加湿器を寝室に置くと布団が濡れる?置き場所はタイプの違いで変わる

加湿器の置き場所

冬は乾燥が辛い季節ですよねえ。

加湿器が欲しくなります。

でも、ちょっと待った!

これから加湿器を買おうと思っている人、製品のタイプによって置き場所に違いがあるのをご存知ですか?

下手すると、布団が濡れてカビだらけ…なんてことも。

今回は加湿器のタイプ別で適切な置き場所を紹介したいと思います。

“加湿器を寝室に置くと布団が濡れる?置き場所はタイプの違いで変わる” の続きを読む

水虫と畳の掃除の方法!私はこれでうつらなかったよ

水虫対策に畳掃除

私の父は長年、水虫・爪水虫と戦ってきました。

最近になって新しい塗り薬に変えた結果、現在は完治しています。

今回は水虫と畳の話です。

水虫の原因の白癬菌は畳にもいます。

私は父から水虫をうつされないために、色々調べて掃除していました。

掃除すれば、ちゃんと予防できましたよ♪

今回は私が実践した掃除・予防法を紹介します。

掃除機でほぼ対策できる

「畳の水虫対策=徹底的に除菌」

あなたはこう思っていませんか?

決して間違いではないのですが、神経質になる必要はありません。

もともと白癬菌の感染力は弱いです。

湿気にさえ気をつければ、簡単な掃除で対策ができます。

水虫対策に畳掃除

まず最初にするべきことは、ゴミを取り除くことです。

具体的に言うと、畳の上に付着した見えないぐらい小さい皮膚片を除去すること。

皮膚って、意外とポロポロ剥がれているんですよ。

私たちの体は常に新陳代謝をしています。

古い皮膚は剥がれて、新しい皮膚がどんどん作られているんです。

畳と水虫対策

誰でも素足で歩けば、かならず小さな皮膚片が畳に付着します。

水虫でない人でも同じですよ。

白癬菌は皮膚片に多く潜んでいます。

取り除けば、うつるリスクは格段に小さくなります。

コロコロでも良い

畳の掃除はコロコロでも大丈夫です。

深夜に掃除するしかない人など、音が気になる人はコロコロで掃除してくださいね。

コロコロを使うと、驚きますよ。

小さいゴミがたくさんくっついてきます。

全部が皮膚片というわけではありませんが、マメに掃除することの大切さがよく分かります。

部屋の隅から隅まで掃除するのが1番ですが、難しいなら入り口と室内の動線だけでも掃除してください。

水虫対策と畳掃除

畳用の除菌シートも便利

掃除機やコロコロだけでも十分に水虫対策になりますが、やっぱり除菌したいですよね。

最近は、畳用の除菌シートも売っています。

普通の除菌シートとの違いは、消毒用エタノールの濃度や防カビ剤が入っていること。

白癬菌対策に便利ですよ。

ただし、除菌シートを使うなら1つ注意点があります。

事前に掃除機やコロコロで掃除してください。

いくら除菌したとしても、白癬菌が潜んでいる皮膚片が残っていたら効果半減。

除菌は週に1回で十分。

それよりも掃除機などで皮膚片やホコリを除去することのほうが大事です。

和室の湿度は大丈夫?

掃除も大事ですが、もっと大事なのが湿度です。

あなたの家の和室はジメジメしていませんか?

扇風機やサーキュレーターなどで空気を循環させるだけでも、水虫対策になります。

サーキュレーター

和室こそ換気を徹底すること。

水虫対策の基本は湿気対策です。

畳にカビキラーは変色するよ

畳を徹底的に除菌したい人は、カビキラーなどのカビ除去剤を使いたくなると思います。

確かに白癬菌の撃退には有効なのですが、私はおすすめしません。

畳が変色することがあるからです。

全部が変色するわけではないのですが、一度変色すると元に戻りません。

見た目が汚くなるので避けたほうが無難です。

濃度を薄めても同じです。

畳の掃除は除菌シート(消毒用エタノール)で行うことをおすすめします。

父がカビキラーを足に直接塗った結果…

いかがでしょうか。

畳の水虫対策は、除菌よりも掃除機などで皮膚片を除去するのが大事です。

コマメに掃除してくださいね。

ところで、ネット上の噂話で「カビキラーを足に吹き付ければ治るらしい?」というものがあります。

まさか試そうなんて思っていませんよね?

実は私の父は試してしまったのですが、大変なことになりました。

詳しくは「爪水虫をカビキラーで治すとヤバイ!父が試した結果」をご覧ください。

一人暮らしにこたつはいらない?夏でも使えるかがポイント

一人暮らしにこたつはいらない?

こたつって、いざ買おうとすると迷いますよね。

特に一人暮らしの人は、色々と心配になります。

「邪魔になるかな?

部屋がダサく見えないかな?」

一人暮らしにこたつが必要か・いらないのか?

私や友人から聞いた話をまとめた結果、気づいたことをお話します。

こたつが必要かは夏がポイント

いる・いらないを考える上で、ポイントになるのがです。

冬のことは考えなくて大丈夫です。

というのも、冬は確実に役に立ちます。

こたつから出られない心配はあっても、冬に役に立たないということはありません。

だからこそ、夏どうするのかが判断の分かれ目になるのです。

夏のこたつについて考えるとき、2つのポイントがあります。

・こたつ布団を収納できるか

・夏も使いたいデザインや機能があるか

一人暮らしの部屋はそんなに広くないですよね。

こたつテーブルはそのまま使うとしても、こたつ布団はどうする予定ですか?

一人暮らしにこたつは必要か

テーブルから外すなら、収納場所が必要です。

その余裕はありますか?

取り出しにくい場所に押し込めてしまうと、冬が来ても出さずに放置してしまう可能性大!

さらに、デザインや機能も大事です。

布団を外した後、お洒落なら部屋のインテリア代わりになります。

一人暮らしにこたつは不要か

棚や引き出しなど、ちょっとした収納ができるなら生活空間が広がります。

こたつを買うか迷うなら、夏の生活を想像して判断してみてください。

こたつ布団は収納せず涼しくできる

先ほど、夏はこたつ布団を収納する場所がいるという話をしました。

でも朗報です。

夏もこたつ布団を外さずに、しかも涼しくする方法があるんですよ。

サーキュレーターを使うのです。

サーキュレーター

サーキュレーターでこたつの中に風を送り込むと、メチャクチャ涼しいんですよ。

想像よりもずっと快適です。

布団なしで足元に送風するより、涼しい気がします。

もちろん、エアコンなしで過ごせるとは言いません。

でもエアコンの設定温度を1℃か2℃ぐらい上げても良いぐらいの涼しさがあります。

夏にこたつ布団を収納する場所がないなら、出しっぱなしで「涼しくなるこたつ」として使うのもありです。

パソコンを使うならマウスとの相性も大事

一人暮らしでこたつを購入するなら、作業用スペースとしての機能も大事です。

もしパソコンをよく使うなら、マウスとの相性も要チェック!

快適さが違います。

E200HA-8350Gとdynabook Satellite

マウスパッドを使えばすむ話ですが、こたつの上に物がゴチャゴチャしていると散らかって見えてしまいます。

一つでも物を減らしたほうがお洒落で使いやすいです。

見た目重視も良いですが、機能面にも少し目を向けてくださいね。

ニトリのこたつよりコレがおすすめ

安いこたつと言えばニトリですが、今回は別のオシャレなこたつを一つ紹介します。

こちらです。

「アイアン棚付きこたつ」

一人暮らしにこたつはいらない?

完全な正方形ではなく、丸みがいい感じです。

天板は木目調ですが、脚は鉄素材。

脚まで全部木製のこたつよりもスタイリッシュというか、北欧風でオシャレですよねえ。

夏に使えるこたつ

天板の下には取り外し可能な棚がついてます。

夏はリモコンとか化粧道具をここに収納すればテーブルの上がスッキリ片付きます。

マウスとの相性もいいので、作業台としても良いテーブルですよ。

高級感がありますが、値段はそこまで高くありません。

1万5千円前後ですね。

夏を意識したオシャレなこたつ。

部屋に誰か来たら自慢できそうです。