調剤薬局の志望動機の例文!ドラッグストアから転職した薬剤師の実体験

スポンサーリンク

私の友人に、薬剤師として働いている人がいます。

その友人は、過去に2回転職を経験しています。

ドラッグストア

調剤薬局

メーカー(研究補助)

今回お話するのは、ドラッグストアから調剤薬局に転職する場合の志望動機について。

履歴書にはどう書けばいいのか。

友人の実体験をふまえてご紹介します。

調剤薬局の志望動機の構成

志望動機

志望動機の例文をご紹介する前に、大まかなポイントをご紹介したいと思います。

志望動機を書くにあたっては、次の構成を意識してください。

・調剤薬局を志望する理由(結論)

・前職での経験

・この調剤薬局を選んだ理由(具体的なエピソードを含む)

・入社後の決意

まず「志望動機は○○です」と結論を単刀直入に書きましょう。

その上で、結論を補完していきます。

ドラッグストアから調剤薬局に転職したい。

その思いに至った具体的なエピソードを紹介しつつ、あなたの感じたことをまとめます。

次に、数ある調剤薬局の中からなぜここを選んだのかを説明します。

最後に、入社後に取り組みたいことや意欲を書く。

この流れで書けば、オリジナルの志望動機が完成します。

志望動機の例文

志望動機の構成だけではピンとこないと思います。

そこで、友人が採用されたときの志望動機を例文として提供してもらいました。

個人や職場を特定する情報はボカしていますが、ほぼ原文の通りです。

今回、御社(○○薬局)を志望した理由は、より専門性を高めながらお客様に貢献していきたいと考えたからです。

私は大学卒業後、ドラッグストアで●年間OTC販売等を行ってきました。

処方箋がない中で、お客様の症状を聞き、適切な商品を推奨する経験を通じてコミュニケーション能力を磨いてまいりました。

今回、転職するにあたり、お客様やご近所の皆さんと調剤薬局の印象について意見交換をして参りました。

その中で、御社(○○薬局)の服薬指導がとても親切だという話を何度も耳にし、私もぜひ御社で働きたいと思うようになりました。

御社にご採用いただきましたなら、お客様のよりよい生活作りをサポートできる存在になれるよう努力致しますのでよろしくお願い致します。

志望動機でやりがちなミス

ダメ

志望動機を書く場合、ついつい誰もがやってしまうミスがあります。

・ドラッグストア業務を否定的に書く

・この調剤薬局を選んだ理由が説明できていない

ドラッグストアから転職する場合、やりがちなのが前職を否定的に書くこと。

例えば「ドラッグストアでは在庫管理やレジ業務ばかりで、自分のスキルを活かせない」とか。

気持ちは分かります。

前の職場に不満があったから転職したいと思ったわけです。

でも、これを聞いた面接官の人はどう思うでしょうか?

「うちに来ても、やりたくない仕事があったら辞めてしまうかも…」と不安になるかもしれません。

面接

例えばあなたが面接官だったとします。

A:前職の意義を認めつつ、将来に向けて意欲的な人

B:前職のダメな所を指摘し続ける人

あなたはどちらを採用したいですか?

「なぜこの職場で働きたいのか」説明できないのも問題です。

調剤薬局は日本中にたくさんあります。

その中で、なぜここなのか。

ドラッグストア

これを説明できるかできないかで、印象がずいぶん変わります。

やりがちなのが「調剤薬局で働きたい理由」ばかり説明してしまうこと。

大事なのはなぜ「この調剤薬局で」働きたいのか。

あなたの志望動機は大丈夫でしょうか?

面接ではここをツッコまれた

友人はドラッグストアから調剤薬局に転職する際、10件も面接を受けたそうです。

最初は不採用続き。

自信をなくしたこともありました。

実は当初、友人はミスを犯していたのです。

先ほど指摘した「前職を否定」「なぜこの調剤薬局が良いのか説明できない」。

この2つをやってしまっていたのです。

ミスに気づく前、面接でこんなことを指摘されたんですって。

「調剤薬局業務も、接客や管理業務はあるよ」

「本当にここで働きたいのですか?」

「ドラッグストアも立派な仕事ですよ」

「▲▲薬局さんのほうが本命なのではないですか」

書き並べてみると、ひどいですね。

それだけ友人の志望動機はズレていたのでしょう。

採用担当者の本音

採用担当者の視点から見ると、志望動機で確認したいのは「あなたの意欲」です。

・本当にうちで働きたいのか

・一生懸命働いてくれるか

この2点を確認するために、あれこれ質問するのです。

薬剤師

単なる使い回しの志望動機か、一生懸命考えた志望動機か。

見ればすぐに分かります。

これから受ける調剤薬局の業務内容は調べましたか?

その職場で働くイメージはできていますか?

もし自信がないのでしたら、転職サイトのサポートを利用するのも手です。

会社の情報や、面接対策まで濃密なサポートがありますよ。

個別面談

単に求人情報を集めるために利用するのはもったいない。

使えるものは、使わなきゃ損ですよ。

好条件の薬剤師求人なら、ファルマスタッフ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA