マキシマイザー22と23の違いは?ミズノの人気スニーカーを徹底レビュー

ミズノの人気スニーカー、マキシマイザー。

私も大好きで、ここ数年はずっと愛用しています。

ところで、どんどん新しいモデルが出てきていますが、どんな違いがあるの分かりにくいですよね?

そこで今回はマキシマイザー22と23で違いを比較してみました。

なお、マキシマイザー22のほうは1年以上履いていて、若干汚れが目立ちます。ご了承ください。

スポンサーリンク

デザインの違いが一番のポイント

マキシマイザー22と23の違い

マキシマイザー22と23で一番の違いはデザイン。

特に、アッパーを補強する人工皮革パーツの配置が変わっているので、注目してみましょう。

まず、正面から見た印象はあまり変わりません。

強いて言うなら、マキシマイザー23のほうが、つま先周辺の人工皮革パーツが多めで、斜めにカットされている分、シャープな印象が強まっています。

側面から見た印象は、かなり違います。

マキシマイザー22と23の違い

マキシマイザー23のほうが22よりも人工皮革パーツの配置が複雑で、力強い雰囲気が増していますね。

かかと側から見ると、リフレクターのデザインが大きく変わりました。

マキシマイザー22と23の違い

23のほうが洗練された雰囲気で、私は好きです。

クッション性はほぼ同等

マキシマイザー22と23の違い

次は履き心地についてチェックしてみましょう。

結論から言うと、マキシマイザー22と23で履き心地の違いはほとんどありません。

ミッドソール、インソールは22と23でほぼ同じ。クッション性に大きな違いはありません。

靴幅も22と23で大きな違いはないので、22が合う人なら23も快適に履けるでしょう。

ちなみに、通気性もほぼ同じ。

22も23も通気性能が高い分、防水性能に関しては全く期待できません。

かかとのフィット感が少し変わった

履き心地についてはほぼ同じといいましたが、違う部分もあります。

私が感じたのは、かかとのフィット感の違いでした。

主観的な話になってしまいますが、23のほうがかかとにしっかりフィットする感じ。

ホールド力というのかサポート力が上がっている気がします。

かかとの質感というか、硬さは変わっていないので、おそらくですが、かかと周辺の人工皮革パーツの差でしょう。

マキシマイザー23の側面の人工皮革パーツの様子

23のかかと側面にあしらわれた斜めの人工皮革パーツは、足の中央付近(土踏まず付近)まで伸びています。

一方、22の人工皮革パーツは、23に比べるとかかとに近い部分に留まっています。

マキシマイザー22の側面の人工皮革パーツの様子

この人工皮革パーツの配置の差が、フィット感に影響しているのではないでしょうか。

アウトソールは22と23で違いはない

マキシマイザー22と23のアウトソールは、どちらも耐摩耗性ラバー「X10」採用。

アウトソールのパターン(溝の並び)も同じです。

グリップ力はなかなか高いし、耐久性も良好。

マキシマイザーシリーズは本当にコスパが優秀ですね。

重さは10g違うが履き心地は変わらない

マキシマイザー22と23を公式サイトでチェックしてみると、重さに違いがありました。

22:約250g(27.0cm片方

23:約260g(27.0cm片方)

これはおそらく、アッパーを補強する人工皮革パーツの量の差だと思われます。

ただし、実際の感覚としては全く違いが分かりません。

どちらもすごく軽くて、歩きやすいです。

あなたは10gの差を感じられるでしょうか。

ぜひ挑戦してみてください。

どっちを選ぶべきか

マキシマイザー22と23では、性能や履き心地にはほとんど差がありません。

ただし、同じカラーでも人工皮革の補強パーツの配置などが違うので、見た目が好みのほうを選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク