ゴキブリの赤ちゃんはどこから?よく使うあれから入ってきてた【画像あり】

部屋でリラックスしていたら、何か小さいものが動いてる。

よく見ると…ゴキブリの赤ちゃん!

ひー!どこから入ってきた!?

調べてみると、意外な侵入経路があるようです。

・どこから入ってくる?

・対処法は?

この2つについてお話します。

ゴキブリの赤ちゃんの侵入経路トップ3

まず、ゴキブリの赤ちゃんの侵入経路トップ3を発表します!

1位:ダンボール

2位:バッグ

3位:家の近所

いかがでしょうか。

ちょっと意外な順位ではないですか?

ゴキブリの赤ちゃんは、基本的には誰かに運ばれて入ってきます。

ゴキブリの赤ちゃん

赤ちゃんなので、長距離は移動できません。

小さいうちは外敵も多いし、厳しい環境では生きられないんです。

大半の時間は、近くにエサがあって安全な場所で隠れています。

ダンボールへの対処法

最近は通販を利用している人が多いと思います。

amazonとか、便利ですもんねえ。

でも、光には影がある。

ダンボールがゴキブリの赤ちゃんの侵入経路になってることがあるんです。

ダンボール

ダンボールは暖かくて、住みやすい場所なのでしょう。

勘弁してほしいですね。

場合によっては、ダンボール製造工場で入ることもあるそうです。

amazonの倉庫が綺麗でも、宅配業者が清潔にしててもダメなんですって。

ダンボール

そんな赤ちゃんが潜んだダンボールが我が家に来るとしたら…

ちょっとゾッとしますね。

でも、対策は意外と簡単です。

①荷物が届いたらすぐに箱を解体

②ゴミ袋に入れて密閉

本当はすぐに捨てるのが理想です。

でも、ダンボールをリサイクルに出す人もいると思います。

ダンボールを長期保管する場合は、必ず袋に入れて密閉しておきましょう。

念のためにゴキジェットを袋の中に吹き付ければ完璧ですが…

そこまでしなくても大丈夫です。

バッグへの侵入を防ぐために

2つ目の侵入経路はバッグ。

そう、あなたがお出かけの時に使うバッグです。

「そんなことありえない!」

怒りたくなる気持ちはわかりますが、意外と多いんです。

例えば飲食店。

椅子の下に荷物置きがありますよね。

ゴキブリの赤ちゃんの侵入経路

食事を楽しんでいる間に、ゴキブリの赤ちゃんが入ることもあります。

場所は飲食店に限りません。

他所の家、駅、デパート…

どこでもリスクはあります。

でも安心してください。

予防する方法もあります。

①開けっ放しにしない

②装飾が少ないものを選ぶ

③お菓子を入れない

④濡れたまま放置しない

まず1番大事なのは、開けっ放しにしないこと。

バッグ

チャックをきちんと閉めるだけでも予防になります。

②も大事です。

飾りが多い=ゴキブリが隠れる場所が多いとも言えます。

例えばフリンジバッグ。

フリンジバッグ

ヒラヒラの紐(フリンジ)がかわいいです。

でも、フリンジの隙間は隠れやすい。

残念ですが事実です…

お菓子や水は、ゴキブリを呼び込まないようにするためです。

ゴキブリは何でも食べます。

そして何より水が大好きです。

お菓子が入っていたり、バッグが濡れているとゴキブリを呼んでしまいます。

家の近所からの侵入はどうする

ゴキブリ

ゴキブリの赤ちゃんは長距離移動できません。

実はご近所からヨチヨチ移動してきたのかもしれません。

・隣の家

・公園

・庭の花壇

・用水路

ゴキブリってどこにでもいるんです。

住めない場所のほうが少ないのではないでしょうか。

外からの侵入を100%防ぐのは不可能です。

でも、減らすことはできます。

大事なのは定住させないこと。

・食べ物を放置しない

・キッチン、お風呂場の水気を少なくする

・部屋の湿度を下げる

この3つを守れば、ゴキブリはすぐ出ていくでしょう。

特にキッチンやお風呂場は要注意。

ゴキブリのオアシスにしてはいけません。

エアコンで部屋の湿度を低めに保つのも効果的です。

短期間で何匹か見かけたら…

短期間で何匹かゴキブリの赤ちゃんを見かけた場合。

おそらく、家のどこかで卵が孵ってしまった可能性が高いです。

クローゼットや冷蔵庫の下など、いつも暗くて手入れしてない場所に注目。

ゴキジェットを噴射してみましょう。

ゴキブリは危険を感じれば出ていきます。

家の中に隠れやすそうな場所がないかチェックです。

侵入を防ぐポイント

ゴキブリはどこからでも侵入します。

・連れてこない

・定住させない

この2つがとても大事です。

特にダンボールの扱いは気をつけて。

届いた段階ではゴキブリがいなくても、保管してる間に住み着くこともあります。

ダンボールは出来る限り早く処分しましょう。

特に夏は、ゴキブリの活動期。

エアコンで部屋の湿度を下げるだけでも違います。

部屋の湿度を下げれば、カビやダニも同時に予防できます。

夏はエアコンをつけっぱなしにしても良いのではないでしょうか。

>>お風呂場の湿気を新聞でとる方法

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA