弓返りさせると矢所がバラバラに乱れるのは偽物だからだった!

弓返りで矢所が乱れる

当ブログでは、たびたび弓道についてお話しています。

今回こんな質問が届きました。

「弓返りさせると、かえって矢所が乱れます。

なぜでしょうか?」

弓返りの良し悪しは的中率に直結する問題です。

弓返りできない人は弓が矢に接触して矢が前に飛びやすく、矢勢が弱くなります。

ところで、弓返りにも2種類あるというのをご存知でしょうか?

今回は弓返りに焦点をあててお話しします。

2種類の弓返りとは?

弓返りで矢所が乱れる。

それは間違った弓返りだからです。

実は弓返りには2種類あります。

・小指を締め続けた結果の弓返り

・手首と握力の力加減による弓返り

私はこのブログで何度も手の内の小指の重要性をお伝えしてきました。

小指を緩めることなく最後まで締め続ければ、自然と正しい弓返りに近づきます。

しかし、単に「弓を回すだけ」ならもっと手っ取り早い方法があります。

手先が器用な人は、力加減を調整して弓返りさせたくなるのです。

それこそが手首と握力の力加減による弓返り。

的中率が4割~6割を行ったり来たりしている人に多いように思います。

迷う人

この弓返り、やってる本人は気持ちいいのです。

離れの瞬間に手の内の力みを解放。

弓の力に逆らわない離れが完成する…気がします(気がするだけ)。

満足感はあるのですが問題があります。

この弓返りの最大の弱点は安定性に欠けること。

・離れの瞬間に手の内を緩める

・手の中で弓を回転させ、手首を弓の回転方向に振る

・矢が狙いから外れないように制御

・弓が落ちないようにキャッチ

このような複雑なことを一瞬で同時にしなければいけません。

これで10割中たるなら神業です。

神様

手首を振ったり手の内を緩めるということは、一瞬とは言え弓から手を離している状態です。

離れで弓から手を離して安定するでしょうか?

皆中のあと、残念や1中が出てしまう人はこのタイプの可能性が高いですね。

1日の中で好調・不調の波があるなら改善が必要です。

中指で弓を握ると失敗する

あなたは手の内を作ったあと、どこに力を入れていますか?

中指にギューッと力が入る人は間違っています。

弓返りで矢所が乱れる

手を見てください。

中指や薬指にマメができていないでしょうか?

中指で弓を握ると、正しい弓返りはできません。

こんなデメリットがあります。

・打ち起こしや引き分け中に弓がずれる

・離れで手の内の力を抜かないと弓が回転しない

中指で弓を握ってしまうと、どんなに力を込めても弓がズレてしまいます。

こうなると弓返りしません。

手の内を作る時、弓を斜めから握りますよね。

これは弓に捻りの力を加えて自然と回転させるためです。

弓道の手の内で親指が曲がる

射の途中でズレれば回転力は生まれず、弦は顔や腕に向かって戻ります。

弓が回転しなければ、離れの瞬間に矢と接触して前に飛びます。

そこで本能的に手首や力加減を調整して、回転力を作ろうとするのです。

これではいつまで経っても上達しません。

小指を締めると良いこといっぱい

正しい弓返りを実現するために重要なのが小指の締めです。

私は上押しよりも大事だと思っています。

弓道の弓返りと小指

手の内を作ったら小指だけに集中してもいいぐらいです。

残身まで小指を締め続けること。

これができれば弓に自然と捻りの力が加わるので、余計なことをしなくても矢所が安定してくるはずです。

他にも小指を締めると良いことがたくさんあるんですよ。

・手の内の余計な力みが減る

・虎の口の負担が減る

・下筋を伸ばす感覚が分かる

中指に力を入れて握ると、どうしても意識は虎の口で押すことに集中してしまいます。

1点で弓の力を押し返すのは大きな負担です。

小指を締めれば、虎の口と小指で弓を支える感覚が生まれます。

弓の力を自然な形で受けとめ、押し返せるので痛みや疲れが軽減するんですよ。

さらに、小指を締めれば下筋を意識しやすくなります。

すぐには無理でも、練習を繰り返せば「下筋で引く」感覚が徐々に増してくるはずです。

下筋で引く

だからこそ、私は手の内の小指の締めを重視しています。

器用貧乏を卒業しよう

いかがでしょうか。

弓返りについて思い当たることがあるなら、さっそく手の内から意識を変えてください。

小指だけに集中すれば徐々に変わるはずです。

ここで最後に一つだけ注意点があります。

手首を振るのが癖になっているかもしれませんが、我慢しようとか考えないでください。

離れで「何かしよう」とすると、どこかに歪みが出ますよ。

なぜなら離れは意図して行うものではなく「結果的にそうなる」ものです。

離れで悪い癖が出るなら、原因はその前段階までにあります。

足踏みから一つ一つ見直すことが、結果的に離れの改善につながっていきます。

離れだけを意識して悩んでも無駄です。

今回の手首を振ってしまうという点を直したいなら小指を最後まで意識すること。

やるべきことは案外シンプルなものです。

>>弓道の記録はどうしてる?

矢所が定まらないのはなぜ?弓道をレベルアップしたい人へ

的

昨日このブログを見てくださった方から、こんな質問が届きました。

「私は矢所がバラバラです。

射会では12射3中したら良い方です…

せめて5割は中てたい。」

矢所が定まれば、自分の射の欠点が見えやすくなります。

ところが毎回バラバラの方向に行ってしまうと、どうしたらいいのか分からなくなりますよね。

今回は、矢所が定まらない3大原因についてお話します。

原因①角見の甘さ

矢所が定まらないのはなぜか?

原因の8割は手の内にあります。

和弓は構造的に離れで回転(捻り)しないと弓と矢が接触してしまいます。

そうなると、どんなに綺麗な射型でも安定しません。

弓道で6時に外す

逆に言えば、どんなに下手な射でも角見さえできれば矢所は定まります。

肘が回ってなくても、口割りが5センチぐらい離れていてもです。

矢所が定まらない人は、まず手の内の改善が最優先。

腕や顔をうつこともなくなるし、これだけで的中率が5割に達する人もいるほど重要ポイントですよ。

角見というと、親指で弓をひねるように押し込むイメージをする人がいますが間違いです。

弓に捻り(回転)の力を与えるのは小指の締めです。

弓道の手の内で親指が曲がる

手の内を作る時、腕・弓・弦が正三角形になるようにセットしますよね。

この状態をキープできれば自然と弓に回転しようとする力が生まれます。

ところが、小指の締めを忘れると徐々に弓が手の中でズレてしまう…

いつの間にか真正面から握っている状態になるのです。

こうなると、弓返りなんて夢のまた夢。

矢は飛んだ瞬間に弓と接触し、どこに飛ぶかは運次第です。

以前「手の内で親指が曲がる原因」でもお話しましたが、小指の締めは離れまで意識し続けてください。

大三で小指の締めを考えたことはありますか?

引き分け中、小指の締めを忘れていませんか?

会に入ったとき、手の内を意識したことはありますか?

小指の締めが抜ければ、どんな達人も的中率は激減します。

特に的中率が5割を切っている人は絶対に忘れないでください。

原因②大三で休んでいる

小指の締めができれば矢所は定まると思います。

ただ、それだけが原因ではありません。

2つ目の原因は、大三で休んでいることです。

言い換えると、あなたの射法八節が大三で途切れている。

どういうことでしょうか?

打ち起こしをすると、どうしても肩が上がりやすいですよね。

大三で息を吐いて、肩を落とすという人も多いと思います。

遠的と近的

実はここに落とし穴があるのです。

肩を落とすのは良いのですが、同時に休んでいませんか?

大三で休んでいる暇はありませんよ。

八節という言葉で誤解しやすいのですが、射法八節はバラバラの「8つの動作」ではありません。

全ての動作はつながっているし、流れが止まることはありません。

一息ついて肩を落とす瞬間も、本人にしか分からないぐらい小さく押し広げ続けなくてはいけません。

止まっているように見えても、足踏みから残身まで「一つの流れ」です。

休むと取り戻せないことっていっぱいあるんですよ。

先ほど話した手の内もそうです。

手の内は作って終わりではありません。

大三でも小指の締めは外せないし、引き分けを始めても意識し続けなければいけません。

特に会で肩が上がりやすい人は、大三で押し開く動きが止まっている可能性大。

自分だけが分かるぐらい少しずつ、ジワーっと押し返しながら自然な流れで引き分けにつなげることが大事です。

原因③弓に負けている

小指の締め・大三についてお話しました。

最後の原因は、弓に負けていることです。

大きく引けない人や、会で縮みやすい人は矢所が不安定な傾向があります。

射が小さい人や会で縮みやすい人は、引き分けの過程で不自然な動きをしています。

特に右手を早くから顔に引きつけて下ろしている人が多いですね。

これでは大きく引けません。

会で縮みやすい人は、右手を体に引きつけてから器用に修正して会まで持っていったことが原因です。

誤魔化した分の矢尺だけ、会で縮んで戻っていると言えばいいのでしょうか。

引き分けで右手が体に近すぎる場所を通ると、歪みが出てきます。

心当たりはありますでしょうか?

さらに詳しく知りたい人は「会が縮む人へ」をご覧ください。

5割はすぐに達成できる

いかがでしょうか。

3つの原因に触れましたが、矢所が定まらない理由の大部分は角見の甘さです。

手の内の小指の締めが離れまでに一瞬でも途切れるとダメです。

矢所をまとめたいなら十分に意識してください。

小指の締めができるようになれば、前に外すことはほぼ無くなりますよ。

これだけでも的中率が大きく変わると思いませんか?

弓道

多少肘が回ってなくても5割ぐらいの的中率は達成できます。

小指の締めはあなたが意識するかどうかです。

頑張ってくださいね。

ただし、手が小さい人は苦労するかもしれません。

その場合は「手の小さい人の手の内」をご覧ください。

弓道で下に飛ぶ3つの原因【矢どころが6時に集まる人へ】

矢が6時に外れる

当ブログでは弓道の話をすることがよくあります。

過去の話を読んでくれた方からご質問が届きました。

「6時に外すことがよくあります。なぜでしょうか?」

今回は矢所が下に行きやすい人に向けて、原因を解説いたします。

狙いをきっちり定めているか?

弓道で矢が下に飛ぶ

私は矢所の話をするとき、必ず最初に狙いについて確認します。

狙いが狂っていれば、どんな完璧な射型でも中りません。

ところが弓道では狙いを軽視している人が多すぎるように思います。

特に上下の狙いについては、感覚だけを頼りにしている人がほとんどです。

あなたは狙いをどうやってつけていますか?

もし感覚だけで上下の狙いを合わせているなら、損していますよ。

人の感覚というのは実に曖昧です。

体調、気温、精神状態に大きく影響を受けます。

会場が変わった途端に感覚が狂うこともあるのです。

それぐらい、人の感覚は移り変わるもの。

絶対の感覚というものはありません。

まずは厳密に狙いを定めてください。

そこが第一歩です。

上下の狙いを合わせるなら、的の中心よりも的の下側で合わせるのが効果的です。

籐の溝や手のしわなど、きっちりと合わせるポイントを見つけてください。

なお、狙いは一度定めたら永遠に同じではありません。

私たちの体力や射型、気温などは毎日変化します。

私たちが変化するなら狙いも変化して当然。

狙いを微修正するのは必要なことです。

この作業を「あて射だ」と言う人もいますが、それは間違いです。

あて射とは、的中を気にして自分の射を見失った状態。

狙いを定めることと、あて射は全く別物です。

6時に集まる原因が何であれ、狙いを修正すれば一定期間は矢所を上げることができるでしょう。

狙いを修正してもすぐに6時に集まるなら、次の原因を確認する作業に移ります。

失速して下に落ちる人の原因

矢が下に飛ぶ、6時に集まると言っても原因は一つではありません。

狙いを修正したら、次は矢飛びに注目します。

矢が失速するように落ちていませんか?

もし矢が失速しているなら、原因は手の内です。

弓道で6時に外す

矢が失速する原因は、離れで弓が回転しないことが原因です。

弓道の弓って、四角いですよね。

弓が回転しないと飛び始めた矢に接触して邪魔してしまい、失速します。

前に外すのも弓が矢の進路を妨害するのが原因です。

根本的には同じですね。

角見を利かせるためには、押手の小指の締めが大事です。

手の内で親指が曲がる

このブログを何度か読んでくれた人は「また言ってる」と思うかもしれません。

でもあえて言います、小指の締めは的中率に直結します。

一瞬でも緩めば的中率はガタ落ち。

小指の締めから意識を外したら負けぐらいの気持ちでやってください。

小指の締めについては「手の内で親指が曲がる人へ」で詳しくお話していますので、そちらもご覧ください。

射が窮屈になっている

狙い・手の内の小指の締め。

2つの原因についてお話しましたが、次が最後です。

3つ目の原因は「射がいつもより窮屈になっている」ことです。

大きく引ける人、引けない人…色々いますが、射の引き幅は一定ではありません。

同じ人でも、日によって引き幅が変化してしまうことがあるのです。

特に離れを意識した練習をすると、射が普段より小さくなりやすい傾向があります。

普段から射が大きい人でも「いつもより小さい」と矢が下に行きやすくなりますよ。

ここで大事なのは引き分けです。

弓道で矢が下に落ちる

特に引き分けの開始直後が肝心。

引き分けの始動で勝手を引きつけると失敗します。

以前「背中で引く方法を意識すると危険」という話をしましたが、引き分けで勝手が体の近くを通ると小さく・窮屈な射になります。

特に肩が上がりやすい人は、窮屈な引き分けになっている可能性が高いので要注意。

勝手が遠回りしすぎてもダメですが、矢が6時に集まりだしたら意識してみてください。

押手が下にブレるのは結果論

矢が6時に集まるという相談をすると、こう言われることがよくあります。

「離れで押手が下がるから下に落ちるんだ」

押手は矢の発射台。

押手が下がれば矢が下に行きやすい…という話ですね。

押手が下に下がる

これ、間違いではないのですが「原因」ではありません。

原因ではなく「結果論」と言ったほうが正しいでしょう。

離れの瞬間の押手の動きは会に入るまでに決まっているのです。

そもそも私たちは離れた直後の動きを意識して制御できません。

「下げるな」と言われても、原因を解消しないと絶対に下がります。

押手が下がる原因とは何か?

これも引き分け開始直後を直す必要があります。

意識することは一つです。

・引き分け中の押手の軌道は矢に沿うように意識する

先ほど勝手を引きつけるとダメだと言いましたが、押手も同じです。

弓道

大三から引き分けに移るとき、押手も勝手も矢に沿って動かすのが基本。

できていない人がとても多いです。

急激に押手が肩のラインまで動く人、蛇行する人…色々と癖が出るものです。

矢に沿って引き分けを始めれば、押手も勝手も自然と正しい位置に収まりますよ。

まずは狙いを意識

いかがでしょうか。

矢所が6時に集まる人はチャンスです。

解決できれば、一気に的中率が向上することでしょう。

引き分けの改善は時間がかかりますが、狙いや手の内の小指の締めは意識すればすぐです。

研究してみてくださいね。

>>弓道の自主練って何をすればいいの?

矢所が左上に集まる原因【胴造りで狙いが狂う】

弓道の矢所

弓道をやっていると、なぜか一箇所に矢所が集まり始めることがありますよねえ。

矢所が定まってくるのは良いんですが、的の外に集まるのは修正したい。

今回は、矢所が左上に集まってしまったときにどうすれば直ったか、私の体験談をお話します。

ある日突然、左上に集まり始めた

弓道と矢所

私の矢所は、どちらかというと12時に外すことが多かったのですが、

ある時、左上に集まり始めたことがありました。

気を抜くとすぐに左上に行ってしまうんです。

弓道してる時に気を抜くな!っていうツッコミが聞こえてきそうですが(笑)

弓道を始めて、1年ちょっと経った頃だったと思います。

とにかく、普段あまり経験がない矢所なので戸惑ったのを覚えています。

諦めて棒立ちになったら直った

3日間、何度も練習して修正しようとしたんですが、なかなか直らない。

狙いを変えるのも気持ち悪いし、どうすればいいのか分からなくなりました。

弓道の体配

3日目の練習終盤で、半ばヤケクソになった私は胴造りも何もせず、

ただ棒立ちで手だけ動かして一射してみたんです。

足踏み

そしたら、スーッと的に吸い込まれていくではありませんか。

一生懸命引いてるときには左上に行くのに、

棒立ちで胴造りできていない状態のときに直ったんです。

不思議ですよね。

何か原因があるはずだと思った私は、胴造りに注目しました。

反り胴は狙いが狂う

試行錯誤した苦労話は割愛します。

結論から言うと、胴造りが普段より反っているとき左上に外すことが分かりました。

胴造りの狂いは、狙いのズレに直結している。

この時、私はようやく気づいたんです。

目では同じ狙いに見えているんですが、

胴造りがいつもより反っていると自動的に左上に狙いがズレるようです。

一度、わざと反った状態で射ってみたので間違いありません(笑)

この現象は割り箸2本でも再現できるのでやってみてくださいね。

割り箸を弓と矢に見立てて、狙いを定めたあと弓(割り箸)を左に傾けると狙いがズレます。

単純な理屈ですが、一生懸命やっている本人は気づきにくいです。

胴造りが苦手な人へ

胴造りが歪んでしまう人って多いですよね。

反ってしまったり、腰だけ突き出て逆S字になっている人とか…

そういう人は、一度棒立ちで手だけ動かして弓を引いてみることをおすすめします。

何なら、足踏みもしなくても構いません。

弓道を続けていると、自分なりに「次はこう動くべきだ」というものができてきますよね。

それが間違っていて胴造りが歪んでいる場合があるんです。

例えば、胸を開こうと意識すると反ってしまうことが多いです。

弓の中に入るという思いが、反る結果につながることがあります。

何か癖を直すときは、普段意識していることを全部やめてみて、

一度無茶苦茶な素人の射をしてみるのもいい経験になると思います。

私は高校生のときは不真面目な弓道家だったので、

座って射ってみたり、足をクロスして射ってみたり、色んなことをしました。

でも、こういう遊びからスランプ脱出につながったことが何度もあります。

みんなも、隠れてこういう遊びやってるんですよね?

きっと私だけじゃないはず^^;

>>弓道が上達しない人へ!見直し力を鍛える

掃き矢で弓道が楽しくなくなった【原因は上押しの思い込み】

掃き矢

弓道を続けていると、山あり谷ありですよねえ。

私はある日突然、掃き矢に悩まされたことがあります。

それは高校3年生に進級する直前の春休み。

春合宿で小豆島に行ったときに起こりました。

小豆島

前日まで7割以上中っていたのに、合宿先についた途端に掃き矢連発です。

自分の意志で離れているのに、暴発したような状態で矢が飛んでいきます。

離れた瞬間に羽が散っていたので、矢が弦から外れてしまっていたのでしょうね。

楽しいはずの合宿が、矢がボロボロになるだけの合宿になってしまいました。

ビクビクしながら離れる毎日

春合宿で突然の掃き矢(暴発気味)を経験してから、普段の部活に戻っても20射に1射くらいの割合で掃き矢が出るようになりました。

掃き矢

普通の掃き矢ならまだ良いんですが、暴発気味に「ガッシャーン!」と変な音を出しながら、羽を撒き散らして飛んで行くんです。

矢の羽

毎回、離れをするときにはビクビクしていました。

先生や部活仲間から言われたのは「上離れ」になっているということ。

離れた後、右手が矢の延長線上より上に弧を描くように離れていました。

上押しが正しいという思い込みが原因だった

来る日も来る日も離れを直すことに集中していたんですが、一向に改善の兆しがない。

だんたんと弓道が楽しくなくなってきたので、ある時、自暴自棄になって射法八節を無視して本能のままに弓を引きました(笑)

手の内を作る→目の高さまで矢を上げる→いきなり会に入るっていう荒っぽい引き方です。

先生に見つかったら絶対に怒られます^^;

5射くらいしたんですけど、これが意外とシックリきたんです。

ずっとモヤモヤした違和感を抱えていたのが消えました。

この時私は、「正しいと思ってやっていることの中に間違いがある」と気付きました。

弓道の足踏みの広さ

あれこれ試しているうちに、手の内をベタ押し気味にすると離れの違和感がなくなることに気づきました。

後から分かったことですが、当時の私は上押しがキツすぎたために斜め下に押していて、逆に右手は斜め上に引っ張るような状態になっていたんです。

下に押していたのでバランスをとるために、右手が自然とそうなっていたんですね。

当然、この状態で離れると右手は上離れになります。

そして、離れが引っかかって変なことになっていたんです。

このことに気づいてから、暴発気味の掃き矢はパッタリとなくなりました。

自分では正しく押しているつもりが、実は間違っていた。

弓道はこういうことがあるから難しいんですよねえ。

 
>>中たる人と中らない人の違いとは?

的の左下に外れる原因【弓道で多いお悩み】<引き分けを見直す>」

弓道で日々練習していると、

矢所が定まってきますね。

上達してきた証拠ですが、

的に中らないのは気持ち悪いもの。

今回は、的の左下に外すことが多い人の原因を解説します。

引き分けの過程が肘の位置を決める

的の左下に外れることが多い人は、

会のときに肘が高めで、

後ろに回っていないことがほとんどです。

この射型になってしまう原因は、

引き分けのイメージが間違っていることにあります。

弓道で矢が下に落ちる

的の左下に外す人は、引き分けを開始した瞬間から右手を顔に引きつけたり、右手を真下に下ろす動作をしています。

引き分けの瞬間は、あくまでも矢に沿って引く。

目の高さに矢がくるまでは、

右手は体に近づくことはありません。

また、右手が真下に動く瞬間もありません。

引き分け開始から矢が目の高さにくるまでは

左右の手は矢に沿って開いていきます。

矢が目の高さに降りてくるまでに十分に引けていないと、

左下に外す射型が完成してしまいます。

弓道は引っ張ってはいけないという意識が強すぎて、

本来引かなければならない矢幅に達していないのです。

矢に沿って引き分けているか、

確認してみてくださいね。

弓道で的の12時に外れる原因【中らないときのチェックポイント】

弓道で的中率が上がってくると、

的の12時に外すことが多くなってきます。

左右のブレはないので最初はあまり気にならないのですが、

キッチリ修正せずにいると

好調と不調の波が大きくなってしまいます。

チェック① 狙いの確認

まず初めに確認するのは狙いです。

12時に外れ始めたときにまず、真っ先に確認してください。

的中率が上がってくると、

狙いを感覚的に定める人が増えてきます。

細かく狙わずとも、会に入れば自然と定まる…

こういうと聞こえはいいし理想的な射型に思えますが、

これは勘違いです。

この状態は自分に酔っているだけ、

もっと言えば、無自覚な「あて射」です。

自分自身の射の状態、狙い、全てを冷静に見極めて全ての準備が整い充実したときに離れる。

狙いを疎かにすると、

調子が悪くなってきたとき射型を不必要にいじって

収拾がつかなくなります。

また、狙いをぼんやり定めることは早気につながります。

12時に外れ始めたら、

まず狙いを確認しましょう。

狙いを変えても的の上に外す場合は、

次のステップに進みます。

チェック② 引き分けの押す方向を確認

12時に外す原因で多いのが、

引き分けの過程で左手の押し方が悪いこと。

押し手先行で引き分けますが、

大三から口割に下ろす過程で左手で斜め下に押すクセがある人がいます。

斜め下に押し続けて会を迎えてしまうと、

離れの瞬間に反動で左手が上に跳ねてしまうのです。

弓道は確かに押しが大事ですが、

下に向かって押さえつけるものではありません。

このような傾向に心当たりがある人は一度考え方を変えましょう。

引き分けの過程で、左手は弓の力を真っ直ぐ受け止める。

弓の力に負けない程度でいいんです。

このことだけを意識してください。

チェック③ 下離れ

最後に、離れの際の右手を確認します。

離れの瞬間に右手が肩よりも下に向かって離れてしまう場合、矢は上に浮きやすくなります。

離れを直すには、取懸けの見直しが重要です。

離れの不具合のほとんどが、

取懸けの時に親指を弓の中に入れすぎていたり、

右手に不必要な力が入っています。

取懸けは好調不調に関わらず、

毎日一度は点検してください。

外し方を意識すると上達が早まる

弓道は、結果が素直に出やすい性質があります。

矢は正直です。

矢飛びがふらついているときは小手先が悪さをしているし、

12時に外れるときには、外れる原因が必ずあります。

12時に外すようになった人は、

的中率がグッと上がるチャンスの時期です。

冷静に自分の射型と向き合って、

考える弓道を実践しましょう。