子供が背中を痒がる!冬のかゆみの応急処置とは

小学生

以前「子どもの乾燥肌はお風呂が大事」という話をご紹介しました。

すると、このようなコメントが届きました。

子供が毎年冬になると背中を痒がります。

見た目は荒れていないのですが、痒みが強いようです。

背中が痒いと、不眠になりがち。

なんとかしてあげたいですよね。

保湿のあとの応急処置

冬の痒みのほとんどは乾燥肌が原因です。

すでに、何かの保湿はしていると思います。

それでも痒がる場合は、応急処置で対応しましょう。

簡単で確実なのは冷やすこと。

濡らしたタオルで背中を冷やしましょう。

おでこに優しい今治タオル

冬なら常温の水道水で十分です。

氷水を用意する必要はありません。

冷やしたまま寝たいなら、保冷剤をタオルで巻きましょう。

背中の痒み対策の注意点①

背中を冷やして痒み対策をする場合は、注意点が2つあります。

1つは広い範囲を冷やしすぎないこと。

背中全体を冷やす必要はありません。

部分的に冷やすだけで十分です。

ハンドタオルやハンカチで、特に痒みが強い部分を冷やします。

体全体を冷やすと、体温が下がりすぎます。

冷やすのをやめた途端に、体温が急上昇して痒みが強くなる場合があります。

背中の痒み対策の注意点②

応急処置の注意点の2つ目。

冷やした後は、お風呂やストーブで体を温めてはいけません。

ストーブ

急激に冷やし、急激に温める…

これでは痒みが倍増してしまいます。

応急処置を行うのは、お風呂に入った後。

これさえ守れば、痒みはスーッと引くはずです。

背中の痒みを予防するために

毎年冬になると背中が痒くなる子は、乾燥対策が不十分です。

特にお風呂上がりが要注意。

お風呂上がりの過ごし方で予防できることが多いのです。

詳細については「子どもの乾燥肌はお風呂が大事」をご覧ください。

スポンサーリンク

小学生の化粧水の選び方【将来の肌の保湿力を高めるために】

小学生

まだ小学生なのに乾燥肌がひどい!

化粧水でケアしたいけど、今から使うと将来のお肌が心配…

そんな人のために、小学生の化粧水の選び方についてお話します。

“小学生の化粧水の選び方【将来の肌の保湿力を高めるために】” の続きを読む

スポンサーリンク

小学生の乾燥肌体質を改善する意外な食べ物!甘くて美味しいあれ

小学生

小学生で乾燥肌体質の子、多いですよね。

できればステロイドみたいな薬は使わず、体質改善したい。

それなら、ちょうどいい食べ物があります。

子どもたちが自分から「食べたい」と言ってくれますよ。

おやつは干し芋を食べよう

乾燥肌を改善するには、野菜が1番!

そんなこと言っても、子どもは食べてくれません。

でも、おやつで乾燥肌体質を改善できるとしたら?

子どもも喜んで食べてくれます。

そこでおすすめしたいのが「干し芋」です。

干し芋で小学生の乾燥肌改善

干し芋って炭水化物と食物繊維しかないと思っていませんか?

実は元祖スーパーフードと言っても良いぐらい、栄養豊富なんですよ。

干し芋の隠れたパワーがすごい

まず、干し芋の乾燥肌に関係しそうな成分(100g中)をまとめました。

ビタミンC 9mg ビタミンE 1.3mg
ビタミンB1 0.19mg 2.1mg
カリウム 980mg たんぱく質 3.1g

他にも色々ありますが、省略します。

ビタミンCとEがとれるイメージないですよね。

実際には豊富に入っています。

干し芋が乾燥肌におすすめなのは、ビタミンB郡、C、E、鉄分、タンパク質を同時にとれるからです。

干し芋で乾燥肌対策

ビタミンCでコラーゲンの生成を促進。

ビタミンEの抗酸化作用と血行促進効果でお肌を元気に。

鉄分、タンパク質で肌に栄養を届ける。

乾燥肌対策にも、役立ってくれることでしょう。

子どもの体質改善はお風呂も大事

子どもの体質改善。

毎日の食事も大事ですが、おやつの役割は見過ごせません。

砂糖たっぷりのお菓子ばかりではもったいない。

せっかくなので、美味しくて栄養のあるものを食べさせましょう。

干し芋は焼けば甘いので、子どもも大好き。

オーブントースターで焼き方を教えれば、自分で勝手に食べてくれます。

あと、子どもの乾燥肌対策で大事なのはお風呂です。

子どもが1番肌から水分を失うのは、お風呂上がり。

お風呂上がりの数分間でどう保湿するかが、とても大事なのです。

お風呂上がりの乾燥肌対策の詳細は

「小学生の子どもの乾燥肌はお風呂が大事」をご覧ください。