弓道の初期費用【始めるときに必要な道具とお金】

弓道を始めたい!

高校や大学の部活で始める人や、各地域の弓道協会の教室に参加する人が増えています。

ところで、弓道を始めるにはどれくらいお金がかかるのでしょうか。

スポンサーリンク

弓道の初期費用の総額

弓道を始めるときの総額は次の通りです。

総額は、矢を借りるか買うかで大きく変わります。

2つのパターンを紹介しますね。

※初心者の間は弓と矢は学校・道場所有のものを共有することが多いです。

矢をレンタルする場合の総額

3万円~4万円前後

学校の部活で多いのが、矢も買うパターンです。

矢を買う場合の初期費用総額

5万円~6万円前後

上達すると、自分の弓を買う人が増えてきます。

しかし、最初は学校や道場所有の弓を共有することがほとんど。

卒業するまで弓を買わない人のほうが多いぐらいです。

最低限必要な道具

弓道を始めるとき、最初に必要になってくるもの。

道着(男性用・女性用あり) 3千円程度

弓道の道着

袴(男性用・女性用あり)  3千円程度

帯(男性用・女性用あり)  3千円程度

足袋            千円程度

かけ(右手につける手袋のようなもの) 1万5千円程度

弓道と友達

などです。

弓と矢に関しては、初心者のうちは、各学校や道場に用意された練習用の弓や矢を共有して使う場合がほとんどです。

弓と矢の値段は?

弓道をずっと続けると、多くの人が自分の弓と矢を持つようになります。

各道具の相場はこちらです。

弓:3万円~5万円前後

矢(6本セット):2万円~4万円前後

矢筒(矢を収納するケース):3千円前後

材質によっては、数十万円もするような弓矢もあります。

弓道具はどこで買う?

基本的には所属する学校や弓道協会が地元の弓具店を紹介してくれます。

春など新規加入者が多い季節には、お店が道場に出張販売に来ることもあります。

基本的にはそこで全て揃える人が多いです。

ただ最近は、通販で安く買えることも多いです。

通販で購入しても問題ありません。

 

弓道のその他の費用

その他の費用で考えられるのが、部費や弓道協会の年会費です。

おおよそ、高校の弓道部なら月額で千円くらいのところが多いですね。

弓道は学生から年配の方まで幅広い年代の人が取り組んでいます。

静かなイメージのある弓道ですが、やってみると知り合いがたくさんできるので、思った以上に楽しいですよ。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA