自転車で帽子が飛ばない方法【裏ワザと便利グッズでお洒落に紫外線対策】

自転車でお出かけするのって楽しいですよねえ。

風を全身で感じながら、のんびりサイクリング…贅沢です♪

でも、一つ小さな不満があります。

紫外線対策で帽子をかぶりたいんですけど、普通の帽子だと飛んじゃうんですよね。

お気に入りのお洒落な帽子ほど、飛びやすい気がします。

今回は、自転車で帽子が飛ばない方法をご紹介します。

さらに、帽子なしでできる紫外線対策についてもコッソリ教えます♪

帽子が風で飛ぶ理由

そもそも、なんで帽子は風で飛んでしまうのか。

その理由は、帽子と頭の間に隙間があるからなんです。

一度、いつもの帽子をかぶってみてください。

サイズがぴったりの帽子でも、額側に指を入れてみると隙間があると思います。

帽子は構造上、どうしても額側に隙間ができやすいんです。

額側に隙間があると、帽子のつばの下から風が入り込んで、帽子が飛んでしまうんです。

キャップ帽子を前後逆にかぶると飛びにくいのは、額側に隙間ができないからです。

帽子を前後逆にかぶる

帽子が飛びにくくなる裏ワザ

帽子を飛びにくくしたいなら、額側にできる隙間を埋めてあげればいいんです。

方法は簡単。

帽子を被ってから、隙間にスポンジかキッチンペーパーをつめていくだけ!

隙間さえ埋まれば、案外飛ばないんですよ。

ただしこの方法は、人前で帽子を取るのが恥ずかしいという弱点があります(笑)

クリップ式ひも 帽子とばーず

もっとスマートに、今持っている帽子を飛ばないようにしたい。

それならクリップで帽子を挟んで、顎下のひもで固定するグッズが便利です。

帽子をクリップで飛ばさない

今は、「帽子とばーず」を使ってますが耐久性はいいですね。

もう半年近く毎日使ってますが問題ないです。

ちょっと紐が固めに感じるかもしれません。

でも、自転車に乗っているときの強烈な風に耐えるには、これぐらい必要なのでしょう。

使っているうちに、すぐ慣れました。

帽子なしで紫外線対策できるって知ってますか?

私はサイクリングが大好きです。

でも、帽子をかぶると爽快感が半減すると思いませんか?

どうしても蒸れるし、髪型も崩れます。

帽子なしなら、爽やかな風がサラサラっと髪の間を流れて気持ちいいのに!

汗をかく人

そんなある日。

私はこんなものを見つけました。

「日焼け止めサプリ」と言われる、内側から紫外線対策するサプリメント。

最近商品がどんどん増えているんですって。

あなたの周りに、あまり紫外線対策してないのに美肌の人っていませんか?

その人とあなたの違いは、体が本来持っている紫外線への抵抗力や回復力の差

同じ量の紫外線を浴びても、体への影響が全然違うのです。

汗をかくと顔がヒリヒリする

たぶん、日焼け止めサプリって私のように面倒くさがり屋のために作られたんでしょうね。

「本当は帽子なんてかぶりたくないけど、紫外線は怖い!」

日傘+日焼け止め+帽子で徹底ガードする時代は終わったのかもしれません。

これからは帽子なしで手軽に紫外線対策できる時代です。

いい時代になったなあ♪

オールインワン日傘サプリ【リブランコート】の詳細はこちら

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA