クロスバイクでお尻ニキビができた【原因と自分で治す方法】

健康のためにクロスバイクで通勤、通学を始めた。

ところが、毎日乗るようになったら

お尻にニキビができて痛い…

こんな人のために、

クロスバイクでお尻にニキビができたときの対処法をお話します。

クロスバイクでお尻ニキビができる原因

クロスバイクでお尻ニキビができる原因は2つあります。

一つ目が、サドルでお尻が圧迫されて血流が悪化したこと。

2つ目が汗で蒸れたことです。

この2つの要素が重なると、

肌の新陳代謝がうまくできずに

お尻にニキビができたり、ガサガサ肌や湿疹ができることがあります。

クロスバイクのお尻ニキビ対策は低反発クッションがいい

クロスバイクでお尻ニキビができた。

この場合はフォームの見直しやサドルを交換するよりも、

低反発クッション入りのサドルカバーをはめれば

安くて手軽に予防できます。

例えば、ドッペルギャンガーの低反発クッション内臓サドルカバー。

低反発クッション入りサドルカバー

2千円以下で買えるし、丈夫で使いやすいです。

複数の自転車を持っていても使えるのが嬉しいポイント。

 


 

お尻ニキビの跡が残ってしまった人へ

お尻ニキビは治っても跡が残りやすいもの。

ニキビ跡が気になるという人も多いのではないでしょうか?

色素沈着してしまって跡が残ると、

放置していても治りません。

お尻のお肌は角質層が厚いので、

普通のスキンケア用品ではイマイチ。

最近では、お尻の角質ケア・色素沈着専用のジェルもありますよ。

汗疹でかゆくなりやすい人には

かゆみ予防にも使えます。

 
お尻ニキビ専用ジェルの詳細はこちら

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA