台風後の海水浴で危険な目にあった【注意点をご紹介】

海水浴を楽しみにしていたのに、台風がやってきた!

なんとか通りすぎてくれたから、さっそう泳ごう!

でも、ちょっと待った!

台風後の海、なめていたら私のように悲惨なことになるかも…

スポンサーリンク

台風後の海の危険① 漂着物が多い

私は台風が通りすぎて翌日に海に行ったんですが、海岸には木の枝や小さなゴミなどが漂着していました。

台風後の海

それでも気にせずに海に入ったのですが、海にも木の枝などが結構浮いてます!

台風後の海

ゴーグルなしだと目に入りそうで怖い…

それに、小さなゴミは間違って飲み込んでしまいそうです。

小さな子を連れて行く時は、台風が通りすぎてから3日はあけたほうがいいですよ。

台風後の海の危険②クラゲが陸にいる

お盆を過ぎると増えるクラゲですが、台風後はさらに多く感じます。

海の中では私も警戒していたんですが、やってしまいました…

なんと、海岸にもクラゲがいたのです。

台風後の海

台風後の荒波で打ち上げられた、おそらくアカクラゲ…

このクラゲに気づかず、上に座ってしまいました^^;

まだ生きていたため見事に刺されて、太ももが大変なことに…

刺されて3日経った時点でも太もも全体が全体的に腫れて辛かったですよ。

触ると熱を持っていて、仕事中も落ち着きません。

まさか陸地で刺されるとは…ビックリです。

台風後の海の危険③波が不規則で荒い

台風後の海

台風通過後の海は、翌日になっても波が高いです。

しかも、波の高さが不規則。

穏やかだと思ったら、急に高波がやってきたりしてビックリします。

大人でも不意に足をとられそうになります。

子どもがいたら目が離せません。

実際、台風後の海で海難事故が毎年起こっています。

台風後の海は決して油断してはいけないのです。

台風後の海は危険性がアップ

いかがでしょうか。

台風後の海は、漂着物やクラゲだけ、波などのリスクが上がっています。

穏やかに見える海でも、急に波が高くなることがあるので油断できません。

台風経過後、3日以内に海水浴場に行くときは十分に注意してください。

特に現地のライフセーバーさんの呼びかけには必ず従うこと。

現地のことを知り尽くしている人の意見は絶対に無視せず、浅瀬で海の雰囲気を楽しみましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA