小学生の乾燥肌体質を改善する意外な食べ物!甘くて美味しいあれ

スポンサーリンク

小学生で乾燥肌体質の子、多いですよね。

できればステロイドみたいな薬は使わず、体質改善したい。

それなら、ちょうどいい食べ物があります。

子どもたちが自分から「食べたい」と言ってくれますよ。

おやつは干し芋を食べよう

乾燥肌を改善するには、野菜が1番!

そんなこと言っても、子どもは食べてくれません。

でも、おやつで乾燥肌体質を改善できるとしたら?

子どもも喜んで食べてくれます。

そこでおすすめしたいのが「干し芋」です。

干し芋で小学生の乾燥肌改善

干し芋って炭水化物と食物繊維しかないと思っていませんか?

実は元祖スーパーフードと言っても良いぐらい、栄養豊富なんですよ。

干し芋の隠れたパワーがすごい

まず、干し芋の乾燥肌に関係しそうな成分(100g中)をまとめました。

ビタミンC9mgビタミンE1.3mg
ビタミンB10.19mg2.1mg
カリウム980mgたんぱく質3.1g

他にも色々ありますが、省略します。

ビタミンCとEがとれるイメージないですよね。

実際には豊富に入っています。

干し芋が乾燥肌におすすめなのは、ビタミンB郡、C、E、鉄分、タンパク質を同時にとれるからです。

干し芋で乾燥肌対策

ビタミンCでコラーゲンの生成を促進。

ビタミンEの抗酸化作用と血行促進効果でお肌を元気に。

鉄分、タンパク質で肌に栄養を届ける。

乾燥肌対策にも、役立ってくれることでしょう。

子どもの体質改善はお風呂も大事

子どもの体質改善。

毎日の食事も大事ですが、おやつの役割は見過ごせません。

砂糖たっぷりのお菓子ばかりではもったいない。

せっかくなので、美味しくて栄養のあるものを食べさせましょう。

干し芋は焼けば甘いので、子どもも大好き。

オーブントースターで焼き方を教えれば、自分で勝手に食べてくれます。

あと、子どもの乾燥肌対策で大事なのはお風呂です。

子どもが1番肌から水分を失うのは、お風呂上がり。

お風呂上がりの数分間でどう保湿するかが、とても大事なのです。

お風呂上がりの乾燥肌対策の詳細は

「小学生の子どもの乾燥肌はお風呂が大事」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA