一人暮らしに自転車は必要?いらないのはこんな人

自転車の画像

これから一人暮らしする人は、何が必要なのか考え始めると迷いますよね。

今回は、自転車です。

「自転車があれば便利だけど…

でも意外と使わないって言うし、いらないかな?」

自転車が必要か不要か迷っている人向けに、私の経験から感じたポイントをご紹介します。

徒歩10分~30分圏内に何があるか

カフェ

自転車を買うか買わないか、何で判断すればいいのか?

私の経験から言えば、判断ポイントはこうです。

「家から徒歩10分~30分圏内に毎月行きたい場所があるか」

徒歩10分以上、30分以内というのがポイントです。

あるなら買い。

ないなら不要。

自転車は近すぎても遠すぎても乗りません。

自転車に乗る便利さより、面倒くさい気持ちが勝ってしまうんです。

・汗だくになるのがイヤだ

・防寒対策が大げさになるのがイヤだ

・空気入れするのが面倒

・髪型が乱れる

・疲れる

こういう気持ちが勝ってしまうと、自転車に乗らなくなります。

特に近い場所なら、歩くほうを選びがちです。

自転車が1番必要なのは、徒歩10分~30分以内に必要な施設や場所がある人。

この距離になると歩きでは時間がかかります。

自転車なら、あっという間に着く距離ですし疲れ方も大したことはありません。

センティーノ

面倒くささよりも便利さを強く感じるので、自然と自転車に乗るようになります。

あなたが住む予定の家から見て、何かありますか?

例えば、コンビニ。

家の最寄りのコンビニとは別系列のコンビニがあるなら、自転車は便利です。

セブンイレブン限定のスイーツとか、ローソン限定のお惣菜とか…

テレビで紹介されたときに、ササッと買いに行けます。

他にもカフェや公園・ショッピングモールなど、月に1度以上通いたいと思う場所があるなら自転車の出番です。

行動範囲が広がります。

徒歩30分以上の施設は無視

先ほど、近すぎると乗らないと言いました。

反対に遠すぎても乗りません。

徒歩30分以上の距離になると、今度は疲れが便利さを上回ってしまいます。

結局バスや電車を選びがちで、自転車の出番が少なくなりやすいです。

電車

自転車は結構体力を使います。

健康を意識している人や電動自転車に乗るなら話は別ですが…

自転車を買うか迷っている人は、基本的には徒歩30分以上の施設は無視して判断しましょう。

徒歩30分以内に行きたい場所があるなら買い。

ないなら買わずに、その分電車やバス代にあてればOKです。

駐輪場がない人に小型自転車が人気

今この時点でも「やっぱり自転車があったほうが便利そう」と思うなら、購入して損はないと思います。

自転車にも色々ありますが、最近人気が高いのは20インチぐらいの小さい自転車(ミニベロ)です。

アルバージュ

ミニベロや折りたたみ自転車に乗っている人、最近増えましたよね。

特に都市部では。

種類が増えて、性能が全体的に良くなっています。

さらに玄関や室内で保管できるので、駐輪場がないアパートの人には便利です。

駐輪場があるマンションに住んでいても、ミニベロや折りたたみ自転車を選ぶ人が増えているみたいですよ。

盗まれたり、雨で汚れたりするのがイヤなんですって。

毎日乗るならミニベロ

20インチぐらいの小さめ自転車を選ぶ時、普通のミニベロか折りたたみ自転車かで悩みます。

私の経験上、毎日乗るなら絶対にミニベロ(折りたたみ機能なし)です。

使用頻度が高いと、折りたたみ自転車を買っても折りたたまないことが多いんですよ。

同じ値段で比較すると、折りたたみ自転車は性能がミニベロより落ちることが多いです。

玄関の中で保管するとしても、意外と折りたたまなくても入ります。

乗る頻度が多くなりそうなら、ミニベロのほうが良いですよ。

私の最近のお気に入りは、BRIDGESTONEのMarkRosaシリーズです。

普通のママチャリより走りますよ。

BRIDGESTONE MarkRosa mini

詳しくは「MarkRosa miniはスピードが出るミニベロ」をご覧ください。

休日だけ乗るなら折りたたみ自転車

使用頻度が週1とか、月に2回ぐらいなら折りたたみ自転車が便利です。

場所をとらないし、カッコいいですから。

折りたたみ自転車にも色々ありますが、選ぶポイントは軽さです。

どんなに高性能でも、手軽に持ち運べないと魅力半減。

ちょこっと乗りたいときに乗れるのが折りたたみ自転車の長所。

走行性能重視なら、折りたためないミニベロのほうが良いでしょう。

最近、私が「お、いいな」と思った折りたたみ自転車があるんです。

詳しくは「MarkRosa Fの口コミ」をご覧ください。

小さい電動自転車が最高だった

最近、20インチ以下の小さめ自転車業界にも電動自転車ブームが来ています。

バッテリーが進化して小型化されたおかげです。

デザインもよくなったし、車体重量も軽くできるようになっています。

10年前とは全然違います。

もちろん、値段はそこそこします。

でも便利さはダントツですねえ。

徒歩1時間圏内なら、余裕で走れますから。

私はこれに乗るようになってから、電車やバスに乗る機会が激減しました。

電動自転車は、YAMAHA、BRIDGESTONE、Panasonicの3つのメーカーがおすすめです。

これが以外のメーカーは、信用度がちょっと落ちる気がします。

オシャレさならYAMAHAでしょうか。

PAS CITY-Cは、男性にも女性にも人気ですね。

PAS CITY-C

乗り心地重視なら、BRIDGESTONEのアシスタユニプレミア20が良いですよ。

きめ細やかなアシストをしてくれます。

アシスタユニ

これから人気が出そうと噂されてるのが、PanasonicのBE-JELJ01。

小回りの良さとシンプルで落ち着いたデザインが特徴です。

BE-JELJ01

それぞれ魅力的な小さめ電動自転車ですね。

後日、個別に詳しく紹介したいと思います。

>>さらに詳細はこちらから

弓道はお腹が出ていてもできる?これから始めたい人へ

弓道

これから弓道を始めたいと思っても、分からないことがいっぱいありますよね。

今回、このブログを読んでくださった人から質問が届きました。

「私は50歳で、これから弓道を始めたいと思います。

ですが、私はお腹がポッコリ出ているのです。

弓道の邪魔になりませんか?」

メタボ体型の人でも弓道を始められるのか?

気になる点についてお話します。

心配しなくて大丈夫!

まず結論から言います。

大丈夫です。

私の知り合いには、定年退職後から弓道を始めた人が大勢います。

その中には100kgを超えるような人もいますが、問題なく弓道をしています。

言葉だけでは不安かもしれませんね。

参考になる動画をYoutubeで発見しましたので紹介します。

この動画に出てくる人たちを見ると、決して細い人ばかりではありません。

社会人になってからでも楽しめるのが弓道の魅力。

心配は無用ですよ。

お腹が邪魔になることはほぼない

先ほど紹介した動画は上級者ばかりなので、まだ不安な人もいるかもしれません。

では、こちらの写真をご覧ください。

これは、弓をいっぱいまで引いた状態です。

弦とお腹の位置関係に注目してください。

弓道

弦はお腹より左側(引いている人から見て)にありますよね。

弓道の引き方・引き幅では、お腹が邪魔にならないのです。

多少お腹が出ていたとしても、弦がお腹にあたる心配はありません。

胸が大きい人は?

先ほどの写真をもう一度ご覧ください。

弦が胸にピッタリくっついています。

弓道

肥満体型が影響するとすれば、お腹ではなく胸です。

女性や、肥満体型の男性は胸が弦の動きを邪魔することがあります。

その場合は、胸当てという道具がありますので安心してください。

基本的には女性用なのですが、たまに男性が使うこともあります。

弓道の胸当て

男性が胸当てを使うのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、大丈夫。

道着の中に着込めば外からは見えません。

私の知り合いにも、道着の中に胸当てをしている人がいますよ。

弓道は友人がたくさんできる

いかがでしょうか。

太っていても、年をとってもできるのが弓道の魅力です。

興味のある人は、ぜひ始めてくださいね。

弓道は年齢や性別に関係なく教え合い、励まし合いながら修練を重ねます。

他のスポーツよりも、友人ができやすいですよ。

一生の趣味と友だちができる。

これも弓道の醍醐味だと思います。

>>弓道の道具の費用についてはこちら

ボリジの花言葉の由来は?なぜ勇気と移り気なのか

ボリジの花言葉の由来

ボリジって独特な雰囲気のある花ですよね。

花言葉を調べていて、ちょっと不思議に思ったことがありました。

ちなみに、ボリジの花言葉は…

・勇気

・移り気

・心変わり

移り気と心変わりは意味が似ているので分かります。

でも、勇気と移り気・心変わりって全然違う意味ですよね。

どうしてこんなに違う意味の花言葉がつけられたのか?

由来を調べてみました。

勇気の由来は歴史にあり

勇気の由来は、古代ギリシャやローマ時代にありました。

ボリジは昔から、ハーブの一種として人々に親しまれていました。

特に愛用していたのが、昔の兵士たち。

戦場に向かう前の不安を消すのに、ボリジの花が使われたのです。

ボリジの花言葉「勇気」の由来

ボリジの花や葉には気分を高揚させる効果があります。

お酒に花を浮かべて飲むことで、恐怖を追い払い勇気を振り絞っていたのでしょう。

昔の兵士たちはどんな思いでボリジに接していたのだろう…

移り気・心変わりの由来とは

ボリジの花言葉、移り気・心変わり。

勇気とは全く違うこれらの花言葉は、花の色の変化が由来になっています。

お酒などに浮かべると、花の色が青からピンク色に変化するのです。

Youtubeに、花の色の変化が分かる動画がありましたので貼っておきますね。

砂糖漬けの作り方の動画なのですが、最後のほうに色が変化した花が収録されています。

思った以上にハッキリとピンク色に変化します。

確かに、移り気という花言葉をつけたくなりますね。

ボリジの砂糖漬けは通販で買える?

ボリジの花を砂糖漬けにして紅茶に浮かべると美味しいです。

でも、ちょっと作るのは面倒だと思って通販がないか探してみました。

通販

ところが、全然売っていません。

花の砂糖漬けで買えるのは、バラかスミレぐらいです。

需要が少なすぎるから売ってないんですって。

確かに毎日食べるものでもないし…自作するしかないようです。

ボリジの葉のトゲについて

ボリジの葉は、食べることもできます。

(食べ過ぎると体によくないですが、家庭菜園程度なら問題なし)

ただ、ボリジの葉って硬いですよね。

トゲトゲしているので、食べたことがない人は口に刺さらないか不安だと思います。

結論から言えば、天ぷらにすれば大丈夫です。

ボリジの天ぷら

不思議なことに、天ぷらにするとトゲは全く気になりません。

若い柔らかい葉のほうが美味しいのですが、硬めの葉っぱでも大丈夫でした。

鮮やかな緑色で食感も良好。

美味しいですよ。

味や香りは控えめです。

ほんのり苦味を感じるか、ほぼ無味に近いですね。

私のイメージでは、タラの芽を控えめにした感じです。

クセが少ないので、山菜に慣れていない人でも違和感なく食べられますよ。

>>ごぼうの花言葉を調べてビックリ!意外すぎる

スタンディングデスクで足が痛い!使用歴3年の友人に聞いた2つのコツとは

スタンディングデスクで足が痛い

最近、腰やお尻の負担を軽減するためにスタンディングデスクを導入しました。

(台を買ってきて机に置いただけ)。

確かに腰やお尻は楽になりました。

でも、今度は足が痛い

特にかかと・ふくらはぎがヤバイ!

スタンディングデスクで仕事をしている人はどうしているのでしょうか?

私の友人に、スタンディングデスクを使い始めて3年になる人がいます。

足が痛くならないコツを教えてもらいました。

コツ①かかとに発泡スチロールを置く

友人が言うには「かかとの下に発泡スチロールを挟めば楽になる」とのこと。

さっそく百均で発泡スチロールを買ってきました。

立ってデスクワークすると足が痛い

なるほど、確かに楽になる!

ポイントはつま先に重心が移動すること。

足が痛くなりやすい人は、作業中はかかと体重になりがち。

かかとに発泡スチロールを挟めば、自然と重心は前に傾きます。

足の中心やつま先を使って立てるので、負担が半分ぐらいになりますよ。

発泡スチロールの上に足全体で立つのではダメです。

つま先を発泡スチロールから出して、体重が後ろに集中しないようにするのがコツです。

スタンディングデスク上級者は、かかとを上下させながら作業するんですって。

こうすることで体重が前後に移動するし、ふくらはぎの筋肉が動くから血流アップ効果も期待できるそうです。

立ち作業に慣れない間は、発泡スチロールをかかとに挟むのがおすすめです。

左右に体を動かすと、さらに足の疲労感が減りますよ。

コツ②足を前後にして立つ

足の痛み予防は、道具なしでも可能です。

ポイントは足の並べ方。

左右の足を前後に開くのがおすすめです。

スタンディングデスクで足が痛い

足を前後にして立つことで、体が自然と体重移動を行います。

左足のつま先に体重をかけて疲れたら、右足へ…

こんな風に、無意識に体を動かせるようになるんです。

足を真横に開いてしまうと、前後に体重移動しにくくなります。

左右への体重移動しかできなくなり、足への疲労がたまりやすくなります。

ちなみに、先ほど紹介した発泡スチロールを使ったやり方と組み合わせれば効果倍増です。

足を斜めに開き、かかとに発泡スチロールを挟めば特に意識しなくても体が勝手に動いて痛み予防ができますよ。

デスクワークで足の痛みを予防

足が痛くなる原因は体重移動

スタンディングデスクと足への負担

スタンディングデスクで足が痛くなる・ならないの違いは体重移動です。

私たちは普段から、体重移動して足を休めているんですよ。

「微動だにしないで立て」と言われたら、ほとんどの人が10分ももちません。

でも10分歩くのは難しくないですよね。

歩いているときは、意識しなくても体重が左右の足に交互に移動します。

片方の足を休ませながら歩いているんです。

先ほど紹介した2つの方法は、この原理を利用したものです。

常に体重移動をしていれば、片足を休ませることができます。

ちょっと作業はしにくいですが、その場で足踏みしながら仕事をしてもOKです。

立ち作業にとって1番悪いのは、じっと動かないこと。

かかとに重心をかけて立つのはNG。

体重移動しやすいような姿勢をとることが大事です。

スタンディングデスクの高さをチェック

そもそも論ですが、あなたは作業中に猫背になっていませんか?

時々、スタンディングデスクを使っているのに猫背になっている人がいます。

これでは足も痛いし腰も痛い。

悪いとこ取りになってしまいますよ。

猫背になると体重移動もしにくくなります。

足の痛みが余計にひどくなるので要注意。

高さをチェックする際は、作業中に背筋を伸ばしてお腹を凹ませてください。

その状態をキープしながら作業できるでしょうか。

背筋を伸ばして作業できないなら、高さが合っていません。

発泡スチロールか何かをパソコンの下に置いて、高さを微調整してください。

スタンディングデスクの高さ調整

高すぎると背中が反ってしまいます。

背筋を伸ばして腹筋に力を入れた姿勢で、作業しやすい高さを見つけてくださいね。

やるべき仕事に集中できる環境を

いかがでしょうか。

今回はスタンディングデスクで足が痛い人の予防法を2つご紹介しました。

スタンディングデスクを上手に使えば、作業効率がアップします。

私の場合は、30分ずつ立ったり座ったりして作業することで体がとても楽になりました。

個人事業主の人は、いかに本来の仕事に集中しやすい環境を作るかが大事です。

ぜひ試してみてくださいね。

本来の仕事に集中するという意味では、会計処理業務の簡略化も大事です。

領収書の整理に時間をかけているのはもったいないですよ。

例えばガソリン代とか。

現金で取引すると領収書が増えて整理が大変です。

私は仕事用のガソリンカードを使い始めてから、面倒な作業は一発で解消しました。

詳しくは「審査無しガソリンカードは税務調査対策にも便利だった」をご覧ください。

近的矢で遠的はできる?実際にやってみた

遠的

弓道の試合はほとんど近的です。

ただ、国体など一部の試合では遠的も行われます。

そこで困るのが、矢をどうするか。

遠的用の矢を使うのが1番なんですが、安い買い物ではありません。

「どうせほとんど使わないし、もったいない…」

もし、近的用の矢で遠的を行うとどうなるのか?

どれぐらい不利なのか実体験をもとにお話します。

ハッキリ言って勝負にならない

まず結論から言います。

近的用の矢で出場すればまず勝てません

私が初めて遠的を練習したのは高3のときでした。

国体最終予選に出場するために、遠的を覚える必要があったのです。

遠的と近的

その頃の私は絶不調だったこともあり、国体選手になるのはほぼ諦めていました。

試しに近的用の矢で、遠的を練習してみると的中率は1割ぐらい。

「遠的って難しいな…」と、焦ったことを覚えています。

そんな私を見かねたのか、部費(?)で遠的矢を購入してくれることになりました。

もしかすると何らかの強化費用だったかな…ちょっと記憶が曖昧です。

遠的用の矢を使ってみると、ビックリです。

1日で的中率が6割以上に伸びました。

このときほど矢の性能に感動したことはありません。

「もうちょい練習すれば国体選手になれるかも…!」なんて思ったりしました。

早気がピークだったので無理でしたけどね(笑)

狙いが握りこぶし1個以上変わる

近的矢の何が不利なのかというと、狙いの高さです。

遠的用の矢と近的矢では、狙いが握りこぶし1個以上変わります。

近的矢で遠的

私はずっと15kg前後の伸寸を使っているのですが、近的矢では届かせるのがやっとでした。

とても、精密に狙うなんてできません。

根性で練習すれば距離感を覚えるかもしれませんが…

覚えたとしても本番では大きな壁が立ちはだかります。

本番では景色が違うから距離感が狂う

遠的と弓道

遠的は60メートル先の的を狙います。

遠的って、思った以上に周りの景色の影響を受けますよ。

同じように狙っているつもりでも狂いが出ます。

本番と全く同じ場所で練習できるなら近的矢でも距離感を出せるでしょう。

でも、そんなことできないですよね。

近的矢で大きく上を狙う射では、距離感を覚える頃には試合終了。

よほど勘の良い選手でない限り、近的矢で勝つのは不可能に近いと思います。

近的矢と弱い弓ではネットにあたる

遠的の試合会場によっては、上空に飛びすぎ防止のネットが張ってあることがあります。

このネットが曲者です。

近的矢で遠的の的を狙うには、上の方を狙う必要がありますよね。

そうすると、ネットに矢が当たってしまうことがあるんです。

弓道と遠的矢

実際、私が出た試合でも矢が上空のネットに当たっている人がいました。

当然、結果は残念です。

見ているこっちが「かわいそうに…」と切なくなりましたよ。

会場によっては、そのような不測の事態が起こるかもしれません。

近的矢で遠的を行うには、最低でも14kgぐらいの弓でないと厳しいと思います。

矢尺が合っていなくても遠的矢が良い

弓道の矢は、一人ひとりに合わせて長さを調整しますよね。

遠的用の矢も同じです。

高3のときに部費で買ってもらった矢は、私の矢尺に合わせてもらいました。

でも部費で買ったので弓道部の備品扱いです。

誰でも使えます。

遠的

ある時、私より10センチ以上背の低い子が私に合わせた遠的矢を使っていました。

「お前には長過ぎないか?折るなよ(笑)」

軽口を言いながら、練習を見ていたのですが…

思った以上に、いい感じで届くんですよね。

私とその子の矢尺は全然違うはずですが、それでも長過ぎる遠的矢のほうが的中率は上でした。

それぐらい、遠的矢の飛距離性能は違います。

部費で買ってくれるように交渉してみて

いかがでしょうか。

近的矢で遠的競技に出るのはハッキリ言って無謀です。

それでも、高い買い物ですよね。

もしあなたが学生で、遠的矢を使いたいなら部費で購入するように働きかけてはどうでしょうか。

部の備品扱いにするなら買ってくれるかもしれません。

弓道の矢

ある学校では2種類の長さの遠的矢を共有していました。

多少の矢尺の違いには目をつぶっても、遠的矢を使うほうが的中率は高いですよ。

もしくは、学校ではなくて地域の弓道協会に眠っている遠的矢がないか聞いてみるとか…

いずれにしても、近的矢で戦うのは不利です。

不利を承知で戦うのもありですが、周りに相談してみるのをおすすめします。

>>弓道と食事の関係【こんな人は試合で損しているかも】

弓道で会が縮む人へ【原因は大三や引き分けにあり】

弓道

弓道で永遠のテーマが会です。

会について悩み始めるとキリがないですね。

今回、このブログを読んでくださった方からこんな質問が届きました。

「会がどうしても縮みます。

先生には会でキチッとはまったら縮まないと言われますが、いまいち分かりません。

どうすれば良いのでしょうか?」

会を持つと縮んでしまう…

私もよく言われました。

今回は、会がなぜ縮むのか?

どうすれば改善できるのか?

抽象的にならないように、具体的にお話したいと思います。

縮むのは会より前に原因がある

弓道

まず結論から言います。

会が縮むのは、会が悪いのではありません。

会に入る前に、すでに失敗しているから縮むのです。

会が縮む人の共通点を挙げると…

・射が小さくて矢尺がとれない

・右肘が前に出ている

・右肘が下りない

多くの場合は、このような傾向があります。

大きく引けず、右肘が肩の線より前に出てしまうと会で縮みます。

たまに大きく引いているのに縮む人がいますが、それは後ほど対策法をご紹介しましょう。

会で縮む人は、まず大きく引くことを目標に練習するのが最優先課題。

「伸びよう」とか「縮まないように…」と思ったところで、力みが増えるだけで何も解決しません。

射が小さいから会が縮む。

難しく考えず、シンプルに考えておきましょう。

会に入ってからできること

大きく引いて会が縮まないようにする方法をお話する前に、会についても触れておきましょう。

たまに大きく引けているのに縮む人がいますが、これをすれば解消するはずです。

会に入った後でできることは限られています。

でも、簡単にできることが一つだけあります。

「左手と右手の小指をジワーっと締める」

これが、私がたどり着いた答えです。

弓道

もともと両方の小指は締め続けるものですが、会でさらに意識します。

そうすると、両腕の下筋を使って伸びる感覚に近づける…と私は思っています。

弓道の教本や偉い人の話を聞くと、必ず「伸び合い・詰め合い」という言葉が出てきますよね。

あなたは実感できますか?

今回、質問をくれた人は先生から「キチッとはまったら縮まない」と言われたそうです。

これはおそらく詰め合いのことでしょう。

ハッキリ言って、「キチッとはまる」感覚を実感することは至難の業。

実感できるとすれば、その人は百発百中のはずです。

私自身は実感したことはありません。

私は会が縮んでしまう時期も、縮みを克服した経験もありますが…会の最中の意識・感じることは変わりません。

10連中以上を連発できるようになっても、伸び合い・詰め合いについて私は自信を持って語れません。

昔、川西弓道協会の師範(故人)は「伸びるとは、矢を的にくっつけることだ」と言っていました。

的が目の前にあるかのように感じて、好きなところに矢を運ぶことができる…らしいです。

的

私はその境地に至ったことはありません。

40射38中したときでも、せいぜい「的が大きく感じる」程度でした。

伸び合い・詰め合いについて考えると、具体的な解決法が見えにくくなります。

永遠のテーマと割り切って、ひとまず置いておきましょう。

会では弓を落ち着かせながら狙いを定め、両手の小指をジワーっと締めて離れる。

ちなみに、よく狙うことも大事ですよ。

詳しくは「弓道と狙いについて」をご覧ください。

引き分けで失敗しがちなこと

先ほど、会が縮むのは射が小さいからだと言いました。

では、具体的にはどうすれば良いのでしょうか。

まず言っておきます。

大きく引こうと思って右手を目一杯引っ張っても無理ですよ。

大きく引くためには、次の3つのポイントを見直す必要があります。

・大三の右手の位置が、頭に近すぎないか

・引き分け開始直後に、右手を下げていないか

・引き分け開始直後に、右手を顔に引きつけていないか

射が小さい人は、必ずこのどれかをやっています。

思ったよりも右手は遠くを通って良いものなんですよ。

右手は頭の輪郭を沿うようにと言いますが、あなたはできていますか?

特に、引き分けで押すことばかり意識している人。

押し先行の意識が強すぎると射が窮屈になりやすいので要注意。

物見

自分が正しいと思っている引き分けは、実は窮屈な可能性が高いです。

見直しましょう。

射が小さい人、肘が回りにくい人は右手を外から回すつもりでちょうど良いかもしれません。

右手が遠いところを通れば通るほど、射は大きくなりやすいです。

もちろん右手で引っ張るだけではないのですが…左右で押し開く感覚ですね。

左右で押し開くことについては「弓道 引き分けのコツ」で触れています。

よろしければそちらもご覧ください。

大三の右手の位置を研究してますか?

私は、よく練習中に変なことをしていました。

別にふさげていたわけではないですよ。

射法八節の中で、あえて「これはダメ」と言われてることをやってみたのです。

例えば、胴造りを無視して棒立ちになってみるとか。

特に打ち起こし・大三はあれこれ試していましたね。

大三の右手の位置を色々試してみたことはありますか?

思い切って拳2個あけてみたり、右手を目の高さで止めてみたり…

色々やってみると、感覚が全然違うのでビックリしますよ。

引き分けの右手

もしかすると、あなたが正しいと思っている大三の右手の位置は違うかもしれません。

もっと自分に合うポジションが見つかることも…

弓道で行き詰まったときは、あえて普段やらないことをやってみる。

これも良い勉強になります。

95%は失敗するのですが、たまに新発見があります。

正しいと思う射を繰り返すだけでは見えないことがありますよ。

強い人は必ず射が大きい

あなたは大学生の全国大会の映像を見たことがありますか?

Youtubeに第27回全国大学弓道選抜大会の動画があったので、貼っておきますね。

この動画に出てくる人たち、みんな射が大きいですよね。

羽根が口の近くに来ている人はいません。

癖が強い人もいますが、矢尺は目一杯引いています。

弓道が本当に強い人は、例外なく大きく引いていますよ。

右手と体には口割りに下りる直前までかなりの空間があります。

右手が体の近くを通ると不利になる証拠かもしれません。

自分の思い込みに気づけるか!?

いかがでしょうか。

今回は会が縮む人についてお話しました。

「縮まないように…」と意識するのではなく、まず大きく引くことを意識してください。

会では、狙いを定めつつ左右の小指を締める。

これで、縮む問題は解消するはずです。

弓道は正しいことをしているつもりでも、違うことをやっていることがよくあります。

勝手な思い込みに気づけるかどうか…これが上達のカギです。

他にもいっぱい思い込みがあるはずですよ。

詳しくは「弓道で上達しない人へ」をご覧ください。

弓道は身長が低いと不利になる?実際に見聞きした経験から語る

身長

昨日、これから弓道を始めたいと思っている人から質問が届きました。

「弓道に興味があります。でも、自分は中3の男ですが背が低いです。背が低いと不利ですか?」

今回は、これから弓道を始めたい人向けに身長についてお話したいと思います。

低身長でも大丈夫!

身長

まず結論から言います。

大丈夫です!

弓道は身長が低くても不利になりません。

高校生の全国大会を見ていても、背が低い人はたくさんいます。

弓道の面白いところは、体格差や腕っぷしの強さに差があっても勝負できるところです。

例えば身長190センチの柔道経験者が、身長150センチの美術部出身の女の子に負けることも珍しくありません。

男女

そもそも大昔の日本人は成人男性でも背が低い人が大勢いました。

背が低くても十分に戦えますよ。

小学生で大人に勝つ子もいる

高校生や大学生から弓道を始める人がほとんどですが、中には小学生の頃から弓道をしている子もいます。

小学生の中には、大人顔負けの腕を持っている子が多いです。

小学生

私の地元の弓道協会では、小学生の時点で高校生と対等に勝負できる子が何人もいました。

小学生でも戦えるということは、身長は不利にならないと言い切ってもいいですよね。

他のスポーツでは低身長がハンデになることが多いですが、弓道なら有利不利はありません。

体格差と実力は完全に別物です。

身長140センチの70歳おばあちゃんも強い

私の地元の弓道協会では、たくさんのおじいちゃん・おばあちゃんが弓道をしています。

ご老人と10代の男女が対等に戦えるのも、弓道の面白さですね。

私の知り合いに、身長140センチで70歳を超えているおばあちゃんがいます。

この人が強いんですよ。

おばあちゃん

月に1回行われる射会(練習試合みたいな行事)では、常に上位にランクインしています。

この射会には、高校生や大学生もたくさん参加しています。

それなのに、70歳過ぎのおばあちゃんが上位にランクインするってすごくないですか?

このおばあちゃん、見た目はほんとうに小さくて可愛らしい人です。

別に鍛えている様子もないのに、弓道の腕前はピカイチ。

これが弓道の不思議なところですね。

おばあちゃんでも勝てるんです。

あなたが勝てない理由はありません。

手が小さい人は苦労することも

低身長が不利になることはありません。

もし不利になることがあるとすれば、手が小さい人です。

弓道は左手で弓を握るのですが、手が小さいと正しい握り方を習得するのに時間がかかるかもしれません。

弓道と小指

私も手の小ささで少し苦労しました。

私は身長が174センチあるのですが、手が小さいんです。

身長150センチ台の女の子と変わらないぐらい小さいです。

身長のわりに手が小さいと、どうなるか?

背が高い人向けの弓が扱いにくくなります。

背が高い人向けの弓は、握る場所が太いものがほとんど。

指が届きにくくて苦労しました。

とはいえ、背が低い人が扱う弓は握る場所も細め。

よほど手が小さくない限りは苦労しないと思います。

これから弓道を始めたい人へ

弓道

いかがでしょうか。

背の低さが不利になることはありません。

心配していた人はご安心を。

機会があれば、地元の弓道協会や志望校の弓道部を見学してみてください。

背が低い人もいっぱいいるはずです。

でも、覚悟してくださいね。

弓道を始めたら、面白くて絶対にハマりますから♪

>>弓道の費用についてはこちら

弓道が上達しない人へ!コツは見直し力を鍛えること

弓道

自分は一生懸命練習してる!

なのに、全く上達しない…

その気持ち、とてもよく分かります。

自分の半分も練習していない人が自分より中たる。

試合でいつも負ける。

悔しくて練習量を増やしても、結果がついてこないんですよね。

私もそうでした。

今回はそんな人のために、私自身の経験から上達するためのコツをお話したいと思います。

半矢が精一杯だった私の非効率な練習法

弓道

弓道でトントン拍子に上達する人は少ないのではないでしょうか。

私も最初はそうでした。

長い間「半矢の壁」で行き詰まっていたんです。

試合で12射しても、4中ぐらいが普通。

調子が良くても、6中か7中ぐらいという時期がありました。

その頃の私の練習のルーティンはこんな感じです。

・巻藁30分

・時間がある限り的前練習

・休憩と気分転換で素引きや手の内

私の高校時代の弓道部は自由練習がほとんど。

練習メニューというものが存在しませんでした。

そのため、巻藁をちょこっとしたら的前でずっと射ってました。

最低でも1日100射以上は練習してたと思います。

弓道

休みの日は、それこそ朝から夕方まで体力が許す限り的前に立っていました。

でも、今思うと非効率すぎました。

当時の自分なりにあれこれ考えたり、先生・先輩・友達にアドバイスを貰いながら練習していましたが…

数を引いても全く上達しませんでした。

的中率が7割に向上したきっかけ

「練習すれば上達するはず」

この思いだけで突っ走っていた私ですが、ある時期を境に的中率が大きく変化します。

高1の春:弓道を始める

高1の12月まで:的中率4割~6割

高1の1月から春:的中率1割

高2の5月以降:的中率7割以上

高2の夏:40射38中を記録(自主練習中)

私の弓道人生は、高1の冬休みが最初のターニングポイントでした。

的中率が一気に1割になりましたね。

実は年末の最後の練習日に、右肩を壊したんです。

「二張引き」って知ってますか?

2つの弓を重ねて、まとめて素引きするんです。

弓道

これで私は肩を壊しました(泣)

当時の地元の弓道協会に師範に「やれ」と言われれば断れません。

嫌な予感はしましたが頑張りました。

結局、当時の私の未熟な射では15キロの弓2張をまとめて引くのは無理でした。

骨で引ける上級者ならできるらしいですが…

(真似しないように)

冬休みが明けた直後は、小学生用の5kgの弓すら引くのが厳しい状態。

まともな練習ができない日々が続きました。

当時は辛かったですが、今では幸運だったと思います。

この期間中、私は自分の射の見直しを徹底的に行うことができました。

見直しの重要性を理解したことがきっかけで、的中率が安定して7割を超えるようになったのです。

3つの見直しで的中率7割へ

弓道の矢

私の的中率が大きく向上したのは、見直しを徹底したおかげです。

特に効果が大きかった見直しは、次の3つです。

・足踏みと腰の動き

・引き分けの方向

・手先の力の使い方

これら3つを見直した結果、私の的中率は目に見えて向上しました。

そしてこの3つのポイント、私以外の人にも有効だったんです。

私に1週間コーチする時間をもらえれば、あなたの的中率を5割~7割に上げる自信がありますよ。

関西の人はお声掛けください、交通費と食事代は請求しますが(笑)

それはさておき、具体的にどう見直したのかが気になりますよね。

詳しくお話します。

見直し①足踏みと腰の動き

射法八節は足踏みから始まります。

正直な話、あなたは毎日足踏みのことを考えていますか?

私が的中率5割以下だった当時は、足踏みはほとんど無意識にやっていました。

ところが、右肩を壊して練習を見学しているときに気づいたんです。

「的中率が低い人の足踏みはズレている」

弓道の足踏みは、つま先が的の中心線にくるように立ちますよね。

あなたの足踏み、本当に真っ直ぐになっているでしょうか。

足踏みの方向がズレていると、人の体は無意識のうちの腰を動かして調整するみたいなんです。

右に腰を捻ってみたり、左足体重になったり…

反ったり伏せたりするのも、足踏みの歪みが原因であることが多いです。

「私の足踏みは真っ直ぐになっている」

そう思っている人はちょっと待った!

実は、ほとんどの人の足踏みは最初は真っ直ぐなんです。

体配中に癖で動かしている人がいるんですよ。

胴造りを入れるときにモゾモゾしたり、取懸けに移るときにじわ~っとズラしたり…

意外と動いてる人が多いですよ。

取懸け

足踏みを確かめる方法は簡単です。

離れた直後に、つま先に沿って矢を置く。

真っ直ぐになっていなければ改善が必要です。

ほんの少しでもダメですよ。

腰の動きについては、的前で意識するのは難しいかもしれません。

素引きや巻藁練習の際に、腰だけを意識して練習する時間を作りましょう。

右に捻って上半身が斜めになる人。

左に捻って左肩が抜けている人。

色々な人がいますよ。

腰の動きを改善すると、肩のラインが整いやすくなります。

案外、「棒立ち」で射るほうが正しい射型に近くなることも…

思い込みを発見するためにも、毎日チェックする時間を作るべきです。

>>足踏みで滑りやすい人はこちら

見直し②引き分けの方向

引き分けの右手

引き分けに注目しない日はありません。

あなたも毎日、引き分けについてあれこれ考えていることでしょう。

ところで、引き分けを開始する際はどの方向に動かしていますか?

「押し先行で自然に」

「矢に沿って」

「真っ直ぐ」

これらは正しいのですが、間違った思い込みを生みやすいので注意が必要です。

上手な人と中らない人をよく見比べてください。

大三から引き分けに移る瞬間の動き、全然違うはずです。

自分では真っ直ぐに引いているつもりでも、体に引きつけたり単に手を下ろしたりする人が多いです。

弓道

射が小さい(矢尺が短くなりやすい)人は、思ったよりも外に向かって遠回りするように引くのが正しいかもしれません。

右手が縦になる人はその逆ですね。

「射型はキレイなのに中らない」という人も、引き分けの初動に癖があることが多いです。

物見

引き分けは初動を間違えると的中率がガクッと下がります。

あなたの意識する正しい引き分けは本当に正しいのか?

引き分けを開始した瞬間の自分の手の動き、意識してみてください。

>>弓道の引き分けのコツを詳しく見る

見直し③手先の力の使い方

3つ目のポイントは、手先の力の使い方です。

手先と言えば手の内です。

でも、それだけではありません。

確かに手の内は大事です。

以前「弓道の離れで眼鏡が飛ぶ人へ」でもお話しましたが、小指の締め方を意識するだけで的中率が大きく上がる可能性があります。

手の内で親指が曲がる

手の内についてはそちらの記事をみてもらうとして、問題は右手です。

右手は手首の形などは意識するかもしれませんが、指の力の入れ具合を意識したことはあるでしょうか。

的中率が低い人を見ていると、取懸けをした瞬間から力んでいる人が多いです。

右手をモゾモゾして何度も握り直している人、いますよね。

弓道

綺麗な形で取懸けをしていても、力の入れ方を間違っていれば射型に影響します。

私の場合は、右手の親指の使い方を意識してから離れが劇的に変わったことがありました。

詳しくは「弓道の前離れの直し方」をご覧ください。

練習の手順も変えました

今回3つの見直しポイントを紹介しました。

もちろん、この見直すポイントはこの3つだけではありません。

常に正しいと思いこんでいる部分がないかチェックする必要があります。

私は見直しの大切さに気づいてから、練習の手順を大きく変えました。

①巻藁で足踏み・胴造りをチェック

②素引きで手の内を確認

③巻藁で右手の力の入り具合を確認

④的前で引き分けの初動を意識

⑤テーマを決めて人の射を見学

⑥総仕上げ

このような流れで、①から⑥までを繰り返す練習を行いました。

特に、テーマを決めて人の射を見学するのは勉強になります。

見るポイントを絞るのがコツですね。

「今日は背中に注目しよう」

「左肩の動きを見比べよう」

こんな風に、ピンポイントで人の射型を観察します。

弓道部

観察するのは、上手い人・下手な人も関係ありません。

色々な人を見比べたほうが、新たな発見があることでしょう。

観察力を鍛えると、気付きが増えて上達の速度が上がりますよ。

筋持久力・体幹トレーニングも大事

弓道は力で引くものではないと言われます。

でも、私の経験上筋トレしたほうが的中率は確実に上がります。

特におすすめなのが、筋持久力を上げるトレーニングですね。

体幹トレーニングのように、姿勢をキープする運動がおすすめです。

私の場合は、腕立て伏せで腕を曲げた状態をキープするトレーニングをよくします。

腕というより、背筋に効く感じです。

毎日少しずつで良いんです。

ちょっとの差が、3ヶ月後・半年後のあなたの弓道を変える原動力になることでしょう。

試合と練習で的中率が大きく違う人へ

弓道

いかがでしょうか。

今回は、上達しなくて行き詰まっている人向けに私の体験談をお伝えしました。

上達するためのコツは、あなたの間違った思い込みを見つけること。

正しいと思ってやっていることこそ、イメージと実際の動きにズレがあるかもしれませんよ。

ところで、あなたは試合で実力を発揮できるタイプでしょうか?

試合のときだけ中らない人は、メンタル以外に原因があるかもしれません。

詳しくは「試合になると中らない人へ」をご覧ください。

ホタルブクロは増えすぎるって本当?実際に育てている10人に聞いてみた

ホタルブクロ

ホタルブクロは可憐な美しさがあって大好きです。

お庭に植えたいと思う人も多いことでしょう。

ところが、植え方を調べてみると「増えすぎに注意」という情報をよく目にします。

どのぐらいの勢いで増えるのでしょうか。

育てている人10人に実態を聞いてみました。

芝生は侵食される可能性大

芝生

今回聞き込みをした結果、増え方がイメージできてきました。

まず、芝生の庭をお持ちの方。

直接庭の土にホタルブクロを植えてしまうと、数年で侵食される可能性が高いです。

「芝生がホタルブクロに負けないように気をつけてる」

こう言っている人が多かったんです。

ホタルブクロは、種や地下茎を通して増えます。

特に地下茎が広がり始めると、芝生地帯もお構いなしで徐々に侵食していきます。

花壇に植える場合も、要注意。

地下茎が広がると、他の花が育ちにくくなる可能性があるんですって。

増やしたくないなら鉢植えがベスト

ホタルブクロの増えすぎが怖い人は、鉢植えで育てるのがおすすめです。

地下茎が広がって増殖するのを防げるからです。

植木鉢

ホタルブクロは種でも増えるので100%ではありませんが、増えすぎを防ぐことができます。

種が飛んで増えようとした場合でも、新芽を抜いてあげれば大丈夫。

地下茎が広がる前なら、普通の雑草と同じように管理できます。

コマメに庭をいじるのが難しい人は、庭の土に直接植えるよりも鉢植えで育てましょう。

半日陰ではビックリするぐらい増える

半日陰

ホタルブクロは日当たりが良い場所のほうが花付きが良いですが、半日陰でも育ちます。

ライバルが少ない場所でもホタルブクロが生きられる場所が多いので、気がつくと庭の1角を占領していることも…

特に水やりしなくても育ちます。

増えたら困るような場所は、大きくならないうちに抜くしかありません。

鉢植えで育てていれば、心配しなくても平気です。

地下茎が地面に広がらない限りは、手入れが追いつかないほど増えたりしません。

ドクダミやミントよりはマシ

あっという間に増える植物と言えば、ドクダミやミントです。

「植えたらコントロール不能」と言う人もいるぐらい、繁殖力が旺盛です。

ミント

ホタルブクロも増えやすいですが、そこまで爆発的な増殖力はありません。

今回聞き込みをした人の中に、増えすぎたドクダミにホタルブクロで対抗しようとした人がいました。

結果は、ドクダミの圧勝だったようです。

庭のお手入れを週に1回以上している人なら、ホタルブクロを庭に植えてもそんなに苦労はしないでしょう。

駆除する場合は?

庭に直接植えてしまって、増えすぎてしまったらどうすればいいのでしょうか。

方法は2つです。

・新芽を取り除く

・ラウンドアップなどの除草剤を使う

新芽のうちに処理するのが1番楽です。

でも、すでに増えすぎている場合には地下茎を処理しなければいけません。

手作業で地下茎ごと抜くのは難しいです。

ラウンドアップのような、地下茎にも作用する除草剤を使うしかないと思います。

除草剤に抵抗を感じる人もいると思いますが、安心してください。

市販の除草剤の多くは、長期間土に成分が残ったりしません。

駆除した後、違う花を植えることもできますよ。

まとめ

いかがでしょうか。

ホタルブクロの増え過ぎが気になる人は、鉢植えで育てることをおすすめします。

特に、芝生のお庭をお持ちの人は直接地面に植えないようにしましょう。

芝生と混在し始めると、除去するのが面倒です。

増えすぎさえ気をつければ、控えめな美しさで庭を彩ってくれることでしょう。

ひっそりと可憐な花を眺めて暮らす。

想像するだけでワクワクします♪

>>ホタルブクロの花言葉は思った以上に素敵でした

弓道の離れで眼鏡が飛ぶ人へ【手の内の小指が全てだ】

弓道で眼鏡が飛ぶ

このブログでは弓道の話を何度かしています。

以前「弓道で耳を払う原因」という話をしました。

すると、こんな質問が届きました。

「私は眼鏡をしています。離れで弦が眼鏡に当たって吹き飛ぶことがあって怖いです。なぜですか。」

今回は、眼鏡男子&女子のために対策について掘り下げたいと思います。

小指をしめれば弦は体から離れる

離れた後、弦が眼鏡にあたる…

この原因は耳を払うのと同じです。

手の内です。

手の内といっても漠然としていますね。

より正確に言うなら、小指です。

小指が緩むから、弦が離れてから眼鏡にあたるのです。

例え前離れしても、手の内がしっかりしていて弓を捻る力が働けば眼鏡にあたりません。

離れた瞬間から、弦は体から離れていくからです。

手の内は弓を斜めから握りますよね。

眼鏡が吹き飛ぶ人は、この状態が射法八節の中で解除されているのです。

弓に捻り(回転)の力を与えるのは小指です。

私は上押しよりも小指のほうが優先順位は上だと思います。

ベタ押しでも、小指が締まっていれば眼鏡は飛びません。

上押しができていても、小指が緩めば眼鏡・耳・腕を払うことでしょう。

このことは「腕を打つ原因」という回でもお話ししています。

小指の締めは、意識すると難しいですよ。

一瞬でも気を抜けば、弓に加わった捻りの力は分散します。

手の内を作ってから離れるまで、小指を緩める暇はありません。

最後まで意識することが唯一の解決方法です。

次の動作に行く時がポイント

弓道と小指

手の内を意識しない人はいません。

そして手の内をセッティングした直後は、ほとんどの人が綺麗な手の内を作っています。

差が出るのは次の動作に行く瞬間です。

次の動作に移る際に、手の内のことが頭から抜けていませんか?

打ち起こし
大三
引き分け
離れ

思い出してください。

あなたは、打ち起こし・大三のときに手の内を意識するでしょうか。

肩や肘ばかり意識していませんか?

引き分けのときは手の内のことなんて考えもしないのではないでしょうか。

肩が上がらないようにとか、肘を回すことばかり考えているうちはダメですよ。

大三や引き分けで弓を戻してみて

弓道

小指の締めができているか、できていないか。

眼鏡を吹き飛ばさずに、簡単にチェックする方法があります。

素引きのときに、大三まで行ったら弓を戻してください。

弦が左手首に近づいていませんか?

引き分けから戻した場合はどうでしょうか。

弦が最初の正三角形をキープできないなら、小指が緩んだ証拠。

眼鏡を飛ばしてしまう人は、どこかで小指が緩む瞬間があるはずです。

まずは自分の弱点を探しましょう。

小指を締めれば会の感触が変わる

物見

手の内で小指を締めると、弓には強い捻りの力が加わります。

弓が元に戻ろうと反発するのが、ハッキリ感じるはずです。

あなたは引き分けや会のとき、弓の回転しようとする力を感じていますか?

小指を最後まで締め続ければ、強く感じます。

私も、初めてできたときはビックリしました。

以前は虎の口で、真っ直ぐ力を受け止めるだけでした。

小指を締め続けると、それとは別に捻りに反発しようとする力を感じるのです。

「弓ってこんなにも回転しようとするものなんだ」

あの時の驚きは、今でもハッキリと覚えています。

4時方向に外すのは小指が甘い証拠

これまでの話を聞いても、素直に納得できない人がいるかもしれません。

「私は、小指を緩めたりしていない」

根拠のない自信で断言してしまう時期ってあるんですよね。

私もありました…

弓道を始めて2年目ぐらいの頃、なぜか自信満々の時期がありました。

その頃は、せいぜい7割ぐらいしか中らないレベルだったんですが(笑)

小指ができているかどうか半信半疑の人は、矢所を思い出してください。

前に外していませんか?

弓道

2時、3時、4時、5時方向に外す人。

あなたは、まだまだ小指の締めが甘いです。

私は小指の締めを意識するようになったから、前に外した記憶がありません。

それぐらい、ハッキリと矢所が変わります。

前に外す人は、調子のいい日と悪い日で的中率が大きく違うのではないでしょうか。

皆中や3中を連発する日もあれば、1中や残念を平気で出してしまう日もあるはず。

小指の締めが甘いうちは、いつまでも不安定なままですよ。

1段階レベルアップするために

弓道

いかがでしょうか。

今回は、眼鏡が吹き飛ぶ原因は手の内の小指にあるという話をしました。

「手が小さい人の手の内のコツ」という回でも触れましたが、小指の締めは的中率にも直結します。

的中率が5割以下の人が、7割に上がることもありますよ。

私自身、離れの瞬間まで小指を意識するようになってから、3中以上がバンバンでるようになりました。

皆中を連続で出せるようになったのも、それからです。

手の内を作ったら、小指は最後まで締める。

最初は小指だけに集中するぐらいで良いですよ。

1つ1つ、焦らずにレベルアップしてくださいね。

>>手が小さい人の手の内は優先順位を確認しよう