顔の傷に日焼け止めを塗って大丈夫か?お医者さんに聞いてみた

顔にケガをして傷ができてしまった…

顔の傷って目立つので気になりますよね。

ところで、顔の傷に日焼け止めを塗っても大丈夫なのでしょうか?

跡が残らないように、

お医者さんに確認してみました。

日焼け止めは必須だった

お医者さんに傷に日焼け止めを塗って大丈夫か聞いてみました。

すると、即答です。

「絶対に塗って下さい。」

「塗らないなら包帯や絆創膏などで日光から守って」

怪我した後、紫外線対策をしなかった場合、

ほぼ確実に傷跡に色素沈着が起きてしまうんですって。

日焼け止めを塗らないとヤバイ理由

なぜ色素沈着してしまうのか?

お医者さんによると、

もともとメラニン色素の目的が細胞を守るためのものだからなんですって。

怪我をした部分は、

紫外線から身を守る皮膚がなくなっている無防備な状態です。

この状態で紫外線からのダメージを抑制するには、

メラニン色素を大量に分泌するしかありません。

傷と日焼け止め

通常なら肌が生まれ変わるごとに

メラニン色素が外に押し出されて消えていきます。

しかし、傷を受けた場所が何度も紫外線にさらされると、

体が「この場所にはメラニン色素が必要だ」と記憶してしまいます。

一度記憶してしまうと、

何年経っても色素沈着が残ってしまう場合があるのです。

切り傷におすすめの日焼け止めは?

傷を綺麗に治すために日焼け対策は必須です。

でも、普通の市販の日焼け止めでは

紫外線吸収剤が傷によくなさそうだし、

美白して色素沈着を解消してくれません。

顔の傷を徹底的に綺麗に治すなら、

紫外線吸収剤が入っていないノンケミカルで、

美白も同時にできるものがおすすめです。

例えば「ミネラルCCクリーム」のような日焼け止め。

傷隠しもできるし、

日焼け止めと色素沈着の予防が同時にできます。

 
ミネラルCCクリームの詳細はこちら
 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA