春夏着れる薄手のジャケット【暑苦しく見えない爽やかデザイン特集】

春、夏になると衣替えの季節ですねえ。

暖かいのはいいんですが、暑くなってくるとお洒落も大変です。

手軽にカッコよく見せられるジャケット。

気をつけないと、見た目が暑苦しくなるかもしれません。

今回は春や夏に着れる薄手のジャケットで、

見た目にもスッキリと爽やかなものをご紹介します。

七分袖ジャケットで涼しげコーデ可能

せっかくカッコ良いジャケットを着ていても、暑苦しいのは嫌です。

夏でも爽やかに見せるために一番簡単なのは、七分袖のジャケット。

夏用の七分袖ジャケット

例えばこのグレーのジャケット。

Tシャツの上から羽織ってるだけですがスッキリしていて涼し気です。

ところが、同じグレーのジャケットでも長袖になると…

夏に長袖ジャケットは暑苦しい

暑そう!夏用にはとても見えないですよねえ。

特にこのジャケットは袖が長くて手のひらに少しかかっています。

袖が長いと、夏には似合わないファッションになりやすいんです。

これはジャケットだけじゃなくて、パーカーやシャツでも同じことが言えます。

七分袖ジャケットは手首を露出しているので、

ジャケットを着ていても暑苦しくなく、夏っぽい仕上がりになりますよ。

ちなみに、今紹介した七分袖ジャケットは綿100%。

肌触りが良くて汗はすぐに乾くのでお気に入りです。

柔らかい伸びる生地のジャケットは動きやすくてグッド

着回しを考えると、グレーか黒が使いやすいですねえ。

この夏、大注目なのが柔らかくて伸びる生地を使ったジャケット。

柔らかくて伸びる生地の夏用黒ジャケット

見た目はキッチリした七分袖ジャケットですけど、

着てみるとジャージみたいに動きやすいのが特徴です。

このジャケットに白Tシャツ、ジーパン。

これだけで結構かっこよくなるんですよねえ。

すっごく楽。

七分袖なので、黒でも暑苦しくないのもグッド。

普段着にはデニムジャケットが着やすい

デニムジャケットって食わず嫌いの人多いんじゃないでしょうか。

私も少し前まで「着こなしが難しそう」って思ってたんですが逆でした。

無地のTシャツを一番カッコよく合わせられるのはデニムジャケットかもしれません。

ほどよくカジュアルに見えるので合わせやすいんですよねえ。

夏用のデニムジャケット

気分を変えたいときは、中にシャツを着てみるのもおすすめ。

デニムジャケットと白シャツの夏コーデ

すっごく爽やかになるので自分でビックリしますよ。

自分史上最高に爽やかになるので、思わずLINEのプロフィール写真にしたくなりました(笑)

デニムジャケットと言っても、

重いものや生地が硬いものは夏に着るには不向き。

この写真のデニムジャケットみたいに、ポリエステルが混ざってて伸縮性があるものを選ぶと着やすいです。

上下デニムのデニムオンデニムに挑戦するなら、

このジャケットより色の濃いジーパンを合わせると今っぽいコーデになると思います。

>>詳細はこちらから

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA