弓道 引き分けのコツ【肘がまわらない人の意識改革】

弓道の引き分け。

弓道をしていると一番気になる段階かもしれません。

・肘がまわらないて困ってる。

・押し開くようにってどういうこと?

・胸を開いて弓の中に入るという感覚が分からない

などなど…

悩みが尽きないですよね。

今回は、引き分けについてお話します。

スポンサーリンク

引き分けで押し開くとは

引き分けについて分かりやすい動画を見つけたのでご紹介します。

なかなか熱い解説ですね。

この動画の中でも触れているのですが、引き分けは押し開くものだという言葉をよく聞きますよね。

この押し開くという言葉、押すという意識が強すぎて誤解しやすい言葉でもあります。

特に斜面打ち起こしの人にとっては「大三から押し開け」と言われると、左手で押すことばかり考えてしまいがちです。

左手でも押しますが、右肘も押すという意識を持ってください。

「左右に押し開く」というのが正確かもしれません。

特に、大三から矢が目の高さに下がってくるまでの過程では、手を顔に引き寄せたり、右手を真下に下げる瞬間は全くありません。

矢尺がとれない人は、特に要注意。

手だけで下ろしたり、引きつけたりしているはず。

感覚がつかみにくい人は、ドアや廊下など狭いところに立って、両側の壁を両手で突っ張ってください。

弓道

左手と右肘で両側をググッと押す感じです。

左右に押す感覚が分かれば形はどうでもいいです。

物見を入れると、感覚をつかみやすいですよ。

左右にグッと押すことで、押し開く感覚をイメージできます。

ついでに、弓道で使う筋肉のトレーニングにもなります。

大三で押し開ける体勢になっているか

動画の解説でも少し触れていましたが、大三が崩れていたら押し開くのは無理です。

素引きや巻藁練習のときに、自分の大三が「きちんと押し開けるもの」になっているかチェックしてください。

特に、手と体の距離が近すぎたり遠すぎたりすると、押し開く引き分けをするには難しくなります。

肘がまわらない人の勘違い

肘がまわらない人は、引き分けで肘をまわそうとするのはやめてください。

意識してもまわせません。

それよりも、まずは大きく引くことを心がけてください。

押すという意識のあまり、左右の釣り合いがとれずに的方向への押し一辺倒になり、矢尺いっぱいに引けていないのです。

このとき、胸を開こうとしたり、弓の中に入ろうと意識的にするのはNG。

胸は自然と開くもの。

左右に押し開いていけば自然と胸は開き、弓の中に入るんです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA