外出すると顔色が悪くなる人の対処法【青白くなったときの応急処置】

スポンサーリンク

外出先のトイレなどで、

鏡にうつった自分の顔を見て

ビックリしたことはありませんか?

家では普通だったのに、

外出先では青白くなって顔色が悪くなる。

不健康そうだし、老けて見えてしまいます。

原因は顔の表面温度の低下

体調が悪いわけではないのに、

顔色が悪くなるのはなぜか?

答えは、顔の表面温度が低下するからです。

冬であれば外を歩けば風が吹き付けます。

夏でも、建物の中は冷房でヒンヤリ。

冷たい飲み物で口の中も冷えます。

顔の表面温度が下がると血行が悪くなるので

顔が青白く見えてしまいます。

日頃から運動をしっかりしていて、

しっかりバランスよく栄養補給ができていれば

少々のことでは青白くならないんですが…

運動不足・栄養が偏ってる人は血行が悪くなりがち。

気温による影響がすぐに出てしまいます

電車でスマホを見るのも原因に

移動中の電車やバスで、

スマホをずっと見るのが習慣になっている人。

そんなあなたも要注意です。

ずっと下を向いていると、

肩や首の筋肉が硬直して血行が悪くなります。

肩や首の血の巡りが悪くなれば、

顔の血流も鈍ってしまいます。

外出先でできる応急処置

体を鍛えるべし!って言われてもすぐには無理ですよね。

そこで、まずは応急処置です。

外出先でもできる対策としては、

チョコレートを食べること。

チョコレートで顔色を良くする

特にカカオ70%以上が特におすすめ。

チョコレートにはカカオポリフェノールが入っていて、

一時的に血流を良くしてくれます。

しかもチョコレートには亜鉛や鉄なども含まれているので、

血の巡りに必要な栄養を補うことも可能です。

顔色悪化を予防する食べ物は?

応急処置ばかりでは限界があるので、

体質改善でしっかり予防をしていきたいですね。

毎日チョコレートを食べれば解決するのかというと、

それは違います。

アミノ酸もビタミンもミネラルもしっかりとらないとダメ。

炭水化物や油物ばかり食べていたら

いつまで経っても治りません。

でも、バランスの良い食事が一番と分かっていても…

なかなか難しいですよねえ。

私は昔、栄養不足を補いために青汁に挑戦したんですが、

1ヶ月で飽きてしまいました。

1年中バランスの良い食事をするのはもっと無理です^^;

そこで、最近は青汁のサプリメントを飲むようにしています。

青汁のサプリメントで顔色改善

顔色改善が目的だったんですが…

デトックス効果もあったのか、

ポッコリお腹がスッキリして一石二鳥でした♪

顔色の悪さは足りない栄養があることのサインでもあります。

私は青汁サプリメントが一番簡単だと思いますが、

栄養をバランスよくとれれば他の方法でもOKです。

 
【青汁サプリメントの詳細はこちら】

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA