トケイソウの花言葉の由来【なぜ聖なる愛や信仰?】<キリスト教との関係>

トケイソウの花言葉

トケイソウの花言葉は、「聖なる愛」「信仰」「宗教的情熱」とされています。

この花言葉には、キリスト教との深い関係があるのです。

どういうことなのでしょう。

“トケイソウの花言葉の由来【なぜ聖なる愛や信仰?】<キリスト教との関係>” の続きを読む

スポンサーリンク

どくだみの臭いを消す方法【草むしりの時や手についた臭い対策】

ドクダミ

どくだみの駆除をしたくても、

あの臭いのせいで気分が悪くなるから

やりたくないですよねえ。

それに、手にも臭いがつくし。

今回は、どくだみの臭い対策についてお話します。

どくだみの臭いの原因は?

どくだみの独特な臭いは

「デカノイルアセトアルデヒド」という成分が原因。

大変殺菌作用が高く、

薬としても使われています。

熱に弱く揮発しやすい性質があり、

油によく溶けます。

駆除するときの臭い対策

どくだみを駆除するときに

悪臭を減らしたいなら熱湯を用意しましょう。

熱湯

熱湯をどくだみに直接かけるのです。

熱湯でどくだみを枯らすことができるし、

臭いの原因のデカノイルアセトアルデヒドも分解されて一石二鳥です。

熱湯をかけた後は、1日様子を見て

どくだみの葉が変色していればOK。

変色している部分をむしっても、

あの嫌な臭いはほとんどしません。

手についたどくだみの臭い対策

どくだみの臭いが手についた場合は、

ぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。

手洗い

爪の間に入り込んでいることが多いので、

爪の間は念入りに洗います。

それでも臭いが取れない場合は、

サラダ油などの料理用の油を小さじ1杯ほど

手に馴染ませます。

油

デカノイルアセトアルデヒドは水に溶けにくいのですが、

脂溶性が高いので、

油に溶けてやすく、一緒に流れていきます。

油を洗い流したあとで、

改めて石鹸で手を洗えば

臭いは全く気にならないですよ♪

 
>>どくだみをラウンドアップで駆除してみた
 

スポンサーリンク

アガパンサスはなぜ愛の花?由来は?【ギリシア神話に驚きの内容が!?】

アガパンサスの花言葉

アガパンサスはギリシア語で「アガペ(愛)」「アントス(花)」の2つの言葉を組み合わせたものとして知られています。

花言葉も恋の訪れ、愛の便りなど、ロマンチックですね。

ところで、なぜギリシア語で「愛の花」と名付けられたのでしょう?

ギリシア神話が由来

ギリシア語で愛の花と呼ばれるのは、

ギリシア神話で語られる逸話が由来なんです。

ギリシャ神話では、このような話があります。

イリス(英語名アイリス:虹の女神)は、

ゼウス(全知全能の主神)に求愛されて困っていました。

そこでイリスはゼウスの妻であり、

心から尊敬し、お仕えしていたヘラ(最高位の女神)に

「どこか遠くに行きたい」と相談します。

ヘラはイリスを助けるために、

七色に輝く首飾りをイリスの首にかけ、

神酒をふりかけました。

すると、イリスは虹の姿となり、

自由に空を翔けることができるようになりました。

このとき地上にこぼれた酒の雫から、

アガパンサスの花が咲いたと言われています。

しかし、このとき咲いた花については、

世界各地で語り継がれるうちに

あやめの花(アイリス)が咲いたという風に変遷していきます。

あやめ

現在では、この神話の逸話はあやめの花の由来として知る人が多いのですが、古代ギリシアではアガパンサスを指していました。

愛は一方通行だった

アガペーは日本語に訳すと「無償の愛」とされています。

とても尊い気持ちのように思うのですが、古代ギリシアのニュアンスでは「神の愛」としたほうが正確なようです。

そしてこの「神の愛」、結構一方通行なものなんです。

主神のゼウスは何度も浮気を繰り返しているし、浮気されて復讐に走る女神もいたり「神の愛」はドロドロと描写されていました。

同じ愛でもジャガイモの花言葉とは方向性が全く違います。

キリスト教の考え方が広まってからは「無償の愛」のニュアンスが強いですが、初めは違ったという点が面白いですね。