嬉野市のふるさと納税の牛肉の口コミ【佐賀牛切り落としが値段的に得だった】

ふるさと納税を利用して地方の名産品を安くゲットできる。

一度やってみるとハマってしまいますねえ。

今回は嬉野市に1万円ふるさと納税すればもらえる「佐賀牛切り落とし1kg」を紹介します。

佐賀牛切り落としの賞味期限

佐賀牛切り落とし1kgは冷凍便で届きます。

1kgって思ったより多いですね!

写真ではわかりづらいですが肉が何層も重なっています。

嬉野市のふるさと納税の佐賀牛切り落とし

気になる賞味期限は2週間程度のようです。

2週間あれば頑張らなくても食べ切れそうですね。

佐賀牛切り落としの中身は?

届いた切り落としを見てみると複数の部位が入っています。

公式サイトでは「ウデ・モモ・バラ」が入っていると書いてありました。

赤みが多めの部位や、細い霜降りがびっしりの部位もありますね。

嬉野市の佐賀牛切り落とし

どの部位も薄くスライスしてあるので料理しやすそうです。

分厚いステーキ肉の場合は料理しにくいことがあるので助かります。

佐賀牛切り落としの値段は実際どれぐらい?

佐賀牛をもらえるのは嬉しいけど、

気になるのは実際のお値段ですよね。

ちょっと市場価格について調べてみたんですが、びっくり!

佐賀牛の切り落とし1kgで2万円近いお値段ばかりなんです。

ふるさと納税の場合は1万円以上の寄付でもらえるので、実際は赤字なのではないのか?

気になったので電話で問い合わせて聞いてみました。

するとこんな理由があったんです。

・普通に売られるお肉はパック詰めする

・部位や用途別(すき焼き・ステーキなど)にパック詰めするので端数がでる

・最高品質のお肉なのに商品化できないのはもったいない

・ふるさと納税の返礼品として提供して宣伝効果を狙う

こういう理屈があるから赤字を出さずに提供できるんですって。

赤字を出さずと言ってもギリギリらしいですが、宣伝費として割り切って考えているらしいです。

私たち消費者から見れば安く最高品質のお肉が手に入る。

生産者は無駄なく全て売れる。

自治体は経済振興と寄付金集めが同時にできる。

みんなが嬉しい仕組みができあがっているんですね。

おすすめの食べ方

佐賀牛の特徴はきめ細やかな霜降りです。

他の和牛と比べても優しい旨味がクセになります。

最初はシンプルに塩コショウだけで焼いて食べたいですねえ。

嬉野市のふるさと納税の佐賀牛切り落とし1kg

あとは定番のすき焼きも良いですね。

肉じゃがも合うし、カレーに入れても最高です。

しゃぶしゃぶはポン酢で食べるとこれが合う!

牛丼にして食べると、安物のお肉との違いが1番分かりやすかったです(笑)

色々な料理に使えるのは切り落としならではのメリット。

色々な料理に入れて試してみたくなりました。

この牛肉の切り落としは、1年に何度でも貰うことができるのでリピーターになりそうです。

 
高級和牛が貰える!ふるさと納税はこちら

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA