なぜ移民はイギリスに行こうとする?【英仏トンネルに移民が殺到する理由】

フランス北部カレーで、イギリスをめざす移民が

英仏海峡トンネルに侵入し一時封鎖されました。

なぜ、フランスからイギリスに行こうとするのでしょうか?

ユーロトンネル

イギリスとフランスの移民の扱いの違い

中東やアフリカの紛争などによって

ヨーロッパに移民・難民が増えています。

その移民たちにとっては、イギリスが「理想郷」に見えています。

それには、こんな理由がありました。

①亡命者としての身分を簡単に取得することができる

イギリスでは亡命審査が行われている間、

住居と食料、さらに週に35ポンド

(約6300円、そのうち約4500円が商品交換券)が支給されます。

そのうえ、国内に6カ月以上留まると労働許可証も支給される。

仕事を見つけやすく、生活基盤を整えやすいのです。

フランスでは、難民には働く権利はありません。

月に180ポンド(約3万2000円)が与えられるだけで、

なかなか生活基盤を安定させることができないのです。

②IDカード制度の有無

イギリス以外のヨーロッパの国々では、

移民・難民はIDカードを必ず持たなければなりません。

移民にとっては生活を制限されて、

絶えず不安の中で暮らしていくことになります。

一方、イギリスにはIDカード制度がないので、

普通に生活していれば国籍を聞かれることはありません。

これは移民たちにとって大きなメリットに感じられます。

イギリスの移民に対する考え方

イギリスでは、民族の多様性を尊重し、

公平に生活することができるよう、

徹底して法整備が行われてきました。

一方で、他のヨーロッパの国々では

自国民の権利確保を優先する考え方が主流で、

就職などでかなりの制限があります。

こうした環境の違いが、

移民がイギリスに渡ろうとする原因になっています。

日本も移民受け入れには消極的な国なので、

イギリスの考え方はかなり先進的に見えますね。

>>ギリシアが借金まみれでも強気でいられる理由とは?

スポンサーリンク