2人で寝ると腰痛が悪化?マットレスの応急処置で対策

スポンサーリンク

先日「夫婦2人で寝るセミダブルマットレスのおすすめは?」という話をしました。

すると、こんなご質問をいただきました。

2人で寝るようになって、2人とも腰痛になりました。マットレスを買い替えるしかない?

この悩み、意外と多いようですね。

買い替える以外に、何か応急処置がないか調べました。

抱きまくらで横寝しよう

マットレスの硬さを変えるのは大変です。

それよりも抱きまくらを用意したほうが、簡単に腰痛対策ができます。

横寝と抱きまくら

腰の痛い方が上になる向きで、横向き寝をします。

そして、上側になった足を抱きまくらの上に乗せればOK。

この寝方ならマットレスが多少合っていなくても、腰への負担が小さくなります。

抱きまくらがなくても作れる

「抱きまくらなんてない!」

そんな人は、使っていない布団や毛布で即席の抱きまくらをつくることもできます。

作り方はとてもシンプル。

ちょうど参考になる動画がありましたので貼っておきますね。

・布団や毛布を好みの太さ、硬さになるよう丸める。

・紐で縛って固定する

夫婦2人でそれぞれ抱きまくらを抱いて寝る。

ちょっと変な光景ですが、腰痛は確実に和らぎます。

人に寝姿を見せるわけでもないので、気にせず試してみてください♪

マットレスの上にベニア板や畳を置く

ちょっと手間がかかりますが、マットレスの上に畳やベニア板を敷く方法も使えます。

マットレスの上にベニア板。

さらにベニア板の上に敷布団。

これなら多少は硬さの調節が可能です。

ただし、この方法を使うと週1で板や畳を干す必要があります。

長期間放置するとダニやカビの温床になるので要注意。

この方法はコストは安いかもしれませんが、手間がかかるのがデメリット。

抱きまくらを使うと寝付けないなら試す価値はあります。

応急処置ということを忘れずに

いかがだったでしょうか?

この2つの応急処置をすれば、腰痛はかなり軽減されるはずです。

ただし、これらは応急処置。

痛みを減らすことはできても、快適に安眠できるかと言われると疑問も残ります。

いいマットレスを使った場合と比較すると、どうしても快適性で負けてしまいます。

当面は応急処置で対応しながら、マットレスを探すのがいいかもしれませんね。

私は腰痛持ちの母に「モットン」というマットレスをプレゼントしました。

なかなか好評で、腰が軽くなったと喜んでくれました♪

どんなマットレスなのか?

詳細は「高反発マットレスモットンを買ってみた」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA