ビレッタ・ユーティリティ点灯虫モデルの口コミ【軽さと丈夫さの両立】

BRIDGESTONEのビレッタ・ユーティリティ点灯虫モデル。

シンプルだけどスタイリッシュな雰囲気で、人気がありますね。

今回は、ビレッタ・ユーティリティに実際に乗った感想や評判をお話したいと思います。

値段の差はタイヤに出る

自転車の値段は、安ければ1万円前後からありますよね。

BRIDGESTONEの自転車は、そういう自転車よりも高い値段になっています。

安物の自転車と何が違うのか?

一番違いを感じるのは、タイヤの質です。

もちろんフレームやブレーキなどの質も違いますが、値段の差が一番出るのはタイヤだと思います。

ビレッタ・ユーティリティのタイヤ

安物の自転車に使われるタイヤと、BRIDGESTONEのタフロードタイヤ。

同じ条件で使用すれば、寿命は数年かわってきますよ。

普通に街なかを走る場合、最もトラブルが発生しやすいパーツはタイヤです。

だからこそ、タイヤの質にはこだわるべきです。

自転車の画像

タフロードタイヤは、ノーパンクではありません。

でも、安物のノーブランドタイヤと比べると品質の差は歴然。

1年ごとに買い換えるなら安物の自転車でも良いでしょう。

同じ自転車を数年乗りたいと思うなら、質にこだわったほうがいいです。

平均より3kg軽いのは大きい

ママチャリの平均的な重さをご存知でしょうか?

だいたい、20kg前後です。

ビレッタ・ユーティリティは17.2kg。

ママチャリとしては、やや軽いと言えます。

ビレッタ・ユーティリティ点灯虫モデルの口コミ

たった3kgですが、乗り比べると差を感じます。

特に、平坦に見えるけど微妙に上り坂の道路を走ると違いがよく分かりますよ。

安物の重い自転車で走ると疲れます。

ビレッタ・ユーティリティはタイヤの転がりも良いので、数字以上に楽に走れると思います。

意外と役立つ時計一体型ハンドル

ビレッタ・ユーティリティのハンドルは時計一体型です。

ビレッタ・ユーティリティの口コミ

使ったことがない人にとっては「だから何?」と言いたくなるかもしれません。

私も最初、そう思いました。

でも、使ってみると意外と便利です。

特に通勤や通学で自転車から電車に乗り継ぐ人には良いですよ。

信号待ちのとき、いちいちスマホで時間を確認せずに済みます。

時間がすぐ確認できれば、必要以上に焦ることもなくなって余裕がでてきます。

ハンドル自体はアルミ製だから、さびにくいのも嬉しいポイント。

点灯虫は住宅街で威力を発揮

点灯虫モデルを紹介するからには、ライトについて触れないわけにはいきませんね。

ビレッタ・ユーティリティのライト

点灯虫モデルのライトの売りは、広範囲を明るく照らすこと。

安いダイナモライトと比べると視界が全然違います。

住宅街でも暗い場所は多いですよね。

田舎道だと、真っ暗な場所もあるはず。

そういう場所を走ると、前がよく見えるというのは安心です。

黒っぽい服を着た歩行者にもすぐ気づけます。

ちなみに、点灯虫はオートライトです。

薄暗くなれば勝手に点灯するし、ペダルが重くならないのでストレスなし。

これで、車にぶつかられる可能性がだいぶ下がるでしょう。

電池切れもないから、最後まで放置でOK。

とても楽です。

26インチか27インチか迷う人へ

ビレッタ・ユーティリティ点灯虫モデルには、26インチと27インチがあります。

身長が低い人は、どちらが良いか迷うかもしれません。

適正身長を確認してみましょう。

26インチ:身長145cm以上

27インチ:身長150cm以上

26インチも27インチも基本性能は同じです。

26インチのほうが0.4kg軽いですが、乗り心地はほとんど変わりません。

値段は26インチのほうが1,000円ぐらい安いことが多いから、迷うなら26インチでいいと思います。

ただし、通勤・通学で長距離を走る人は27インチがおすすめ。

タイヤの寿命は、接地回数が少ない27インチのほうが有利ですから。

ほんの少しの差ですが…

スピードも確認してみましたが、ほとんど差はありませんでした。

質の良いサドルはホント助かる

最後に、サドルについてもお話します。

ビレッタ・ユーティリティのサドルは、やや平べったいスポーツタイプに近いサドルです。

ビレッタ・ユーティリティの感想

薄いサドルは固そうに見えるかもしれませんが、このサドルは樹脂クッション付き。

適度な柔軟性があります。

サドル下にスプリングもついてるから、乗り心地は良いです。

安物のママチャリでは、こういうサドルはついていません。

質の良いサドルは疲れ安さを大きく左右するので、良いサドルがついてる自転車は嬉しくなります。

地味なポイントですが、毎日乗るものなので要チェックですよ。

【ビレッタ・ユーティリティの最新価格はこちら】

スポンサーリンク