日焼けでまぶたが痛い【赤く腫れやすい目の周りをケアする方法】

目の周りって日焼けに弱いですよね。

先日「目にしみにくい日焼け止め(100個試した結果)」を書いた所、

予想以上の反響がありました。

特に「日焼けでまぶたが痛い・赤く腫れる」という人が多かったです。

今回は日焼けとまぶたに焦点をあてたいと思います。

上まぶたと下まぶたの日焼け予防の裏ワザ

デリケートでダメージを受けやすいのに、

普通の日焼け止めだと目にしみて辛いのが厄介ですよねえ。

私の場合はゴルフなどで汗をかくので、

余計に目にしみやすいです。

目にしみにくい日焼け止め(100個試した結果)」で紹介した日焼け止めは、目にしみにくいと個人的に思います。

でも、こういう日焼け止めでも目にしみたり、

まぶたに違和感が出る人もいますよね。

そんな人にぜひ試してほしい裏ワザが、

リップクリームを使った予防です。

なぜまぶたにリップクリーム?と思うかもしれませんが、

まぶたと唇には共通点が多いんです。

唇とまぶたの共通点は、

粘膜が近い・よく動く。

リップクリームは口に入っても大丈夫なように配慮されているので、

目の近くに塗ることもできるんです。

UVケアができるリップクリームにも色々ありますが、

私が使った中で一番良かったのはこちら。

まぶたの日焼けはリップクリームで対策

カントリー&ストリーム UVリップクリームHMでした。

ハチミツ配合でスースーしないし、

しっとりしてます。

ハチミツの香りが嫌いじゃないなら、

まぶたの日焼け対策にかなり使えますよ。

ただ、ドラッグストアに置いてない場合が多いのが難点。

確実に手に入れるならamazonで買うほうが早いです。

 

サングラスは花粉予防用が一番良い

まぶたが弱い人は

サングラスを使っている人が多いのではないでしょうか。

物理的に紫外線をカットしてくれるサングラス。

とても便利です。

サングラスによっては、

隙間から紫外線が入ってまぶたを守れない場合があるので要注意。

花粉症対策もできるサングラスを使うと、

隙間がないので目の周囲をしっかりブロックできますよ。

 

日焼けでまぶたが痛いときの対策

お肌が日焼けして痛くなった場合、

冷やしたり保湿したりしますよね。

まぶたの日焼けは、

通常のアフターケアだけだと、

翌日にダメージを持ち越しやすいです。

ダメージを受けた皮膚を完全に回復するには、

肌のターンオーバーを待つことになります。

まぶたは代謝が活発な場所です。

ただし、栄養が不足しているとターンオーバーが遅くなります。

お肌に良い栄養をとれるサプリメントなどを上手くつかって、

体の内側から栄養をしっかり補給することが有効です。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA