自由研究のネタ【簡単でオリジナルティがあるネタとは】

そろそろ夏休みの自由研究しないとなあ…

いろんなサイトを見たけど、ピンとくるネタがないなあ…

今、このブログを見ている人は

こんな風に思っている人が多いのではないでしょうか。

自由研究って、理科の実験みたいなものが多いですよね。

でも、興味が無い実験を書いてある通りにやっても面白くない。

だったら、身の回りのことをテーマにしてはどうでしょうか?

生活のことでも、立派な自由研究ができるんですよ。

例:なぜ部屋が散らかるのかを研究してみる

よく親から「片付けなさい」「掃除するまで遊んじゃダメ!」

なんて言われませんか?

でも、「なんでこんなに散らかるの?原因は?」

なんて言われたことはないですよね。

これって、研究テーマとしてすごく面白いと思いませんか?

以下ではレポート風に、「なぜ部屋が散らかるのか」を自由研究してみたいと思います。

自由研究レポート

◆研究の動機◆

私はよく親から「部屋を片付けなさい」と言われます。

自分では散らかしているつもりはないのに、

気がつくと部屋が散らかっています。

なんで散らかってしまうか原因が分かれば

面倒な掃除を楽にできるのにと思いました。

◆研究の目的◆

なぜ部屋が散らかってしまうのか原因を明らかにして

部屋が散らかるのを防ぐ。

◆準備したもの◆

デジタルカメラ(スマホのカメラも可)

筆記用具

メモ

まずはじめに部屋をきれいに掃除しました。

それから毎日1回部屋の様子を撮影します。

部屋が散らかっていく過程を撮影し、

何が散らかっているのかを明らかにし、

予防方法を考察します。

◆8月10日(1日目)◆

部屋の様子

まだ片付けたばかりなので綺麗です。

◆8月11日(2日目)◆

◆8月12日(3日目)◆

◆8月17日(最終日)◆

部屋が散らかった様子

すっかり散らかってしまいました。

散らかっているのは、漫画、ゲーム、プリントです。

洋服も脱ぎっぱなしで散らかっています。

◆結果および考察◆

散らかっているものは、

漫画やゲーム、プリント、洋服がほとんどでした。

毎日の写真を見ていると、「また使うから」と言って

とりあえず放置しているものが

徐々にたまっていき、部屋が散らかっていることが分かりました。

このことから、使ったあと元の場所に戻せば散らかりませんが、

私には難しいと感じました。

そこで、元の場所に戻すのではなく、大きな箱を用意して

とりあえず全部そこに入れてしまう方法を実践してみました。

◆考察したことを再実験◆

8月24日(再実験開始1週間後)

部屋が片付いた様子

大きな箱を用意して、

とりあえず箱に放り込んでみたところ、

一週間後の散らかり具合がかなり改善されました。

ゲームも漫画も洋服も全て同じところに入れるだけなので、

私でも続けることができました。

1週間後、箱がいっぱいになったので

箱の中身を元の場所に戻すことが必要ですが、

部屋のあちこちにものが散乱するよりは掃除が楽でした。

このことから、今回の試みは今後も続けていけると判断しました。

◆参考文献◆

なし

どんなネタも研究材料になる

いかがでしたか?

今回、まず部屋の散らかる過程を記録して、

その結果から改善方法を検討し、

実際に改善方法を実践してみる。

「こんなものが散らかってました」で終わらずに、

改善方法を考え、実証することがポイントです。

この研究のいいところは材料がいらないこと。

そして研究によって部屋が綺麗になることです。

自由研究のテーマが理科に限られていないなら、

こういう生活研究はオリジナルティがあって面白いですよ。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA