夏のダサくないメンズファッション【コーデのコツを紹介】

暑い夏は、

ファッションセンスの差が一番出てしまう季節です。

冬はそれなりに見える人でも、

夏になるとダサい服装になってしまう人が大勢います。

ダサい服装ってどんなの?

まず、何がダサいのかが分からない。

それでは困りますよね。

悪い例からご紹介したいと思います。

例えばこれ。

夏のダサい服装

よく見かけるチェックシャツのコーデ。

チェックシャツって着やすいと思ってる人が多いんですが、

オシャレに見せようとするなら上級者アイテム。

上半身にたくさんの色を使ったり

目立つデザインの服を使うとダサくなりやすいんです。

上半身はシンプルを心がける

ダサい服装から普通の服装へと近づけたいなら、

上半身に着る服をシンプルにするのが簡単です。

例えばこのコーデ。

夏のダサくないメンズファッション

インナーのTシャツは少し目立つデザインですが、

アウターをシンプルなグレーのカーディガンで合わせています。

色を白・黒・グレーのモノトーンにすることで

統一感を出せています。

全身の色を3色でまとめるとダサくない

服はたくさんの色を取り入れるほど、

オシャレに見せるためにセンスが必要になります。

逆を言えば、使う色を少なくすると

変な服装になりにくいです。

例えばこのコーデ。

夏の普通の服装

青系の色を中心に、

白とベージュでまとめています。

アウターにチェックラインのデザインがあって、

アクセントになっていますね。

全体的にシンプルにまとめつつ、

少しだけ個性をプラスする。

これがダサくない服にするコツです。

最初は難しいと思うかもしれませんが、

気に入った全身コーデを真似すると簡単です。

全身コーデをたくさん紹介しているサイトを見て、

真似しやすいものを選んでみると楽しいですよ。

 
>>ここで全身コーデをたくさん見れます

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA