モミジとカエデの違いはないのに葉の形で区別するのはなぜ?

モミジとカエデの違い

「モミジ」と「カエデ」の違いを調べると「植物の分類上は同じグループ」であることが分かります。

葉っぱの形で区別する傾向があるらしい。

これって不思議だと思いませんか?

というのも、パッと遠目に見た感じではそんなに違いがありません。

しかも厳密に区別しているわけでもないのです。

例えばこちらの葉。

モミジとカエデの違い

典型的な「モミジ」の形ですが地元の人は「カエデ」と呼びます。

どうにもスッキリしません。

気になったら止まらない!

なんでこんなにややこしいのか調べてみました。

モミジとカエデの語源

カエデとモミジのややこしさ。

語源にヒントがないか探ってみました。

カエデの語源は葉っぱが蛙の手に似ていることだと言われています。

「かえるで→カエデ」という流れです。

それに対してモミジは動詞が由来となっています。

葉が紅や黄に変色するという意味の動詞「もみつ」が転じたもの。

ただし、初期のころは品種の区別はなく、葉が色づく様子を「モミジ」と言いました。

モミジとカエデの違い

時代が移り変わるにつれて、特に色鮮やかなイロハモミジなどに対象を絞って使われるようになりました。

でも、これでは「なぜ葉の形で区別するという解釈が生まれたのか」が分かりませんね。

さらに詳しく調べてみると、江戸時代にヒントがありました。

葉っぱの形で区別されるようになった理由

モミジとカエデの違い

唐突ですが、日本で1番モミジとカエデを厳密に区別している人は誰でしょうか?

答えは盆栽をやっている人たちです。

盆栽では葉の切れ込みが5つのものをモミジ。

それより少ないものはカエデ。

はっきり区別して栽培や販売が行われます。

この区別が「モミジ」「カエデ」の解釈につながっています。

実は元禄のころ、盆栽の大きなブームが沸き起こったのです。

当時は「生類憐れみの令」の影響でペット(家畜)を飼う人が激減。

そんな中で園芸に注目が集まったのです。

元々、家康や秀忠、家光は園芸好き。

その影響で武士たちは園芸に親しんでいました。

その下地があって、元禄になってあっという間に人気が急上昇。

最初は暇を持て余した武士たちの間のブームでした。

それが次第に町民まで広がっていったのです。

特に人気だったのがカエデを始めとした木の盆栽です。

見栄えがよく、種木が簡単に手に入る。

そして品種改良がしやすい。

このことが当時の人達を引きつけました。

そうして美を競い合ううち、切れ込みの少ない品種をカエデ、5つのものをモミジと区別するようになったのです。

古い地域では曖昧なことが多い

カエデ(モミジ)は、古くから日本人の生活に密着していました。

そのため、地域によっては切れ込みが5つでも「カエデ」と呼ぶ地域もあります。

その逆もあります。

呼び名が少しずつ変化していったなごりで、曖昧さが各地に残ったのです。

こう考えると「モミジじゃないよカエデだよ」と指摘する人は無粋に見えますね。

元禄のころには「モミジは花に勝る」と言われることもありました。

時代を超えて愛され続ける。

これこそが最大の魅力なのかもしれません。

スポンサーリンク

秋の合コンは清潔感のある服装が良い!男はこれで勝負

秋の合コンのメンズファッション

秋の男性の服装は、

人によってかなりの差ができてしまいます。

見た目のカッコよさというよりも、

清潔感という点で…

今回は秋の合コンでおすすめの

全身コーデをいくつか紹介します。

最後には

かっこいい全身コーデを買えるサイト情報もありますよ。

長袖ミルカーディガンで清潔感と親しみやすさアップ

綺麗な色と生地のミルカーディガン、

清潔感をアップさせるなら

とても便利な服です。

秋の合コンとミルカーディガン

Tシャツだけではカジュアルすぎて

清潔感がなくなりがちですが、

カーディガンでバランスがとれます。

カーディガンの良いところは、

優しい雰囲気を出せるところ。

初対面同士でお話する合コンでは、

親しみやすそうな雰囲気の服装って大事です。

特にいつもアウターにシャツを選んでいる人は、

カーディガンに変えるだけで

女子ウケが変わりますよ。

七分袖テーラードジャケットは定番で強い

ファッションセンスに自信がない人ほど、

カジュアル系で服を合わせようとします。

でも、実はジャケットのほうが

コーディネートがはるかに簡単です。

特に七分袖のジャケットは

合わせやすくて便利ですよ。

秋の合コンと七分袖ジャケット

家にあるTシャツに合わせるだけで、

グッとオシャレに見えるでしょう。

>>暑苦しく見えないジャケットコーデ特集はこちら

ピンクのブロードシャツで地味な服をイメチェン

自分のクローゼットにある服が、

白、黒、グレー系しかなくて寂しい。

地味な服装からイメチェンしたい。

こんな人は、

思い切ってピンクのブロードシャツに

挑戦してみると意外な発見があります。

ピンクのブロードシャツで秋の合コン

このコーデのように

白Tシャツにデニムというシンプルな服に

上から羽織るだけで印象がガラッと変わります。

目立つ色のアウターを着るときは、

インナーやパンツは地味でいいんです。

服装は全身セットで買うと楽になる

服屋に行くのって楽しいですか?

もし服屋に行くのが面倒とか

イマイチ着たい服が見つからないなら

全身セットを買える通販サイトを見てほしいです。

いい感じだなと思うコーディネートが見つかるし、

買わなくても着こなしの参考になります。

良いコーディネートがわからないなら、

ランキング上位を真似するのも良いですよ。

 
コーディネートごと洋服が買える通販サイト『メンズファッションプラス』

 

スポンサーリンク

秋のおやじファッション【秋から冬のかっこいいコーデ】<ニット・ダウンベスト>

秋が深まってきて気温が下がってきました。

重ね着をし始める秋や冬は、ファッションセンスの差がすごく出てしまう季節です。

去年まで着ていた服にちょっと足すだけで、お洒落レベルが一つあがるアイテムをご紹介します。

かっこいいオヤジのニット

オヤジのニット

かっこいいオヤジを目指すとしても、いつもキッチリした服ばかり着るのは疲れますよねえ。

この写真のような、グラデーションデザインのニットも悪くないですよ。

意外と色々な服に合わせやすくて、結構お洒落になるんですよ。

秋のオヤジのコーデ

コートとの相性もバッチリです。

ユニクロのウルトラライトダウンの中に着ても上品な雰囲気に仕上がります。

男性でニットセーターを着ている人は、1色のシンプルなものが多いですが地味になりすぎることが多いです。

セーターはデザインで工夫しましょう。

オシャレなニットセーターは1着は欲しいです。

ニットとズボンの組み合わせだけでおしゃれできるので、手を抜きつつかっこ良くなりたい人には必須アイテムです。

【詳細はこちらから】

オシャレなオヤジのダウンベスト

このダウンベスト、すごくお洒落ですよねえ。

ダウンベスト

ダウンベストは合わせる服によって、若者向けにもなれば、お洒落オヤジコーデにも使える便利アイテム。

この写真のように、

チェックのシャツと合わせると、お洒落の上級者みたいなコーデがすぐにできちゃいます。

【詳細はこちらから】

オヤジの秋ファッションは色の選び方が大切

男性は、色を組み合わせるのが苦手な人が多いです。

今回ご紹介した服やコーデは、今持っている単色で地味な服と組み合わせることもできます。

いつもと違った色をうまく取り入れると、印象がかなり変わります。

妻や娘から褒められると、気分爽快です♪