台風の後の川遊びは危険?注意すべき3つのポイント

スポンサーリンク

夏のレジャーといえば、川遊び。

ずっと楽しみにしていたのに、台風が発生するとショックですよね。

前日までに通り過ぎてくれるとホッと一息…

ただ、台風の危険は当日だけではありません。

次の日や2日後ぐらいまで影響は残ります。

「ギリギリ前日までに通り過ぎてくれて良かった♪」では済まないのです。

今回は、台風の後の川の危険を3つのポイントから紹介します。

流れは見た目以上

台風の後に川に近づくなら、まず気をつけたいのが河川の増水です。

台風が通り過ぎても、川の水はしばらく増えたまま。

すぐには元に戻りません。

台風の後、少なくとも2日は流れが急になっている可能性が高いです。

決して油断してはいけません。

台風の前後にも雨が降っていたなら、1週間たっても水が減らないことだってあるんですよ。

でも、理屈では分かっていても油断しやすいのです。

というのも、台風が通り過ぎた後の川の流れって速そうに見えないんですよね。

台風の後の川遊び

表面は穏やかに見えることが多くて、入ってみると流れが急だったということがよくあります。

普段の川の流れを知っている地元の人ならば違いは一目瞭然なのですが、そうでなければわかりにくいです。

油断して川に入った結果、足を取られて流される事故が毎年起きています。

尖った石に注意

台風の影響は増水だけではありません。

足場にもかなりの影響があります。

急な増水で、上流から石が流されているはずです。

流されたばかりの石って、尖っているしグラグラと不安定なことが多いですよ。

台風の後の川遊び

ずっとその場所にある石なら、水の流れで角が削られて丸っこくなっています。

一方で漂着したばかりの石は、流されている途中で割れたりして尖っています。

ゴロゴロと大きな石が点在していることもあります。

素足で川に入って足を切ったり、グラグラした石を踏んで転ぶことは珍しくありません。

足場が不安定な場所で転んで流されても、誰も助けられませんよ。

台風の後の川には入らないことをおすすめします。

漂流物はすぐになくならない

台風の後の危険は増水や石だけではありません。

最後に注意が必要なのは漂流物です。

増水すると、木の枝などが大量に流されることがよくあります。

この漂流物、すぐになくならないのです。

下手すると1週間後も流れてきたりします。

というのも、木の枝は岩に引っかかりやすいのです。

上流の岩と岩の間に引っかかって、流されにくくなっていることがあります。

私は昔、台風の3日後に川で泳いでいて顔面に木の枝が直撃したことがあります。

幸い、鼻に当たったので痛いだけで済みました。

でももし目に当たっていたら…

今から考えるとゾッとします。

小枝でも目や口に入ったら危ないです。

台風の後の川で泳ぐのはリスクが多すぎておすすめできません。

中止しても楽しい思い出は作れる

いかがでしょうか。

台風の後の川遊びには危険が伴います。

少なくとも、台風が通り過ぎてから2日以上は川に入らないほうが無難です。

もちろん、天気や場所によって状況は違うので2日経ったから安心とは一概には言えないのですが…

台風の後の川遊び

川遊びには臆病なぐらいでちょうどいいと思います。

中止するのも勇気です。

私は去年、川遊びを中止して郊外にあるレストランに行きました。

テラス席でバーベキューを味わって、優雅なリゾート気分を味わえましたよ。

少し標高が高い場所だったので、風が爽やかで景色は抜群!

これもまた良い思い出になりました。

爽やかな風を感じる特別席を『一休のテラス席のあるレストラン特集』

スポンサーリンク