トコジラミ駆除は自分でできるって本当?口コミ情報はあてにならない

スポンサーリンク

久しぶりに会った友人から、こんな愚痴を聞かされました。

「家にトコジラミが大量発生して、安心して眠れない…」

あまりに深刻そうだったので調べてみると、とんでもない害虫です。

友人のために、自分でできる対策について調べました。

このブログを見ている人の助けになれば幸いです。

自分で駆除するのが難しい理由

「トコジラミを自分で駆除したい。」

はっきり言ってかなり難しいです。

駆除が難しい理由をまとめると

・市販の殺虫剤が効かない

・壁、畳、家具、クッション…どこにでも潜伏する

・2ヶ月で成虫になる

・1年で200個~500個の卵をうむ

トコジラミは一匹でも見逃せば、すぐに増えてしまう。

これが最大の壁です。

トコジラミの怖さがよく分かる動画がありましたので、貼っておきますね。

放置すればドンドン増える。

しかも、市販の殺虫剤が効かない。

自分で駆除するには、かなりの覚悟と根気が必要です。

なぜ殺虫剤が効かないのか?

なぜトコジラミに殺虫剤が効かないのでしょうか?

実は戦後に、日本中で害虫駆除を大規模に行ったことがあるのです。

害虫駆除

このおかげで、衛生環境が大幅に改善。

日本人は快適な生活を手に入れました。

このような取り組みは、世界各地で行われています。

ところが、生き残ったものが耐性をつけてしまいました。

現代のトコジラミは昭和初期よりもパワーアップしているのです。

トコジラミ

もっと具体的に説明します。

現代のトコジラミは「ピレスロイド系」の薬剤が効きません。

聞いたことがない名前ですよね。

実は市販されている殺虫剤は、ほとんどピレスロイド系。

つまり、どのメーカーの殺虫剤も効きません。

「○○(商品名)は効いた!」という口コミ情報はあてにならないのです。

友人のトコジラミ対策

友人の家に出たトコジラミも、市販の殺虫剤が効きませんでした。

スプレーしても、動きを止めるのは一瞬。

すぐに隙間に逃げてしまいます。

それから来る日も来る日もガムテープで捕獲する毎日…

半分ノイローゼになっていました。

痛い

友人は応急処置として、ビニールプールの中で寝るようにしました。

布団も使いません。

数枚のゴミ袋を布団代わりにしたそうです。

この方法で、とりあえず睡眠中に噛まれることはなくなったんですって。

業者はどうやって駆除してる?

トコジラミは業者に頼むのが1番と言われます。

では、業者はどうやって駆除しているのでしょうか?

業者の駆除方法のポイントは2つ。

・高温で殺虫

・マイクロカプセル駆除剤(成分:プロペタンホス)

例えばある業者では、トコジラミ専用の加熱乾燥車を使っています。

布団やベッドなどを車に入れて、85℃~90℃の熱風で死滅させるのです。

トコジラミの駆除業者

室内は高温のスチームクリーナーで駆除します。

これが大変な作業です。

あらゆる場所に潜伏しているので、数センチずつスチームを吹き付けなければいけません。

どんなに早くても丸1日かかります。

トコジラミの駆除業者

最後に使うのがマイクロカプセル駆除剤(成分:プロペタンホス)。

現在、トコジラミに最も有効と言われている殺虫剤です。

退治しきれなかったトコジラミを、待ち伏せてやっつけます。

楽天ならマイクロカプセル駆除剤が買える

業者が使っているマイクロカプセル駆除剤。

これとスチームクリーナーがあれば、自力でなんとかできるかもしれません。

調べてみると、楽天なら購入が可能でした。

興味のある人のために、リンクを貼っておきますね。

最低2ヶ月は毎日対策しよう

トコジラミは1匹でも見逃せば、また増える可能性があります。

卵から成虫になるまでの期間は2ヶ月。

最低でも、2ヶ月は油断できません。

友人の場合は、半年かかりました。

どうしても見逃してしまう場所ができてしまうので、自分で死滅させるにはとにかく根気が必要です。

業者に頼まないなら、覚悟して挑戦しましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA