的の左下に外れる原因【弓道で多いお悩み】<引き分けを見直す>」

弓道で日々練習していると、

矢所が定まってきますね。

上達してきた証拠ですが、

的に中らないのは気持ち悪いもの。

今回は、的の左下に外すことが多い人の原因を解説します。

引き分けの過程が肘の位置を決める

的の左下に外れることが多い人は、

会のときに肘が高めで、

後ろに回っていないことがほとんどです。

この射型になってしまう原因は、

引き分けのイメージが間違っていることにあります。

弓道で矢が下に落ちる

的の左下に外す人は、引き分けを開始した瞬間から右手を顔に引きつけたり、右手を真下に下ろす動作をしています。

引き分けの瞬間は、あくまでも矢に沿って引く。

目の高さに矢がくるまでは、

右手は体に近づくことはありません。

また、右手が真下に動く瞬間もありません。

引き分け開始から矢が目の高さにくるまでは

左右の手は矢に沿って開いていきます。

矢が目の高さに降りてくるまでに十分に引けていないと、

左下に外す射型が完成してしまいます。

弓道は引っ張ってはいけないという意識が強すぎて、

本来引かなければならない矢幅に達していないのです。

矢に沿って引き分けているか、

確認してみてくださいね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA