トランスモバイリーの口コミ!電動折りたたみ自転車の実力は?

トランスモバイリーの口コミ

電動アシスト付きの折りたたみ自転車、トランスモバイリー。

シンプルでかっこいいデザインですねえ。

果たして実力はどうなのか?

実際に乗ってみた感想や口コミ情報をお伝えします。

折りたたみ+電動アシストの魅力

トランスモバイリーの口コミ

持ち運べるトランスモバイリーの長所が生きるのは、やっぱりドライブ+サイクリングです。

例えば車で田舎までドライブする場合。

目的地に到着したらトランスモバイリーに乗り換えてサイクリングを楽しむことができます。

やってみると、ものすごく身軽になった気分でした。

思わず「自由だ~!」って叫びたくなるぐらい、自由な時間を満喫できます。

トランスモバイリーの口コミ

これが折りたためない自転車だったら、まず車に積むのが大変。

折りたためても電動アシストがないと坂道がキツすぎる。

折りたためる+電動アシストだからこそ、山でも海でも関係なく存分に楽しめるのです。

これからチャレンジしたいのは、富士山周辺までドライブして、富士五湖の周囲をサイクリングすること。

西湖なら、一周約10km。

トランスモバイリーで楽勝です。

過去には道の駅まで行って、周辺をサイクリングしたこともあります。

ドライブだけでは決して味わえない自由な感じは、一度やってみるとハマります。

バッテリーの性能は?

トランスモバイリーのバッテリー

電動アシスト自転車で気になるのが、バッテリー性能。

スペック表を確認してみましょう。

バッテリー容量2.8Ah
走行距離約10~12km
充電時間約2時間

小さいバッテリー(480g)を使っている分、長い距離を走れるようにはなっていません。

それでも12km走れるので、不便だと感じることは少ないです。

もしこれでは足りないと思うなら、容量が4.0Ahの大容量タイプのバッテリーもあります。

普段はスマホ用のモバイルバッテリーとして使えるのが地味に便利。

自転車に乗らないときでも役立ちます。

アシスト力については心配いりません。

結構なパワーがあります。

電源オフでも走れるか

トランスモバイリーの口コミ

電動アシスト自転車は、電源オフで走れるかどうかも大事なポイント。

バッテリー切れになった途端に重くなる自転車だったら、乗っていて不安です。

トランスモバイリーの場合は、全く問題ありません。

電源オフでも違和感なく走れました。

電源オフ走行で重要になる車体重量は約12.9kg(6段変速、16インチモデルの場合)。

普通のママチャリは約20kg程度なので、電動アシストありとしては軽いと言えるでしょう。

小型自転車のいいところですね。

トランスモバイリーの口コミ

さらに、トランスモバイリーはセンターユニット・後輪駆動方式の自転車です。

モーターユニットは車輪ではなく車体の中央に設置されていて、重心バランスが良いです。

電源オフでも走りやすいよう配慮されていました。

スピードに不満なし

トランスモバイリーの口コミ

小さい自転車で気になるのは、スピードです。

あんまり遅いと疲れます。

トランスモバイリーは、小さいわりに結構速いです。

ギア比がうまい具合に調整されていて、ひとこぎで進む距離に違和感がありません。

私が試したのは16インチ・6段変速バージョンですが、14インチでシングルスピードの方の口コミを見ても不満は少ないようでした。

さすがに本格的なクロスバイクなどには及びませんが、普通のママチャリ程度なら追い抜けます。

フレームはアルミでしっかり

トランスモバイリーの口コミ

頑丈さはどうか?

少なくとも、値段相応の頑丈さはあると思います。

一度、体重100kgオーバーの友人が乗りましたが壊れませんでした。

念のため口コミ情報を調べて回りましたが、壊れやすいというクレームは見かけません。

フレームはアルミで、見た目以上にしっかりした感じ。

激安で粗悪な折りたたみ自転車と比べると、乗っていても安心感があります。

Vブレーキで制動力はある

トランスモバイリーのブレーキは、Vブレーキです。

制動力が大きいブレーキですね。

細かいスピード調整をするというよりも、確実にギュッと止まるためのブレーキです。

坂道で走りたくなるトランスモバイリーには合っていると思います。

結構ブレーキの効きが良いので、ママチャリしか乗ったことがない人はブレーキの感触に慣れるまではスピードを落として走りましょう。

猛スピードで下り坂を走ってる時に急ブレーキしたら、転倒しますよ。

都会でも活躍の場は多い

いかがでしょうか。

持ち運べる電動折りたたみ自転車は、使ってみると活躍の場がいっぱいあります。

  • 電車
  • バス
  • エレベーター
  • 階段も持ち上げて上がれる
  • 室内で保管(盗難防止)

バッテリーがなくても走れるし、日常生活の足としても活躍するポテンシャルはあります。

気をつけてほしいのが値段です。

自転車屋さんによっては、ネット価格より数万円高い場合があります。

サイクルベースあさひのネット通販なら実店舗も多いし、整備もしてくれますよ。

スポンサーリンク

オフィスプレスモバブルの感想【盗まれる心配がない折りたたみクロスバイク】

オフィスプレスモバブルの感想

最近、注目しているクロスバイクがあります。

オフィスプレスモバブルという、折りたたみのクロスバイクです。

デザインがかっこいいんですよねえ。

実物は写真以上に存在感がありましたよ。

ただ、気になるのが「性能は大丈夫なのか?」という点です。

折りたためるのは嬉しいけど、走行性能が低いならちょっと…

そんな人のために、乗ってみた感想をお話したいと思います。

乗り心地はどう?

乗ってみた感想を一言で言うなら、こうです。

「思った以上にクロスバイクだった!」

オフィスプレスモバブルの感想

なんのこっちゃ?

きちんと説明すると「乗ると折りたたみ自転車だということを忘れる」ぐらいのレベルには達しているということです。

走行性能としては、価格相応という感じ。

私は普段、BRIDGESTONEのCYLVA (シルヴァ) F27に乗ることが多いのですが、これと比べても負けてないと思います。

さすがに10万円超えの高級自転車には及びませんが、軽くてスピーディです。

快適に走れますよ。

通勤用など、移動手段として乗るならこれで十分。

これより高価なものは、趣味の世界で乗れば良いと私は思います。

室内保管の安心感がいい

オフィスプレスモバブルを語るなら、折りたたみについて触れないわけにはいきませんね。

タイヤが大きいので、折りたたんでもそれなりのスペースはとります。

でも十分です。

パパっと折りたためるから、車に積むにしても、室内で保管するにも丁度いいと思います。

オフィスプレスモバブルのレビュー

室内で保管できるのはやっぱり良いですね。

安心感が違います。

私は心配症なので、高いクロスバイクやロードバイクを買うと盗まれるリスクが頭に浮かびます。

通勤用ならなおさらです。

ある朝、通勤しようとしたら盗まれていた!…なんて考えただけでも最悪ですよね。

お金も無駄になるし、仕事に遅刻するかもしれません。

通勤用の自転車は、絶対にトラブってはいけない。

そういう意味では、折りたたんで室内保管できるというのは大きな要素です。

エレベーターにも持ち込めるし、玄関に置けば動作に無駄がない。

職場ではロッカールームや事務机の横に立てかけてもOK。

迷惑になりません。

室内で保管することで、風雨にさらされて劣化する心配も少なくなるのも見逃せないポイント。

毎日の足として乗りたい人にとっては、メリットが多いと思います。

一般的なパーツばかりでメンテナンスが簡単

オフィスプレスモバブルは折りたたみクロスバイクという特殊な自転車ですが、使用しているパーツは一般的なものです。

例えばタイヤはクロスバイクとして一般的な700×28cタイヤ。

どこの自転車屋さんにも置いてあるから、いざというときもすぐ手に入ります。

オフィスプレスモバブルの口コミ

タイヤの着脱は簡単なので、初めてでも自分で交換できますよ。

折りたたみ機能はついていますが、消耗品に関しては一般的なものばかり。

メンテナンスしやすさという点でも、通勤・通学用に向いていると思います。

ママチャリしか乗ったことがない人へ

最後に、ママチャリからオフィスプレスモバブルに乗り換える人へ。

空気入れは準備してくださいね。

このタイヤのバルブ(空気を入れるところ)は仏式。

ママチャリはほとんど英式バルブですが、クロスバイクやロードバイクは高い空気圧を維持するのに有利な仏式バルブが多数派です。

ご自宅の空気入れが仏式対応かどうか確認しておいてくださいね。

それさえ気をつければ、買ってすぐ乗ることができますよ。

スポンサーリンク







折りたたみ自転車で軽い・安いものは?口コミで評判のものを紹介

軽くて安い折りたたみ自転車

折りたたみ自転車は軽い方がいいけど、

10万円を超えるような高額なものは買えない!

安いけど軽くて性能がいいと評判のものを集めました。

cyma connectなら3万円台で12.7kg

折りたたみ自転車は軽量化するほど値段が高くなります。

そんな中でcyma connectは3万円台で買えるのに12.7kgしかありません。

cyma connect

この価格帯の折りたたみ自転車なら

平均で16~18kgあるのが普通です。

コスパで言うなら、

数万円は得をしている計算になります。

オリジナルブランドだからできることなのでしょう。

 
>>さらに詳細はこちらから

FIAT AL-FDB166は小さくて軽い折りたたみ自転車

次に紹介するのはFIAT AL-FDB166。

16インチの小さな折りたたみ自転車ですが、

重さは11.6kgでとても軽いです。

軽くて小さい折りたたみ自転車FIAT AL-FDB166

お値段は3万円台で入手可能。

小さいとスピードが出ないイメージがありますが、

6段階変速もあるので普通のママチャリより速く感じます。

車体が軽いので

ママチャリと乗り比べるとこちらのほうが楽に乗れます。

見た目と性能のギャップに驚く自転車です。

DAHON Vybe D7はキャンプ場のサイクリングにおすすめ

最後にご紹介するのはDAHON Vybe D7。

DAHON Vybe D7

折りたたみ自転車で有名なDAHON。

その中でVybe D7は5万円以下の低価格モデルになります。

4万円台で手に入る折りたたみ自転車なのに、

重量は11.7kgで軽く、

7段階変速に強力なVブレーキを装備しています。

坂道を楽々走れるので

車に積んでキャンプ場でサイクリングに使っている人も多いです。

タイヤに泥除けが標準装備なところも

アウトドアで使いたい人には嬉しいですね。

ドライブ先で景色のいい場所を見つけたら

DAHON Vybe D7に乗り換えてサイクリング。

折りたたみ自転車ならではの楽しみ方を満喫できる性能は十分に持っています。

>>詳細はこちらから