ゴルフで雨の日グリップが滑らない方法【吸水セームタオルで雨対策】

今日こそはいいスコアでまわるぞ!

でも、外はあいにくの雨…

暗雲

雨の日ってグリップが滑るので、ゴルフにとっては天敵ですよねえ。

今回は、プロもやっているグリップが滑らなくなる方法をご紹介します。

セームタオルでグリップと手袋の水分を吸い取る

セームタオルって知ってますか?

水泳やダイビング、サーフィンなどをする人はみんな持っている吸水性が非常に高いタオルなんです。

吸水力は動画を見てもらえばわかります。

これ、ゴルフでもすごく役に立つんですよ。

ハンドタオルサイズで十分に、グリップや手袋の水分を拭き取れるんです。

ポケットにセームタオルを入れておいて、打つ直前にグリップと手袋を上からおさえるように拭くと、全く滑らないです。

普通のタオルやハンカチでは、拭いても完全には水気はとれないですよね。

感覚的には倍以上、水分を取り除けますよ。

雨の日に手袋を何回か交換する必要もなし。

ササッと拭くだけでベストな状態にもっていけます。

ゴルフクラブの手入れにも使える

セームタオルはクラブの手入れにも使えます。

ラウンドすると、雨に濡れたり、湿った芝生の上にクラブを置いたりするので水分がつきますよね。

普通のタオルでは拭い切れない水分も、セームタオルなら一瞬です。

セームタオル

私はいつも雨の日のラウンドの後は、セームタオルでクラブを拭いて、キャディバッグもササッと拭いて水分を飛ばします。

土砂降りの中のラウンドでも、次の日には何事もなかったような状態になりますよ。

ゴルフ旅行で何日か続けてラウンドするときには、かなり重宝しました。

これでドライバーが飛べば完璧

グリップが滑る問題が解消したら、あとは実力アップだけ。

でも、飛距離だけはなかなか伸びませんよね。

うちの父親は、還暦になってから30ヤード飛距離が伸びましたよ。

高反発ドライバーのおかげなんですけどね。

ルール適合ではないので公式大会では使えませんが、父は楽しそうです。

やっぱりゴルフは飛ぶと楽しい。

これは本能ですね。

父が使ったドライバーの詳細については「高反発ドライバーの試打・口コミ」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA