クリッカーで弓道の早気は治るのか?

早気をどう克服するか。

弓道に携わる人の永遠の課題かもしれません。

私もひどい早気に悩みながら、なんとか克服したという過去があります。

先日、こんなご質問をいただきました。

「アーチェリーのクリッカーを使って早気を治したという話を聞いたことがあります。

本当に治ると思いますか?」

アーチェリーの最大の発明品とも言われるクリッカー。

これで早気が治るのか。

実はわたしは試したことがあります。

そのときの体験談をお話します。

スポンサーリンク

クリッカーとは

そもそもクリッカーって何?という人のために簡単に解説します。

クリッカーとは、矢尺を一定に保つための金属の板です。

クリッカーと早気

板と弓の間で矢を挟んで、設定した長さまで矢を引いたら板が弾かれて反動で弓にくっつきます。

クリッカーと早気

Youtubeの動画を見つけたのでご覧ください。

設定した長さまで矢尺を引いたら、板が外れていますね。

外れた音を合図に離れれば、矢尺を安定させることができます。

実際にやってみた

物見

私は大学1回生のとき、アーチェリーを半年ほど練習しました。

そのときにクリッカーを知って「これは革命だ」と感動したものです。

ちなみに、弓道で早気の人はアーチェリーでも早気ですよ!

そんな私でもクリッカーを着ければちゃんと離れることができます。

「クリッカーが外れる瞬間=口割り」

そんな感覚でしたね。

口割り0秒発射をしている気分で、気持ちよかったです(笑)

弓道の早気は治らない

手の内

では、クリッカーを着けてアーチェリーの練習をすれば早気は治るのか?

答えはNOです。

治りません。

では、クリッカーを弓道の弓に着けて練習したら?

これもダメでした。

試しにクリッカーをテープで弓に巻きつけてやってみたのですが、無理です。

クリッカーが外れる前に離れてしまって、羽根が散るだけでした。

弓道の矢

当時、私は鼻まで下ろすのがやっとの状態。

クリッカーがあっても関係なく離れてしまったのです。

クリッカーを使って克服したという逸話は、口割りまで下ろそうと思えば下ろせる段階の人だったのでしょう。

私が1番早気がひどかったときは、巻藁でも口割りまで下りませんでした。

そのレベルまで来ると、別の方法でないと無理です。

早気克服に道具はいらない

弓道と友達

クリッカーで早気が治る人もいるでしょう。

しかし万人向けではありません。

そもそも和弓に無理矢理クリッカーをくっつけると、思わぬ事故につながる可能性があるのでおすすめできません。

でも大丈夫。

鼻までしか下りなかった私でも早気は克服できましたよ。

しかも道具なしです。

早気とは、学習による条件反射の一種だと私は考えています。

それならば、違う条件付けをすれば克服できる。

一体、どんな方法か?

詳しくは「弓道の早気の治し方」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA