弓道と手の乾燥対策【お金をかけずに快適にする方法】

取懸け

弓道家にとって冬は試練の季節です。

防寒性ゼロの道場の中で、震えながら練習しないといけません。

以前、弓道の防寒対策をお話しました。

でも冬は寒さだけではありません。

手の乾燥対策も重要です。

手のコンディションが悪化すると、思った以上に射に影響が出ます。

100均のヒアルロン酸がおすすめ

手の保湿にも色々あります。

手専用の保湿クリームが1番いいですが、ちょっと高め。

ワセリンはベタつきが気になるし、握り皮が汚れやすくなります。

安く済ませたいなら100均の出番です。

100均のコスメグッズ、じっくり見たことありますか?

私がおすすめするのは、ダイソーのヒアルロン酸です。

ダイソーのヒアルロン酸

2種類あります。

弓道の練習直前につけるなら「スーパーヒアルロン酸」がおすすめ。

スーパーヒアルロン酸のほうが角質層になじみやすいので、ベタつきが早くなくなります。

原液を直接手に垂らして馴染ませればOK。

最初に手を水で濡らして、原液を2滴垂らせば両手をカバーできます。

もちろん化粧水に混ぜてもいいですよ。

コスパ重視ならamazonで

毎日練習の前に使うと、ダイソーのヒアルロン酸はすぐなくなります。

コスパを考えると、amazonで買うほうがいいと思います。

例えば「SOC スキンローション ヒアルロン酸」

弓道と手の乾燥対策

470円~600円ぐらいで買えるのですが、大容量です。

500ml入っています。

弓道と手の乾燥対策

手に塗ると5分ぐらいベタつきますが、効果はバッチリ。

ついでに顔も保湿すれば、美肌弓道家の誕生です(笑)

 

最強は尿素入りハンドクリーム

ケチケチせず効果を重視したい!

そんな人は、尿素入りハンドクリームが1番です。

以前「弓道で虎口が痛い」という話の中で、手の内の皮めくれ対策を話しました。

そこで紹介したハンドクリームは良かったですよ。

ベタつきもないし、すべすべ。

ずっと触っていたくなる仕上がりです。

上級者は、手を大事にします。

個人的な感想ですが、的中率8割以上の人の手はみんな綺麗でした。

手のケア方法を調べているあなたも、隠れた才能があるのかもしれませんね。

手の内のケア方法は他にも色々あります。

詳細は「弓道で虎口が痛い【手の内の皮むけ・ヒリヒリ対策】」をご覧ください。

スポンサーリンク

目の下の乾燥対策【たくさん寝てもクマができる人へ】

目の下の乾燥対策

目の下って乾燥しやすいですよね。

水分量が落ちてくると、

肌のハリがなくなって老けて見えます。

たくさん寝てもクマができる人は、

乾燥で肌のハリがなくなって垂れた部分に

血液が溜まりやすくなっているかもしれません。

目の下の乾燥対策は塗り方が重要

目の下は皮膚が薄いので、

乾燥やクマで悩んでいる人が多いです。

寝る前に化粧水や乳液、ワセリンなどで

しっかりケアしているのに

寝起きには乾燥していることもあります。

これは使っているスキンケア用品のせいではなくて、

あなたの塗り方が間違っているのかもしれません。

ほっぺたに塗る時と同じような感覚で塗っていませんか?

その方法では、

塗るときに目の下の肌を傷つけているかもしれません。

目の下の皮膚はとても薄いので、

指で直接触れて撫でるだけでも

ダメージを受けることがあります。

乾燥しているなら、なおさら傷つきやすいです。

目の下に化粧水や乳液などを塗るときには、

必ず薬指だけで塗ります。

目の下のスキンケアは薬指1本でする

薬指は最も力みにくい指なので、

目の下のケアに最適。

しかも、絶対に指が直接触れないように注意します。

ソーっと撫でるのではありません。

クリームや泡だけを目の下にのせるイメージです。

洗顔もマッサージも目の下は薬指1本で

泡洗顔は常識になりましたね。

普段からたっぷりの泡でそっと洗顔している人も多いはず。

目の下は、ほっぺたを洗う時の倍は慎重になりましょう。

目の下の皮膚を洗うときは

薬指1本でソーっと洗います。

洗顔だけでなく、

目が痒くてこする癖がある人も要注意。

目をこすると目の下が乾燥する

目の周りを触るたびに老けていくとしたら…

想像しただけでゾッとします。

目の下の皮膚はそれほど薄く弱いのです。

出来る限り直接触ることを避けましょう。

一番気をつけたいのがマッサージのとき。

目の周りの血行を良くするためにマッサージする人、

これもリスクが高いです。

マッサージするなら薬指1本で、

ソーっと慎重にゆっくりしましょう。

血行がよくなっても肌がダメージを受けたら

逆効果になってしまいます。

目の下専用のスキンケア用品もある

これまでお話してきたように、

目の下の皮膚はとてもデリケートです。

そして、他の場所なら気にならない程度の変化でも

目の下の変化は見た目年齢に大きな差ができます。

もし、ほっぺたと同じ方法でケアして効果がないなら、

目の下専用のスキンケア用品もおすすめです。

例えば「アイキララ」というスキンケア用品。

目の下の皮膚のハリと弾力回復に特化しています。

 
アイキララの詳細はこちら

 

スポンサーリンク

肌荒れを早く治す【布団のダニ対策と化粧水で改善】<冬の乾燥対策>

布団

ニキビがよくできるし、

冬になると乾燥肌の悩みまで…

肌荒れって本当にしつこいですよねえ。

私は社会人になってからは、アゴのニキビがよくできるし、こめかみ辺りが乾燥してかゆくなったり、ほっぺたが乾燥でゴワゴワしたりしてました。

でもそれは去年までの話です!!

布団のダニ対策を真剣にしてから、肌荒れが格段に減ったんです♪

敵は顔ダニじゃなく布団のダニ!?

ニキビがよくできる人なら、顔ダニって気になりますよねえ。

顔の毛穴の奥に潜んでいるダニで、夜になると肌の表面に出てきて皮脂を食べて朝になると毛穴の奥に戻っていくんです。

私も去年までは、「ニキビ顔は顔ダニのせいだ!」って思って一生懸命洗顔して、洗顔フォームをあれこれ試していました。

ところが顔よりも洗うべき場所があったのです。

皮膚科の先生のアドバイスで気づくことができました。

たまたま去年の11月頃、こめかみが乾燥で赤く腫れたので皮膚科に薬をもらいに行ったんです。

その時に皮膚科の先生にニキビのこともついでに質問してみたら、「枕カバーやシーツを洗いなさい」と言われました。

布団のダニはヤバイ

皮膚科の先生に詳しく話を聞いて見ると、顔ダニは皮膚が綺麗な人にも生息しているもの。

余分な皮脂を食べて、皮膚の表面を弱酸性に保つ働きもしてくれるパートナーなんですって。

もちろん、顔を洗わず顔ダニが過剰に増えても肌が荒れます。

でも、顔ダニより布団に住むダニ(ヒョウダニ・ツメダニ)のほうが人体に悪いんです。

布団のダニ

布団のダニが厄介なのは、布団のダニの排泄物に含まれる消化酵素が肌バリアを傷つけること。

肌バリアが傷づくと乾燥しやすくなるし、雑菌や紫外線などの刺激に弱くなってしまいます。

布団のダニ

そして布団のダニに対して、人間の体は排除するために免疫細胞が働きます。

その結果、鼻水が出たり、肌が炎症を起こすことに繋がります。

布団のダニは顔ダニと違って、百害あって一利なしなんです。

枕にタオルを巻くだけでも効果あり

肌のことを思うなら、

毎日枕カバーやシーツを交換して洗うのが一番なんですが、

なかなか毎日は難しいですよね。

でも、枕だけでも頑張りましょう。

一番簡単な対策は枕にタオルを巻くこと。

枕カバーの上からでOKです。

そして、このタオルを毎日交換しましょう。

タオル

タオルを毎日交換して洗濯することで、

タオルの中に入ってきたダニを洗い流せます。

あと、毛布のかわりにバスタオルを使うのも効果的。

抱きしめて寝てもいいし、

丸めて掛け布団と敷布団の間に入れておくだけでもOK。

バスタオルも毎日交換すれば、

バスタオルに侵入したダニを洗濯機で洗い流せるので、

布団のダニを減らしていくことができます。

ダニってタオルのふわふわした生地が大好きなんですって。

その習性を利用してダニを少しでも減らすのです。

アーム付きusb扇風機

さらに徹底するなら、朝起きてから扇風機で布団に風を送るもの効果的です。

寝ている間に布団が吸った湿気を飛ばせばダニが増えにくくなります。

肌荒れ体質の人に良いスキンケアは善玉菌を増やすもの?

体質的にニキビ・肌荒れができやすい人っていますよね。

肌荒れしない人としやすい人の差ってなんだと思いますか?

遺伝的にお肌が強い人もいます。

でも、それだけが要因ではありません。

実はお肌の表面に済む善玉菌や悪玉菌の差が大きいと言われています。

私たちの肌は、自分だけで守っているわけではないのです。

お肌に住む常在菌の中には、保湿成分を出してくれる良い菌もいます。

逆に悪さをする悪玉菌もいます。

腸内細菌

肌荒れしにくい人は善玉菌の数が多いので、肌が荒れにくいんですって。

お肌の善玉菌を増やすことができれば、雑菌、顔ダニ、顔カビにも負けない肌に近づけます。

詳細については「顔ダニと顔カビの症状の違い」をご確認ください。