手が小さい人の手の内【弓を握りにくい人向けの弓道講座】

手が小さい人は、弓道では不利ですよね。

手の内を整えにくいので、大変です。

私は男で身長174センチあるのに、手が小さくて苦労しました。

身長158センチの妹と、手の大きさは変わりません^^;

矢尺があるので、伸び寸の弓を使っていたんですが太い弓が多くて苦労しました。

今回は、手の小ささで苦労している人のために、手の内の作り方についてご説明します。

スポンサーリンク

手が小さい人の手の内は優先順位を考える

手が小さい人の手の内は、優先順位をはっきりさせることが大事です。

物理的に「完璧」は不可能に近い。

でも矢飛び・的中率に悪影響を与えない手の内なら作れます。

その優先順位とは…

①小指の締め(角見)

②ベタ押しを軽減する

弦が体に当たらないことと、矢飛びを邪魔しない手の内。

まずはここからです。

親指が曲がるとか、天文筋がズレてるとか、指が揃わないなどは気にせず、この2点に集中します。

あなたの手の内は、小指が弓に届いていますか?

弓道の弓返りと小指

手が小さい人は上押しを優先して、中指と薬指だけで握っている人が多いです。

でも本当は小指のほうが大事。

もし、小指が届かないのなら上押しもある程度妥協します。

小指を締めないと的中率は上がりません。

小指を締めつつ、できるかぎりベタ押しを軽減する。

そのような考え方で手の内を作っていきましょう。

見栄えは気にするな

弓道の手の内で親指が曲がる

小指の締めと、上押しだけを意識した手の内。

見栄えはあまりよくないと思います。

でも大丈夫、小指を締めていて、不完全でも上押しができるなら

的中率を高めることはできます。

そもそも、手の内ってなぜ必要かご存じですか?

手の内は、弓にひねりの力を加えて矢を勢い良く、安定して飛ばすために行います。

手が小さい人の手の内を見ていると、

小指を重視していない人が多いんですが大きな間違いです。

弓をひねる力は、小指を締めないと生まれません。

時々、小指ではなく中指を一生懸命締めている人がいますが、

中指では十分な力を生み出せないんです。

小指をしめなければ小手先で弓を回すしかありませんが、

これでは的中率は4割~6割の間が精一杯でしょう。

的中率を8割以上、安定して保っている人の手の内で、

小指をしめていない人はいません。

小指ができるようになってから、

次は上押しの研究。

最後に、見栄えを整える。

こんな順番で練習すると、いい結果になりますよ。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA