オワハラ対策体験談

オワハラが社会問題になっていますね。

私の知り合いのAさんもオワハラを体験しました。

そのときの様子と効果的だった対策についてお話します。

最終面接はオワハラのための罠だった

筆記試験、集団面接、個別面接を無事に通過したAさん。

最後に重役による最終面接があると聞かされ、

緊張しながら面接に向かいました。

面接

最終面接は社長と冒頭の1分だけ挨拶と世間話をするだけ。

その場で内定を知らされました。

ところが社長退出後、

人事担当者から

「他の企業に辞退の連絡を速やかにしてください。」と宣告されたんです。

オワハラ

どうやらこの最終面接、

オワハラをするためにセッティングされたものだったのです。

ハッキリ指摘することが最高の対策

Aさんは、オワハラについて大学やニュースで知っていました。

Aさんは、勇気を振り絞って、

「それはオワハラです。大学に報告します」とハッキリ伝えました。

Aさんがすごかったのが、それ以降何を言われても

「それはオワハラです。大学に報告します」を繰り返したんだそうです。

Aさんの心の中では徐々に

「こんなことをする会社なら内定取り消されてもいい」と思うようになり、開き直ったんですって。

結局、人事担当者のほうが根負けして、その場を切り抜けることができました。

オワハラを受けたら大学から即抗議してもらうこと

Aさんの行動はまだ終わりません。

会社を出てすぐに大学に電話でオワハラがあったことを報告。

Aさんの報告の仕方がまたすごい!こんな言い方をしたのです。

「不当に拘束され内定辞退を迫られ精神的苦痛を受けた。

大学から抗議してくれないなら、即警察に被害届を出します。」

これには大学もビックリして、すぐに対応してくれたんですって。

結局、オワハラを受けた会社から内定を取り消されることもなく、Aさんは就活を続けられたそうです。

そして、オワハラをしない別の会社に就職が決まりました。

今回は極端な例ですが、毅然とした態度でハッキリと「それはオワハラです」と指摘することが、最高の対策になるのは間違いありません。

 
>>ニキビで面接が不利になる?顔カビが肌荒れの原因かも
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA