ドローン操縦士に転職した友人の体験談【30代・40代以上でもイケるぞ】

昨日、中学時代の友人に10年ぶりに会いました。

そこで面白い話を聞けたのでご紹介します。

この友人の職業は、なんと「ドローン操縦士」。

まだまだ珍しい仕事ですよね。

しかも、友人はドローン操縦士の前はフリーターだったんです。

今回は、この友人のドローン操縦士に転職した体験談をご紹介します。

趣味を仕事に変えた友人

友人がドローンに出会ったのは、28才の頃。

それまでは全くドローンに触ったこともありませんでした。

きっかけは友人のバイト仲間。

ドローンがとても好きで、ドライブのついでにドローンで遊ぼうと誘われたのです。

「暇つぶしになればいいか」

軽い気持ちで出かけた友人でしたが…

これが、見事にハマってしまいました。

ドローン操縦士に転職

ドローンを操縦するワクワク感。

自分が撮影したと思えないぐらいキレイな空撮映像。

すっかり夢中になりました。

そんな友人がドローンに出会って2年後。

友人は一大決心します。

「ドローンを使った仕事に転職しよう」

30才で正社員経験なし。

そんな友人が、転職に向けて動き出したのです。

ドローン操縦士の仕事って?

ドローン操縦士の仕事と言えば、テレビの空撮カメラマンをイメージするかもしれません。

でも、実際にはそれはごく一部。

ドローン操縦士の仕事は、思った以上に多いんですよ。

例えば…

・高速道路の点検

・橋の点検

・測量

・ビルの評価やメンテナンス

・農薬散布

・太陽光パネルの点検保守

・遭難者の捜索

・観光案内

特に最近増えているのが、インフラの点検業務。

ドローン操縦士

友人もインフラの点検業務を中心に求人を探したところ、即採用!

今では正社員として、結構稼いでいるようです。

たまに観光PR動画の撮影など、幅広く活躍しているんですって。

ドローン操縦士は全然足りない

「人手が全然足りない」

友人は、何度もこの言葉を口にしました。

ドローン操縦士って、需要は増えるのに人材はあまり増えていないそうです。

転職したい人には有利な状態ですね。

Youtubeには、こんな動画もありました。

この動画によると、将来的に14万人以上の操縦士が必要になるらしい。

確かに、需要は増えるでしょうね。

例えば高速道路や鉄道の高架などのメンテナンスでドローンを使うと、効率が倍以上になるんですよ。

さらにビルの評価や点検業務も伸びそうです。

ビルを売買する際、資産価値を正確に評価するために劣化箇所を調べる。

外壁の定期点検にドローンを使う。

インフラや建物の点検業務だけでも、使い所はたくさんあるでしょう。

他には物流業務も可能性が高いですね。

宅配サービス、業務用物資の物流も含めれば需要はどこまで広がるか予想がつきません。

ドローンを使う仕事の求人はどうやって探す?

「ドローンを使う仕事の求人って、どう探せばいいの?」

友人に聞いてみると、2つの方法があるそうです。

・個別の求人を随時探す

・ドローン系業務専門の求人サイトを使う

1つ目は、従来の仕事の探し方と同じです。

企業の個別の求人情報の中から、ドローン操縦士を募集しているものを見つける。

ただ、この方法は非効率ですね。

すぐ見つかれば良いですが、運次第です。

ちなみに友人は、2つ目の方法で転職したそうです。

ドローンを使う仕事に特化した求人サイト。

こんなのもあるんですよ。

ドローン系業務専門サイトのメリット

ドローン操縦士

友人に聞いた所、ドローン系業務に特化した転職サイトを利用すると3つのメリットがあるそうです。

・求人をすぐ見つけられる

・現時点でプロとして通用するか相談できる

・ドローン操縦士としての教育プログラム

自力でドローン操縦士に必要な技術を学んだり、イメージに近い仕事を探すのは大変です。

また、ドローンを趣味で触っていても「プロとして」通用するかどうか自信がない人もいると思います。

転職するための不安や足りない技術を補える。

これは大きなメリットかもしれません。

ちなみに、友人が利用したのはスカイエージェントです。

気になる方は、下記公式サイトをご覧ください。
↓↓↓↓
国内初!ドローン業種専門の人材派遣・紹介情報サイト【スカイエージェント】

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA