猫がホットカーペットに爪とぎして困っている人へ!2つの解決策を提案

猫がホットカーペットで爪とぎして、困っていませんか?

下手すると断線によって感電したり、火災の原因になるので無視はできません。

対策が必須です。

そこで今回は、2つの解決策を紹介します。

スポンサーリンク

2つの解決策とは

ホットカーペットで猫が爪とぎ

私が紹介したい解決策は、この2つです。

・フローリング調ホットカーペットを使う

・上に何か敷く

根本的に爪とぎを予防したい人には、フローリング調(木目調)のホットカーペットがおすすめ。

表面がツルッとしているせいなのか、爪とぎしなくなることが多いのです。

感触の差は大きいようですよ。

フローリング調ホットカーペットの長所は、爪とぎ予防だけではありません。

撥水性が高いものが多いので、上で粗相しても拭き取れるんです。

ホコリや毛も付きにくいし、一石二鳥。

今使っているホットカーペットが数年前のものなら、これを機に買い直すのもありだと思います。

もうひとつの、上に何か敷く。

すでにやっているご家庭も多いと思います。

のちほど、毎年使い捨てする前提で使えるホットカーペット対応のカーペットをご紹介します。

おすすめのフローリング調ホットカーペット

猫がホットカーペットに爪とぎして困っている人へ

フローリング調のホットカーペットって、値段が高いものが多いです。

その中でも安いものを発見したので紹介しますね。

こちらです。

Sugiyama ホットテーブルマット NA-171TM

サイズは、60×110cmのコンパクトサイズ。

表面はビニール加工してあるから、上で猫が粗相しても拭き取れば綺麗になります。

表面温度は45℃。

温度調整はできませんが、このぐらいの温かさなら猫が低温火傷する心配もないでしょう。

ちなみに、電気代は1時間あたり1.5円前後。

ホットカーペットとしては、まずまずです。

値段が多少高くても良いなら、パナソニック製の木目調ホットカーペットもおすすめ。

自動電源OFF機能や省エネモードが使えます。

上に敷くなら消耗品と割り切って

猫がホットカーペットで爪とぎする

今使っているホットカーペットを活かしたい人は、上に何か敷くしかありません。

おすすめは、安いホットカーペット対応のカーペット。

消耗品と割り切って、1シーズンで使い捨てするつもりで使えるものが良いです。

例えばこちら。

抗菌防臭 洗える カーペット 1畳『 WSセリゼ 』【IT-tm】約92×185cm ブラウン(#9810229) ホットカーペット対応

このマットは、ホットカーペットの上に敷く前提なのか薄めの生地です。

値段は2018年11月時点で1,700円前後でした。

フカフカ感よりも手触りを重視したのでしょう。

フローリングに直接敷くと固い感じがしますが、肌触りはサラサラして気持ちいです。

薄いですが生地の強さ自体はなかなかのものです。

猫が爪とぎしても、1シーズンぐらいならホットカーペットを守ってくれます。

抗菌防臭加工がしてあるのも嬉しいポイント。

ホットカーペット火災の実情

猫がホットカーペットで爪とぎすると火災の原因に

2つの解決策を紹介したところですが、少し真面目な話をしておきたいと思います。

ホットカーペットが原因の火災って、思った以上に多いのです。

ちょっと古いデータですが、2010年~2014年度の間に全国でホットカーペットによる火災が83件も起こっています。

(独立行政法人「製品評価技術基盤機構」の調査より)

しかも、電気毛布など類似の暖房器具も含めると100件を超えているのです。

これってすごい数字ですよ。

冬の間、ほぼ毎週どこかで火事になっているということですから。

もちろん、全てがペットが原因ではありません。

劣化による断線も相当数ありますが、やはりホットカーペットの安全策は必須です。

ホットカーペットは5年で交換

ホットカーペットの耐用年数は五年

ホットカーペットの耐用年数は思ったよりも短いですよ。

山善やパナソニックなど、主要なメーカーは5年を目安としています。

それ以上はヒーター線が劣化する可能性が高いのです。

劣化したヒーター線は、断線したり接触したりを繰り返すことがあります。

この状態が一番危険。

接触部分から火花が発生して、周囲に燃え移るのです。

ヒーター線の劣化の原因は、外からの重さやヒ部分的な加熱しすぎ。

爪とぎ

折りたたむ

家具を置く

物を落とす

走り回る

これらが何度も繰り返し積み重なると、劣化の原因になります。

特に家具などを上に乗せている人や、使わないときは折りたたんでいる人は要注意。

壊れるまで使うのではなく、数年で買い替えましょう。

放置は絶対ダメ

ホットカーペットで猫が爪とぎするのを予防

いかがでしょうか。

ホットカーペットが原因の火災は毎年起こっています。

どちらの方法でも良いので、必ず対策してくださいね。

個人的にはフローリング調ホットカーペットをおすすめします。

爪とぎ自体を予防できますから。

スポンサーリンク