全身ユニクロで街コンに行くってあり?男の服装の良い例・悪い例

街コンの成功率を左右する服装。

では、全身ユニクロで参加するのは無謀でしょうか。

実は大丈夫なんです。

ポイントは清潔感。

清潔感を出せるコーディネートができるなら、全身ユニクロでもOK。

今回は写真を使いながら、良い例・悪い例を紹介します。

スポンサーリンク

ジャケット中心ならOK

全身ユニクロで街コン

まずは良い事例から紹介します。

全身ユニクロのファッションでも、ジャケット中心のコーデをするなら街コンでも通用します。

例えば写真のようなジャケットとパンツを黒で統一したセットアップコーデ。

全身ユニクロで街コン

ドライジャケット+ドライEXTシャツ+イージーアンクルパンツで、清潔感を意識した組み合わせを作っています。

街コンの王道は、ジャケット。

極端に言えば、ジャケット+シンプルなTシャツを組み合わせるだけでも何とかなります。

ユニクロのジャケットは軽くて着心地が良いものが多いです。

楽に着られますよ。

今回のコーデなら、下はデニムパンツでもOK。

全身ユニクロで街コン

セットアップよりもカジュアルな雰囲気が強まりますが、清潔感は出せます。

「ところで、清潔感ってなんだ?」

イマイチ分からない人は、清潔感=ビジネスの場に合う服装と考えても大丈夫です。

Tシャツの上からジャケットを羽織った男性。

服屋さんとか、デザイン事務所などで見かけることがありますよね。

スーツよりはカジュアルだけど、仕事着として通用します。

きっちり感を足していけば、自然と清潔感を出しやすい服装に近づくことができます。

カジュアル過ぎはNG

全身ユニクロで街コン

次はダメな例です。

街コンや婚活パーティーに限れば、写真のようなカジュアル度100%の服装はNG。

カジュアル要素が強くなるほど、清潔感を出しにくくなります。

特に初対面ので短時間しか話せない街コンでは、イケメン以外は圧倒的に不利です。

カジュアルな服だけで清潔感を出すには、ファッションの知識・テクニックが不可欠。

あなたは自信がありますか?

清潔感を出すならジャケットを着ればいいだけ。

あえて難しい方法を選ぶ必要はありません。

ユニバレに注意

全身ユニクロで街コンに参加するとき、気になるのが「ユニバレ」

つまりユニクロの服だとバレることです。

例えばウルトラライトダウン、フリース、人気のコラボTシャツなどはバレやすいです。

ただし、バレても女子ウケが下がるわけではありません。

清潔感を出せているかのほうが大事です。

さっき紹介したドライEXTシャツもバレやすい服の一つ。

でもジャケットと合わせれば、清潔感が高いのでバレても問題ありません。

全身ユニクロで固めるなら、シンプルな服でまとめるのが良いでしょう。

速乾素材系の服は体型を強調

街コンの冬の服装

ユニクロに限った話ではありませんが、気をつけてほしいことがあります。

あなたの体型と服の相性です。

例えばお腹がぽっこり気味の男性。

ドライEXTシャツのような速乾素材の服だと、フィット感でお腹を強調してしまう可能性があります。

お腹周りが気になる人は、ワッフルTシャツのほうがおすすめです。

お笑い芸人のファッションに注目

いかがでしょうか。

全身ユニクロでもジャケット中心で清潔感を出すなら大丈夫です。

私服でもジャケットを着こなせる大人の男になりましょう。

参考になるのはバラエティ番組。

お笑い芸人の人たちで、ジャケットを着て出演している人に注目してください。

イケメンでなくても、感じが良い服装の人はいるはず。

そういう人を真似するのも手です。

他にも全身コーデが充実した通販サイトを見るのもおすすめ。

スマホで眺めるだけでも参考になるし、気に入った服があればすく買えて便利です。

スポンサーリンク