ギリシャはなぜ財政危機になった?これからどうなる?【強気の理由とは】

ギリシャがとうとうデフォルトになるという

ニュースが駆け巡っていますね。

そもそもなぜギリシャは財政危機になったんでしょうか?

EU加入で借金しやすくなった

ギリシャが現在の財政危機を迎えたきっかけは

EUの加入に始まります。

もともとドラクマという通貨と使っていたギリシャは、

外国から借金をしようとしても

信用が低いため非常に高い金利を払わなければなりませんでした。

しかしユーロを使うようになった途端、

金利が約6分の1になったんです。

借金の金額は変わらないけど、

返済の総額はガクッと下がった。

じゃあ、浮いた分で借金返せるね♪

…と普通なら考えるところですが、

ギリシャの場合は、

「お、これなら浮いた分も使っちゃえ!」

「借りやすいからどんどん借りちゃえ!」

お金

こんな調子で借金をどんどん膨らませていったんです。

信じられないですけど、本当に国がこんなことをやりました。

しかも、借金が膨らんで財政赤字なのを隠して…

ギリシャが強気の理由

ギリシャはEUの財政再建のための諸条件を突っぱねて

資金援助の期限を迎えました。

それでもギリシャが強気でいられるのは、理由があるんです。

①ユーロを使っている

もし今、ギリシャがドラクマを使っていたら

今頃はドラクマが大暴落して、

ハイパーインフレに突入してギリシャ経済は大混乱になっていたでしょう。

でも、ギリシャはユーロを使っています。

政府が財政破綻しようとも、

ユーロの価値が暴落することはありません。

(多少は価値が下がりますが)

つまり、日常生活レベルでは問題なく過ごせるのです。

②借金を踏み倒して困るのはギリシャ以外の国だから

ギリシャはIMFをはじめ、

国際公的機関や各国から借金をしています。

ギリシャの国債や借金の80%以上が外国からのもの。

債務不履行になっても、

ギリシャ国民への被害が少ない。

また、借りた先が国や国際機関だから潰れることもない。

損をするのは、負担している各国だけ…

こんな状況なので、「ギリシャを助けないと困るのはあなただよ」

なんて強気な態度をとれるのです。

本当に国がやる態度なのか、疑いたくなるレベルですが^^;

これからどうなる?

今回のギリシャのデフォルト問題は、

民間企業がバタバタと倒産するような事態にはならず、

あくまで各国の政府が損失を受けることになります。

日本はIMFに多額の出資をしているので、

日本政府も損失を抱えることにはなります。

(ざっと2000億くらいは損するかもしれません。)

現在は株や為替に若干影響が出ていますが

この影響も限定的なもので大規模にはならないです。

あとは、国と国との関係の問題が残ります。

ギリシャ問題をうまくさばけないと、

EUから脱退する国が出てくる可能性があります。

イギリスなど、もともとEUに消極的な国にとっては、

格好の口実となるでしょう。

>>売れない家をすぐ売る方法があるって知っていますか?

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA