すねが日焼け止めでかゆくなる人へ【夏を素足で過ごす方法】

夏になると素足を出す機会が増えます。

日焼け止めを塗って外出すると

足のすね周辺がかゆくなる。

これには意外な原因があったんです。

スポンサーリンク

日焼け止めが合わないは誤解?

日焼け止めって色んな商品がありますよね。

その膨大な中から、

一生懸命に自分に合う日焼け止めを探していると思います。

でも「何を使ってもかゆくなる」人いませんか?

実は日焼け止めが合わないというよりも、私達のお肌のコンディションに問題があるんです。

かゆいのは、急激な肌の乾燥が原因であることがほとんど。

日焼け止めの相性だけの問題ではなかったのです。

よく聞く「紫外線吸収剤」や「ノンケミカル(紫外線散乱剤)」

吸収剤:紫外線を熱エネルギーに変えて肌を守る

散乱剤:反射して肌を守る

「吸収剤は肌に浸透するし、熱で乾燥するので肌によくない。」

「散乱剤は肌の表面で反射させるから体に優しい。」

この理屈は正しいのですが、

かゆみという点では誤解があります。

実は、どちらの日焼け止めを使ってもかゆくなる可能性はあります。

日光が当たるとお肌の表面が熱くなり、

肌の水分が逃げやすくなるからです。

助けを求める女性

散乱剤を使っても、日光が熱を持っているので同じこと。

根本的にかゆみを抑えるなら、

紫外線対策と乾燥肌対策を同時にするしかないんです。

すねは特に乾燥しやすい

去年の日焼け跡が消えない理由

体の中でも、すねはお肌が乾燥しやすい部分です。

日傘などでカバーしても足元は日に当たりやすいので、

お肌の表面温度が上がりやすい。

アスファルトの照り返しの熱も、すねに届きます。

さらには、足を動かす時の風で汗が蒸発しやすいので、

乾燥が進みやすくなるのです。

乾燥と紫外線を同時に防ぐ方法は?

紫外線対策と肌の乾燥対策を同時にするには、

保湿クリームを塗ってから日焼け止めを塗るのが一般的。

でも、塗り直すたびに行う必要があるので、

外出先ではできないですよね。

おすすめは、美容液と日焼け止めが1つになったものを使うことです。

例えばポーラのホワイティシモ。

SPF50・PA++++で美容液たっぷり、かゆみに強いです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA