木ノ葉新伝湯煙忍法帖の感想・ネタバレ注意②

NARUTOの外伝小説、

「木ノ葉新伝湯煙忍法帖」を

一気に読んじゃいました!

正直あまり期待してなかったけど、

予想以上に良いお話!

主役は猿飛ミライ

今回の小説は猿飛ミライ視点で話が進みます。

カカシとガイの護衛として、

休暇を兼ねた視察任務に出かけます。

猿飛ミライは最近、

「なぜ忍びを続けるのか」という

漠然とした悩みを抱えていました。

シカマルとミライのエピソード

今回の小説には、

「平和を勝ち取るために戦った世代」と

「平和を守る世代」の思いの継承というテーマがあります。

カカシやガイと交流するうちに、

父の猿飛アスマの思いを感じたり、

絆を思い出させるエピソードがありました。

特に気に入ったのが、

猿飛ミライが過去を振り返り、

中忍に合格したときのエピソード。

アスマが使っていたチャクラ刀(メリケンサック)

シカマルが引き継いでいましたよね?

今度はシカマルから、

ミライに引き継いだんです。

このチャクラ刀、

小説の最後であんな大技を放つとは!

キバが恋人と旅行で大変なことに!?

今回、カカシ、ガイ、ミライの任務中、

湯の国の温泉街に立ち寄ります。

その街ではちょうど「犬猫祭り」の真っ最中。

この祭りで、キバと彼女のタマキとバッタリ出会います。

を読んだ人なら

タマキが誰か分かりますよね。

原作の漫画の中でも、

最後にキバと一緒にいたあの女性です。

キバは犬好き。

タマキは猫好き。

犬派と猫派に分かれて争う、けんか祭りの「犬猫祭り」。

穏やかに終わるわけがない(笑)

テンテンと肝試しドッキリ大作戦

任務の途中、今度はテンテンと合流します。

テンテンとミライで

カカシとガイにドッキリを仕掛けるのですが、

このエピソードは一体なんだったのか(笑)

なんてことないエピソードなんですが、

面白かったことが1つ。

大人になったテンテン。

初めてガイ先生と出会ったのは子ども時代でした。

当時のガイ先生に年齢が追いついたとき、

ふと「ガイ先生もあの時はこう思ったのか」

考えることが増えたんですって。

ガイ先生の「熱さ」に隠れている「思い」。

このエピソードで

少し感じることができました。

チョウジの謎が明らかになった

任務の途中、

ある田舎の温泉村に到着します。

そこの温泉は、

土砂崩れで巨大な岩が落ちてきたため

完全に封鎖されていました。

この状況を見たカカシは、

近くにいたチョウジを呼び寄せます。

ここで思い出して欲しいのですが、

ナルトの続編の短期連載のとき、

任務帰りのチョウジは痩せていましたよね。

「平和な時代に秘伝忍術を使う任務ってなに?」

と思っていた人がいたとしたら、

この小説を読めば謎がとけます。

なんとジャシン教が復活!?

暁のメンバーの中で、

強烈な個性で大人気なのが

ジャシン教の飛段。

実は今回のカカシたちの任務は

このジャシン教の動向を探ることでした。

(ミライだけ任務の本当の内容を知らなかった)

「第二の飛弾」を生み出すために

ジャシン教の信者たちが事件を起こしていました。

ミライにとっては、

父親の仇の仲間です。

ミライの戦い方がジーンと来る

この小説を読むまで、

「ミライは幻術系なのか、アスマと同じ風遁使いなのか」

ずっと気になっていました。

答えは両方。

母から教わった幻術。

父の技は、

父の戦いを間近で見てきたシカマルから。

風遁のコツについては、

テマリさん直伝のスパルタ教育で…(笑)

周りの人達から支えられ、

引き継いだものを全て使うのがミライの戦い方でした。

やっかいなジャシン教への対抗策も、

間接的に父を通して知っていたミライ。

「猿飛ミライ」を主役に、

ここまで深く書いてくれるとは…

読んだ後、

とっても満足できたし清々しい気持ちになりました♪

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA