ストレスでニキビがおでこに!【治らないときの改善方法】

仕事が忙しくて寝不足が続いたりすると、

おでこにニキビが一気にできることがありますよね!

いわゆるストレスニキビっていうやつなんですが、

これは普通のニキビと同じ対応では治らないんです。

ストレスニキビの原因は免疫力の低下

今、この記事を見ているあなたは、

仕事などが忙しくて寝不足気味で、

朝や昼間の食欲がなかったり、

すぐイライラしたり頭痛がよく起こる状態だと思います。

今のあなたは、体の免疫力がドンドン低下している状態です。

強いストレス状態になると自律神経が乱れるので、

内臓機能を活性化させる副交感神経の働きが悪くなります。

この状態が続くと、食欲不振と血行不良を招きます。

疲れ

疲れている人の顔色が悪くなるのはこのためです。

そして、免疫力を支える血液中のリンパ球の活動を鈍らせ、

外からの刺激が多い皮膚に症状が現れます。

外側から抵抗力をあげる

通常のニキビは皮脂が毛穴につまって、

そこに菌が繁殖して炎症を起こしています。

しかし、おでこにできたストレスニキビは違います。

ストレスでできたニキビは、

免疫力が落ちたことで紫外線、外気のホコリ、ダニなどの攻撃への抵抗力がなくなり、

一時的なアレルギーを発症している状態です。

つまり、ニキビ治療ではなくアレルギー治療と考える必要があります。

まず、外からの刺激から肌を守る必要があるのですが、

この状態のときのスキンケアは、アトピーの人用の化粧水が向いています。

肌の抵抗力が弱い人向けに作られた化粧水なので、

ストレスニキビができてしまった人の助けになってくれます。

内側から免疫力をあげる

外からの刺激からお肌を守りつつ、

体内の免疫力を高める必要があります。

ストレス状態が続くと、

1日や2日寝たくらいじゃストレスはとれません。

1ヶ月ほど、南の島でバカンスでもできれば最高なんですが、

そんなことができるなら最初からストレスニキビなんてできないですよね^^;

ストレスがいっぱいで、寝不足が続いているときに免疫力をあげるには

ラウリン酸が入っている食品がおすすめ。

ラウリン酸というのは、産後1ヶ月以内の人の母乳にたくさん含まれている成分で、

強い抗菌作用と、抗炎症作用があり、免疫力を高めてくれます。

自然界でラウリン酸がもっとも豊富なのが、ココナッツオイルです。

ココナッツオイル

ココナッツオイルを1日大さじ1杯から2杯程度飲むと、

免疫力を高めてくれますし、

不足しがちなミネラルやビタミンを補えます。

最近ではスーパーフードとしてブームになりましたね。

ストレスと戦う社会人にとっても強い味方になってくれる頼もしいやつです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA