ドローン操縦士に年齢制限はある?業界の実態を聞いてみた

スポンサーリンク

私の友人がフリーターからドローン操縦士に転職しました。

(友人の転職体験談はこちらを参照)

今回は、ドローン操縦士の実態報告シリーズ第3弾。

ドローン操縦士の年齢層の実態について友人に聞いてみました。

30代・40代が中心

転職

ドローン操縦士はまだ発展途上の職業です。

友人にドローン操縦士の年齢層について聞いてみたところ、こんなことを言っていました。

「同業者は30代と40代が多い。

20代は少数派。

50歳以上の人もよく見かけるよ。」

ドローン操縦士はまだまだ新しい仕事です。

そのため、ドローン操縦士には転職組が多く年齢層は高めになっているんですって。

これから転職しようと考えている人は、安心してください。

20代ではないからと言って、仕事がないことはありません。

新卒からドローン操縦士はまだ少数派

ドローン操縦士の業界では、20代の若手は少数派です。

他の業種と違い、新卒からドローン操縦士をめざして就職する人が少ない状態のです。

2020年を過ぎれば若手が増えるという推測もありますが…

しばらくは中途採用者がドローン需要を支えることになりそうです。

宅配サービスにドローンが使われるようになれば、産業界からの需要は高まる一方でしょう。

宅配サービス

この時代に右肩上がりが見込める職業。

なかなか貴重です。

賢い学生さんは、密かにドローン操縦士をめざしているのかもしれません。

求人情報の傾向を見ると…

今回、この記事を書くにあたって求人情報を色々と見てみました。

確かに中途採用の求人情報がたくさん出ています。

気になる年齢についてですが「40歳まで」「45歳まで」が多い印象です。

50歳になると求人数は減ってしまいますね。

(どの仕事でも同じですが)

20代しかダメという求人は少ないです。

ドローン操縦士は需要に比べて供給が追いついていません。

他の業種に比べれば、転職しやすい環境だと思います。

意外と穴場の農薬散布

「50歳以上はドローン操縦士になれないのか?」

いえいえ、そんなことはありません。

今回、求人情報を見て回って気づいたことが2つあります。

・地方の求人は年齢無制限が多い

・空撮よりも農薬散布が年齢制限がゆるい

ドローン操縦士の仕事と言えば空撮です。

都内の求人を見てみると、40代以下の求人が多かったです。

でも、地方に目を向けると事情は変わります。

地方は都内よりも人手不足が深刻なのでしょう。

年齢無制限の求人情報をちょくちょく見かけました。

さらに、農薬散布の求人は年齢制限がゆるい傾向があります。

おそらく、ドローン操縦士は空撮を希望するのでしょう。

農薬散布などの仕事は、目に入らないのかもしれません。

転職したい人には穴場ですよ。

畑

ドローン操縦士の仕事の領域は広がりつつあります。

先入観を捨てれば、穴場の求人はたくさん見つかるのではないでしょうか。

では、ドローン操縦士の求人情報を効率よく探すにはどうしたらいいか。

答えは「ドローン操縦士に転職した友人の体験談」をご覧ください。

スポンサーリンク