています。

特に支障はありません。

注意点は、机にもたれないようにすること。

下は車輪なので、ストッパーをしないと机がズルズルと前に動いてしまいますよ。

ノートパソコンと外付けキーボードを載せてみた

最後は天板のサイズ感です。

仕様書にもサイズの表記はありますが、イメージしにくいですよね。

ノートパソコンとマウスだけの状態がこちらです。

安定感抜群のスタンディングデスク

スペースは十分。

飲み物を置くぐらいの余裕はあります。

次の写真は、ノートパソコンスタンドと外付けキーボードを加えた状態。

これでジャストサイズという感じでしょうか。

広くて作業しやすいスタンディングデスク

私は広さも高さも安定感も満足しています。

木目調も落ち着いた感じがして、いい感じです。

amazonで口コミ件数が少ないのが不思議ですが、隠れた名品だと思いますよ。

スポンサーリンク