cyma primerとRUNTHROUGHの評判・口コミ【低価格クロスバイクの比較】<最安値>

サイクリングをこれから始める初心者向けのクロスバイク。

種類が豊富になってきて迷いますね。

今回は、特に入門用クロスバイクで人気のあるcyma primerとRUNTHROUGHを比較してみます。

cyma primerの長所

cyma primer

cyma primerの長所については、以前、こちらの記事でもお話させていただきました。

今回はRUNTHROUGHとの違いに焦点を当てますと、まず、車体がRUNTHROUGHより2kg軽いです。

さらに、cyma primerは7段階変速で、RUNTHROUGHは6段階変速。

cyma primerのほうが価格が5千円前後高くなりますが、コストパフォーマンス重視の人にはcyma primerが人気です。

 
>>cyma primerの詳しい説明記事を見る

RUNTHROUGHの長所

runthrough

それでは、RUNTHROUGHの長所は何でしょうか。

RUNTHROUGHの最大の特徴は、ハンドルが可変式なところです。

自転車に乗る時の姿勢「ランディングポジション」を調整する場合、サドルの上げ下げで走りやすい姿勢を探すのですが、どうしてもしっくりこない場合があります。

jitensya101603

RUNTHROUGHはハンドルの微妙な角度調整ができるので、手軽にオーダーメイド感覚で自分好みの調整ができるんです。

そして、RUNTHROUGHが使っている分厚めのタイヤ。

スピード走行重視なら、タイヤは細く薄くが基本。

その分、地面の段差などの衝撃がダイレクトにお尻に伝わってきます。

RUNTHROUGHはあえてクロスバイクとしては分厚めのタイヤにすることで、乗り心地を落とさずに、初心者にも長く乗れるよう設計されています。

 
>>詳細はこちらから

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA